アーカイブ - 2006年

12月 20日

図書館情報学修士号の認定基準の改正案(米国)

米国図書館協会(ALA)が、1992年版の図書館情報学修士号認定基準(Standards for Accreditation of Master's Programs in Library and Information Studies 1992)の改正案を作成し、意見募集を行っています。Updating the 1992 Standards for Accreditation of Master’s Programs in Library and Information Studieshttp://www.ala.org/ala/accreditation/p

E587 - アジアの電子図書館の最前線 ―ICADL2006京都大会―

京都大学を会場に開催された第9回アジア電子図書館国際会議(9th International Conference on Asian Digital Libraries:ICADL2006)が,11月27日から30日の4日間,世界各国から約190名の参加者を集め,盛会の内に幕を閉じた。 テーマごとに分かれた各セッションでは,66件の論文が発表された(ポスターセッシ…

E586 - 【連載】アジア・オセアニアの図書館事情:(12)ベトナム

ベトナムの公共図書館は,国立図書館(NLV)の下に省・中央直轄市立図書館64館(図書館数は2005年時点,以下同様)があり,さらにその下に577の県レベルの図書館と7,000近くの町村レベルの図書館があるという階層構造をなしている。全公共図書館を合計すると,蔵書数が約1,750万点,年間の蔵書…

E585 - 大学生は情報を使いこなせているのか?

「今の大学生は,大学や職場で成功するために必要なICTリテラシースキルを有していない。」米国の非営利テスト開発機構であるEducational Testing Service(ETS)が,このような調査結果を公表した。研究主幹のカッツ氏(Irvin R. Katz)は次のように述べている。「大学生は情報機器を使いこなしている…

E584 - 違法・有害情報に対するサーバ管理者向けガイドライン(日本)

インターネット上には,違法情報や公序良俗に反するとされる情報が氾濫していると指摘される。このような情報への対処として,サーバや掲示板の管理者による適切かつ敏速な対応が,社会的に期待されている。だが違法情報の定義や対処の方法,手続き,さらに対処後の法的責任など,解決…

E583 - 根拠に基づく図書館業務の設計:Evidence Based Librarianship(EBL)とは何か?

図書館業務は,図書館情報学によって示された科学的根拠(エビデンス)の活用により,向上させることができるか?図書館実務と図書館情報学の乖離は古くから指摘されているところであるが,この疑問に正面から取り組み,明確な回答を導き出そうと実践を積み重ねる活動がある。EBL(Evidenc…

E582 - 権利者と利用者のバランスをどう取るか?:知的財産権に関するレビュー(英国)

英国財務省(HM Treasury)は2006年12月6日,経済現況や政府の政策を報告する予算前報告書(Pre-Budget Report)の一部として,Financial Times紙の前編集長ガワーズ(Andrew Gowers)に委嘱していた,英国の知的財産権に関するレビュー“Gowers Review of Intellectual Property”を公表した。 今回,このようなレビュ…

E581 - Microsoft社,書籍検索サービス“Live Search Books”を開始

Microsoft社は2006年12月6日,著作権が切れた書籍を全文検索・ダウンロードできるサービス“Live Search Books”のベータ版を公開した。 図書館や出版社と協同し,書籍をデジタル化し全文を無償で検索・ダウンロードできるようにする試みは,これまでGoogle社の“Google Book Search”(旧称:Google Print)…

OCLC、選書・発注支援サービスを開始

OCLCは12月14日、コーネル大学が作成したソフトウェアを利用して、各図書館の選書・発注を支援するサービス“WorldCat Selection”を開始しました。複数のベンダーが提供する選書候補リストを、WorldCat Selectionを通して参照・比較し、発注するという仕組みで、データのダウンロードもできるようで…

学校図書館向けオーディオブック・電子ブックサービス(米国)

米国の電子ブックプロバイダ・OverDrive社が12月12日、K-12(幼稚園から高等学校まで)の学生・教師・親向けの、オーディオブック・電子ブック貸出サービス“School Download Library”を開始したと発表しました。同時に、最初のパートナーシップをLakeshore Northeast Ohio Computer Association (LNOCA)と締結し、…

