アーカイブ

1月 24日

米国計算機学会(ACM)、米国内の4大学とオープンアクセス(OA)出版モデルへの「転換契約」を締結

2020年1月23日、米国計算機学会(ACM)は、カリフォルニア大学・カーネギーメロン大学・マサチューセッツ工科大学(MIT)・アイオワ州立大学の4大学とオープンアクセス(OA)出版モデルへの「転換契約(transformative agreement)」を締結したことを発表しました。

各大学との契約は2020年1月1日から3年間が契約期間となり、ACMにとって初めて締結した「転換契約」となります。契約期間中これら4大学の構成員は、ACMの発行する学術雑誌・会議録等を提供するプラットフォーム“ACM Digital Library”の全てのコンテンツへ無制限にアクセス可能になります。また、責任著者がこれら4大学の所属である論文がACM発行の学術雑誌・会議録等へ掲載される際には、追加費用を支払うことなくOAで公開することができます。

プレスリリースでは、この新しいOA出版モデルへの「転換契約」は4大学の協調により進められたものである、としています。

「DCMIメタデータ語彙」で定められたメタデータ記述のプロパティとクラスに関するISO規格(ISO 15836-2:2019)が発行

2020年1月16日、DCMI(ダブリンコアメタデータイニシアチブ)は、「DCMIメタデータ語彙(DCMI Metadata Terms)」で定められたメタデータ記述のプロパティとクラスに関するISO規格(ISO 15836-2:2019)が発行されたことを発表しました。

1990年代後半に設計されたオリジナルの15項目で構成される「ダブリンコアメタデータ基本記述要素集合(DCMES)」は2003年に初めてISO規格(ISO 15836)となり、更新されたISO 15836 Part 1(ISO 15836-1:2017)が現在も利用可能になっています。ISO 15836 Part 2として設計された今回の規格は、ダブリンコアに基づく記述の精度と表現力を向上できるように、オリジナルの15項目を拡張した40のプロパティと20のクラスで構成されています。また、各語彙をLinked Open Data(LOD)形式で参照できるようにプロパティとクラスがURIで識別可能になっています。

高等教育出版社Cengage社、2020年8月から大学教科書・教材の購読制サービス“Cengage Unlimited”内でデジタル教科書等に絞った購読が可能なオプションサービスを開始

2020年1月14日、米国に本社を置く高等教育出版社Cengage社は、2020年8月から同社の大学教科書・教材の購読制サービス“Cengage Unlimited”内で、デジタル教科書等に絞った購読が可能なオプションサービス“Cengage Unlimited eTextbooks”を開始することを発表しました。

“Cengage Unlimited eTextbooks”は1セメスター当たり69.99ドルの定額料金で、1万4,000タイトル以上のデジタル教科書・学習ツール等へのアクセスや、印刷体の教科書を希望する場合は1冊当たり7.99ドル・送料無料で4冊まで注文することが可能になります。また、オンライン宿題のアクセスコードや学習用教材等を利用できる完全な“Cengage Unlimited”へアップグレードも可能です。

“Cengage Unlimited”はCengage社が教科書出版業界として初めて導入した購読制サービスで、2018年8月の開始以来急速に普及し200万以上の登録を得ています。

米国政府印刷局(GPO)、1935年から1994年までの「米国政府便覧(Government Manual)」をデジタル化し公開

2020年1月15日、米国政府印刷局(GPO)は、1935年から1994年までの「米国政府便覧(Government Manual)」をデジタル化し、連邦政府の情報が利用できるデータベースgovinfoで公開したと発表しています。

1995年以降最新版までは既に公開されています。

GPO Digitizes Historical Editions of U.S. Government Manual(GPO)
https://www.gpo.gov/who-we-are/news-media/news-and-press-releases/gpo-digitizes-historical-editions-of-US-government-manual

英国国立公文書館(TNA)、新たなデジタル戦略“Plugged In, Powered Up”を公表:デジタル保存に関するオンライン研修も提供予定

2020年1月21日、英国国立公文書館(TNA)は、デジタルに関する組織力向上のための新戦略“Plugged In, Powered Up”を公表しました。

2019年初めに、アーカイブに関する専門家300人超を対象としてTNAと・Jiscが共同実施した大規模調査の結果を踏まえて策定されたものであり、2022年までに提供される予定のプログラム、研修、リソースに関する計画を示しています。電子アーカイブ事業に関する3つの主領域である、「アクセス」、「デジタル保存」、アーカイブと様々な人々とを結びつける「エンゲージメント」に焦点を当てた内容となっています。

戦略には、英・電子情報保存連合(DPC)との連携プロジェクトである“Novice to Ninja”(初心者からニンジャへ)も含まれています。同プロジェクトでは、デジタル保存に関する無料のオンライン研修を2020年後半に提供する予定としています。

英・電子情報保存連合(DPC)、オーストラリアのメルボルン大学に新たなオフィスを開設:南半球のデジタル保存コミュニティに対する支援を強化

2020年1月22日、英・電子情報保存連合(DPC)は、オーストラリアのメルボルン大学に新たなオフィスを開設したことを発表しました。2020年3月にメルボルンで開催される研究データ同盟第15回総会において正式な立ち上げが行われる予定です。

今回の開設はDPCとメルボルン大学による戦略的パートナーシップの成果であり、南半球のデジタル保存コミュニティに対する支援強化が図られます。

DPC opens new office in Melbourne, Australia(DPC, 2020/1/22)
https://www.dpconline.org/news/dpc-opens-office-in-melbourne

参考:
デジタル遺産を守る:英・電子情報保存連合(DPC)の取り組み(記事紹介)
Posted 2019年8月19日
https://current.ndl.go.jp/node/38809

カナダ国立図書館・文書館(LAC)とオタワ公共図書館(OPL)の共同施設の設計案が公表

2020年1月23日、カナダ国立図書館・文書館(LAC)とオタワ公共図書館(OPL)は、両館による共同施設の設計案を公表しました。

各館固有のスペースと共有のスペースがある同施設のデザインは、オタワの豊かな歴史と美しい自然を結びつけたものとなっており、その形状はオタワ川を連想させ、石と木材による外観は隣接する斜面と周囲の緑地を反映したものと説明されています。

ホール、子供向けディスカバリーセンター、系譜学センター、閲覧室、アナログと最新のデジタル技術を兼ね備えたクリエイティブセンター、50を超す会議室、楽器貸出サービスと結び付けた録音室と音楽室、カフェといった施設を備えた同施設は、1億9,290万ドルの費用を掛けて、2024年後半にオープンする予定です。

2019年2月から、対面及びオンラインを通じて市民から意見を募る“Inspire555 Series”を実施し、今回の設計案に反映させているほか、そのニーズや関心事項を把握するための先住民族との面談も、2020年を通じて予定しているとしています。

名取市図書館(宮城県)、カフェコーナーでモーニングセット等を食べながら映画鑑賞をする「モーニングムービー」を開始

宮城県の名取市図書館が、2020年2月8日から、カフェコーナーでコーヒーを飲んだり、朝食を食べながら映画鑑賞をする「モーニングムービー」を開始すると発表しています。

開始時間は午前8時30分で、2月はドキュメンタリー映画を上映しますが、今後も、親子で楽しめる映画や趣味の映画など、色々なテーマの作品を上映する予定としています。

【図書館】モーニングムービーを始めます!!(名取市, 2020/1/23)
https://www.city.natori.miyagi.jp/news/node_65169

参考:
新・名取市図書館(宮城県)がオープン
Posted 2018年12月19日
https://current.ndl.go.jp/node/37261

九州大学附属図書館、シンポジウム・ワークショップ「大学における研究データサービス」及びセミナー「研究インパクト指標」の発表資料を公開

2020年1月21日、九州大学附属図書館は、2019年12月5、6、9日に同館及び大学院統合新領域学府ライブラリーサイエンス専攻共同開催企画として実施した次のイベントについて、ウェブサイト上に開催報告を掲載しています。

・シンポジウム・ワークショップ「大学における研究データサービス」(12/5、6開催)
・セミナー「研究インパクト指標」(12/9開催)

開催報告では、イベントの概要を報告するとともに、発表資料を九州大学学術情報リポジトリ(QIR)上で公開していることを紹介しています。

ニュース(九州大学附属図書館)
https://www.lib.kyushu-u.ac.jp/ja/news
※2020年1月21日付けのニュースに「【開催報告】研究データおよび研究インパクト指標に関する国際イベント」とあります。

岐阜市立図書館、オリジナルマグカップの販売を開始

2020年1月23日、岐阜市立図書館が、オリジナルマグカップの販売を開始すると発表しました。

「図書館ブランディング事業」の第2弾で、絵本作家の高畠純氏がデザインを手掛けています。

ペンギン・イヌ・キリンの3種類のデザインがあり、各種類限定100個で販売されます。

販売開始は1月27日で、価格は1,500円(税込)です。

オリジナルマグカップの販売を開始します!(岐阜市立図書館, 2020/1/23)
https://g-mediacosmos.jp/lib/information/2020/01/post-749.html

関連:
みんなとつながるバッグができました!(岐阜市立図書館, 2019/3/1)
https://g-mediacosmos.jp/lib/information/2019/03/post-633.html