Google Accessible SearchのFAQ

Googleが提供している視覚障害者向けの検索インターフェース“Google Accessible Search”のFAQが、Google公式ブログで公開されています。これまでも“Google Accessible Search”のページにFAQが設けられていましたが、そのほかによく寄せられた質問への回答、ということです。(視覚障害者にとって)アクセ…

LC、統合検索を試行中

LC(米国議会図書館)が、LCのOPAC、デジタルアーカイブなど、膨大なコンテンツの統合検索を試行しています。新たにTHOMASが加わったようです。現在ベータ版では、以下のコンテンツを選べるようになっています。- U.S. historical and cultural collections (American Memory)- Library of Congress Online Catalog- Prints & Pho…

LCのウェブサイト、RSSのフィードを開始

米国議会図書館(LC)が、ニュース等の情報のRSSフィードを開始しました。LCのウェブサイトは、1994年に始まり、今や186テラバイト、2,200万のデジタルコンテンツを利用できるようになっています。この中には、アメリカ史から科学技術、大衆文化にいたる、写真、地図、音楽、映画、書籍、…

12月 19日

NDL、データベースフォーラムの資料を公開

国立国会図書館(NDL)が12月7日に開催した「国立国会図書館データベースフォーラム」の関連資料が、NDLのウェブサイトで公開されています。「国立国会図書館データベースフォーラム」関連資料http://www.ndl.go.jp/jp/publication/proceedings/index.html

Googleがついに学術雑誌の電子ジャーナル化に参画か?

Open Access Newsに、Googleが学術雑誌のバックナンバーの電子化に乗り出したというニュースが載っています。無料で、公開範囲は学会側が決めることができ、Googleがインデクスすることが条件?のようですが、詳しいところはオフィシャルなものが出ていないので分かりません。Open Access Japanでは、G…

情報の科学と技術 56(12)

情報の科学と技術Vol. 56 (2006), No.12http://www.infosta.or.jp/journal/newjmoku.html特集=「資料・データを捨てる」 総論 : 情報を捨てる。情報を残す。−アーカイブズの評価選別論の視点から− 中島 康比古 オフィスにおける文書の廃棄基準 小谷 允志文書管理・資料管理と個人情報保護 藤原 静雄企業図…

情報管理 49(9)

情報管理Vol.49 No.9 (December 2006)http://johokanri.jp/『専門情報機関総覧』2006年版の特徴と機能青柳 英治デジタルコンテンツ時代の図書館―国際図書館連盟(IFLA)年次大会テーマの変遷から長塚 隆;神門 典子「闘病記文庫」は患者・医療者に何をもたらすか―健康情報棚プロジェクトの多職種協働活動…

OCLC、CatExpressをフランス語化

OCLCが、簡易版の目録作成システムである『CatExpress』をフランス語化したと発表しています。CatExpress available in French(Chambly, Québec, Canada, December 8th, 2006)http://www.oclc.org/news/releases/200646.htmCatExpresshttp://www.oclc.org/catexpress/default.htm

自家製図書館システム『Evergreen』(米国)

米国ジョージア州の公共図書館のネットワーク組織であるGPLS(Georgia Public Library Service)が2004年から開発を進めてきた、自家製の図書館システム『Evergreen』についての紹介記事が、Library Journal誌に掲載されています。GPLSでは、商用図書館システムに見切りをつけ、組織内にチームを結成し、オー…

12月 18日

デジタル・レポジトリ・ソフトウェアの評価プロジェクト

米国の研究図書館グループ(RLG)と国立公文書館(NARA)が2005年に発表した「信頼できるデジタル・リポジトリの認証のための監査チェックリスト(An Audit Checklist for the Certification of Trusted Digital Repositories)」のフレームワークを活用した、レポジトリソフトウェア(DSpace、Eprints、Greenstone等)の評価プロジェクトの進捗報告が、D-Libに掲載されています。

この評価プロジェクトは、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校が、2004年から07年までの3ヵ年計画で、LC(米国議会図書館)のNDIIPP(National Digital Information Infrastructure Preservation Program)のもとで進められている『ECHO DEPository Project』の一環として進められているものです。

Using the Audit Checklist for the Certification of a Trusted Digital Repository as a Framework for Evaluating Repository Software Applications

ページ