経済産業研究所(RIETI)、セミナー「地方創生に役立つ「ビジネス支援図書館」の新たな展開」の配布資料と動画を公開

独立行政法人経済産業研究所(RIETI)は、2020年1月15日に開催したセミナー「地方創生に役立つ「ビジネス支援図書館」の新たな展開」について、当日の配布資料と動画を公開しています。

同セミナーでは、東京都立中央図書館でビジネス支援に取り組む余野桃子氏から、ビジネス情報サービスへの司書としての思いや具体的な活用事例と成果についての発表、ビジネス支援図書館推進協議会会長の竹内利明氏から、地方創生に役立つ全国の公共図書館の取組についての発表が行われました。

地方創生に役立つ「ビジネス支援図書館」の新たな展開(配付資料・動画配信)(RIETI)
https://www.rieti.go.jp/jp/events/20011501/handout.html

新型肺炎の感染拡大防止のため中国国家図書館等が臨時休館

中国国家図書館は、2020年1月23日付けのお知らせで、新型コロナウイルスが原因とみられている肺炎の感染拡大を防止し、利用者及び利用者サービスに従事する職員の安全を保つため、同館及び中国国家典籍博物館を1月24日から臨時休館することを発表しました。今後の開館については状況を見て改めて通知するとしています。

24時間対応の資料返却サービスを含む来館利用者向けサービスのほか、実施予定であった各種イベントや展示も中止となっています。なお、「国家数字図書館」等のオンラインサービスは通常どおり利用できます。

上海図書館や広州図書館等も、1月24日から臨時休館とする旨のお知らせをウェブサイト上に掲載しています。また、中国国家博物館や北京の故宮博物院も1月25日からの臨時休館を発表しており、図書館以外の文化施設でも休館の動きが広がっています。

一方、新型肺炎の発生地とみられている武漢市でも、武漢市文化・観光局が1月22日付けでお知らせを発表しており、1月23日から2月8日まで市内の公共図書館、博物館等を臨時休館措置とすることが決定しています。

1月 23日

【イベント】国立国語研究所IRシンポジウム「社会に魅せる研究力を測る ―論文では見えてこない社会に貢献する研究を評価する指標―」(2/13・立川)

2020年2月13日、東京都立川市の国立国語研究所3階セミナー室において、国立国語研究所IRシンポジウム「社会に魅せる研究力を測る ―論文では見えてこない社会に貢献する研究を評価する指標―」が開催されます。

社会に対する貢献などの人文社会科学系で多く見られる、論文などでは測ることのできない研究成果に基づいた「社会に魅せる研究力」を客観的に測り、評価するための指標について考えるという趣旨の下で開催されます。研究と社会が協働する多様な取り組みを展開するプロジェクトのコアメンバーによる基調講演と「研究機関の社会に魅せる研究力を測るための客観的な指標の策定は可能か、可能であれば、どうあるべきで、どのようなものか」をテーマとしたパネルディスカッションが行われます。

参加費は無料であり、定員は30人(事前申し込み要)です。主なプログラムは次のとおりです。

○開会挨拶

○趣旨説明

○基調講演
「地域から未来を拓く ―琉球大学水循環プロジェクトチームによるトランスディシプリナリー研究の可能性」
 高橋そよ氏(琉球大学人文社会学部琉球アジア文化学科・准教授)

改正EU著作権指令第14条により著作権保護期間の満了した資料のデジタル複製物をパブリックドメインのままとするには(記事紹介)

2020年1月21日付のEuropeana Proのブログ記事として、“Keeping digitised works in the public domain: how the copyright directive makes it a reality”が公開されています。

同記事は英国エクセター大学法学部のAndrea Wallace講師へのインタビューを通して、2019年4月に成立した改正EU著作権指令「デジタル単一市場における著作権指令(the Directive on Copyright in the Digital Single Market)」第14条の文化遺産分野における重要性と同講師の第14条に関する研究の解説を行ったものです。改正EU著作権指令第14条は、著作権の保護期間が満了しパブリックドメインとなったビジュアルアート作品の複製物について、創作性が存在しない限り著作権その他の権利は及ばないことを明記しています。

国際図書館連盟(IFLA)、今年25周年を迎える男女共同参画の国際的な取組の規範「北京宣言・行動綱領」と図書館の関係をまとめた文書を公開

2020年1月21日、国際図書館連盟(IFLA)が、今年25周年を迎える「北京宣言・行動綱領」と図書館の関係をまとめた文書 “Beijing Declaration and Platform for Action - Briefing for Libraries”を公開しました。

「北京宣言・行動綱領」は、1995年に中国・北京で開催された第4回世界女性会議において、国際的な男女共同参画の取組の規範として策定されたもので、今年3月には、「北京+25」として、国連本部で開催される第64回国連女性の地位委員会(CSW64)において、これまでの取組状況に関するレビューを行うほか、世界中で様々な関連イベントが開催されます。

同文書では、「北京宣言・行動綱領」において、図書館業務の重要な部分である情報・知識・生涯学習へのアクセスが果たす役割や、「北京+25」実施にあたって各国が提出した各国の取組をまとめた報告書に書かれた図書館の活動を紹介するものです。

EBSCO社、オープンリサーチの成長・加速化等のため“Code Ocean”、及び“protocols.io”との提携を発表

2020年1月21日、EBSCO社は、研究者・技術者向けに学会・会議予稿集内で公開されたコードを発見・実行するためのプラットフォームCode Oceanとの提携を発表しました。

EBSCO社は提携関係に基づいて、研究の再現性の保証・オープン化等を実現するため、論文内のコードやデータの共有・再利用を促すCode Oceanのプラットフォームを世界中の研究コミュニティに拡大すること、Code Oceanの潜在的な影響範囲・影響力を拡大することを表明しています。

また、同じく2020年1月21日付で、EBSCO社は米・カリフォルニア州バークレーを拠点とし研究上のプロトコルやメソッドをオープンアクセス(OA)で共有するプラットフォームサービス“protocols.io”と提携したことも発表しています。

北米の研究図書館センター(CRL)、East View Information Services社との協力事業の成果として19世紀後半から20世紀半ばにかけて中東・北アフリカ地域で刊行された新聞のデジタルコレクションを公開

2020年1月13日、北米の研究図書館センター(CRL)は、East View Information Services社との協力プロジェクトの成果として、19世紀後半から20世紀半ばにかけて中東・北アフリカ地域で刊行された新聞のオープンアクセス(OA)のデジタルコレクション“Middle Eastern and North African(MENA) Newspapers”公開を発表しました。

“MENA Newspapers”はEast View Information Services社が推進する新聞のデジタルアーカイブ“Global Press Archive”のコレクションに追加されました。現時点で15タイトル10万ページ以上のコンテンツが含まれ、最終的には50万ページを超える規模になることが発表されています。コンテンツの大半はアラビア語ですが、一部英語・フランス語による主要タイトルも含まれています。

Crossref、20周年

2020年1月19日、Crossrefが、2000年1月19日に米・ニューヨーク州で“Publishers International Linking Association, Inc ”として登記されてから20周年を迎えました。

2020年後半には、20周年を記念する活動を計画しているとしています。

Crossref is 20(Crossref Blog,2020/1/14)
https://www.crossref.org/blog/crossref-is-20/

参考:
CA1481 - 動向レビュー:CrossRefをめぐる動向 / 尾城孝一
カレントアウェアネス No.274 2002.12.20
https://current.ndl.go.jp/ca1481

米国議会図書館(LC)の法律図書館、連邦最高裁判事の指名に関する情報のウェブアーカイブ“United States Supreme Court Nominations Web Archive”を公開

2020年1月15日、米国議会図書館(LC)の法律図書館が、LCのウェブアーカイビングチームと連携し、“United States Supreme Court Nominations Web Archive”を公開したと発表しています。

2005年(ジョン・ロバーツ氏、ハリエット・マイヤーズ氏) ・2006年(サミュエル・アリート氏)・2009年(ソニア・ソトマイヨール氏)・2010年(エレナ・ケイガン氏)の連邦最高裁判事の指名に関するブログ、論文、議会のプレスリリース、報道記事からなるものです。

The United States Supreme Court Nominations Web Archive(LC Law Librarians of Congress, 2020/1/15)
https://blogs.loc.gov/law/2020/01/the-united-states-supreme-court-nominations-web-archive/

福島県立博物館、特集展「震災遺産を考える ―それぞれの9年―」を開催:東日本大震災・原子力災害伝承館で保存される資料の一部も公開

2020年2月11日から4月12日まで、福島県立博物館が、特集展「震災遺産を考える ―それぞれの9年―」を開催します。

同館が「震災遺産」として収集してきた東日本大震災に関する資料を通じてこれまでを振り返り、それぞれが過ごしてきた時を共有し、「地域の暮らしを主体的に考える場」にするとしています。

また、東日本大震災・原子力災害伝承館で保存される資料の一部も公開するとのことです。

震災遺産を考える ―それぞれの9年―(福島県立博物館)
https://general-museum.fcs.ed.jp/page_exhibition/special/page_exhibition/special/2020winter

ページ