アーカイブ - 2009年 9月 10日

科学者のデータ共有が進まない理由(記事紹介)

科学誌natureのサイトのNatureNewsに、“Data sharing: Empty archives”という記事が掲載されています。科学者の研究データの共有がすすまない理由として、データを共有する伝統のない分野があることや、どのデータをどのように共有するかの判断が難しいこと、適切な引用についての取り決めが必要なこと、などが指摘されています。

Data sharing: Empty archives
http://www.nature.com/news/2009/090909/full/461160a.html

Data sharing: Empty archives(2009/9/10付けResourceShelfの記事)
http://www.resourceshelf.com/2009/09/10/data-sharing-empty-archives/

2.1 Serving Multicultural Populations by Increasing Our Cross-Cultural Awareness in Libraries : Japan and the USA serving Latin Americans, Brazilians, Latinos and Hispanics.

第3章 社会的な論点と図書館

3.2. 多様性
3.2.1 Serving Multicultural Populations by Increasing Our Cross-Cultural Awareness in Libraries : Japan and the USA serving Latin Americans, Brazilians, Latinos and Hispanics.

Sandra Rios Balderrama
RiosBalderrama Consulting, Recruitment, Consultation & Presentations for Libraries

第11回図書館総合展、プログラム等を公開

2009年11月10日から12日にかけて開催される第11回図書館総合展の出展者、フォーラム・プレゼンテーションのプログラムが公開されています。フォーラムの参加受付も開始しています。

「第11回図書館総合展」出展企業一覧  
http://www.j-c-c.co.jp/li_exibitor/index.html

フォーラム&プレゼンテーション
http://www.j-c-c.co.jp/li_forum/index.html

1.1 知的自由をめぐる事例

PDF版はこちら

獨協大学 経済学部  井上 靖代(いのうえ やすよ)

 ここでは、2001年の9.11テロ事件以降、既存の関係諸法律を改正強化する形で成立した「愛国者法」PATRIOT ACTの影響を受けて発生した知的自由侵害の事例を含めて、近年のアメリカの公共図書館での事例を中心に紹介する。詳細はアメリカ図書館協会(ALA)知的自由部のサイトやブログで報告・議論されている(1)。近年の傾向として、法政策の動向の影響を直接に受けた図書館における事例が多くなっている。法律に関する分野については、「知的自由に関する法的動向」で詳しく述べられているので、そちらを参照してほしい。

アメリカの知的自由をめぐる事例や動向としては、
 

 (1) 図書館資料に対する焚書・検閲

 (2) 図書館施設利用に対するクレーム

4.2 The Levin Library at Curry College: A Small Academic Library in New England

第2章 米国の一般的な図書館のすがた

4. 大学図書館
4.2 The Levin Library at Curry College: A Small Academic Library in New England

David Miller
Associate Professor / Librarian of the Levin Library

with Hedi BenAicha
Professor / Librarian of the Levin Library

Leslie Becker
Supervisor Library Circulation of the Levin Library

Jane Lawless
Associate Professor / Librarian of the Levin Library

Frances Reino
Sr.

4.2 カリー・カレッジのレヴィン図書館:ニューイングランドの小さな大学図書館

PDF版はこちら

David Miller
Associate Professor / Librarian of the Levin Library
(レヴィン図書館准教授兼司書  デイビッド・ミラー)

with Hedi BenAicha
Professor / Librarian of the Levin Library
(レヴィン図書館教授兼司書  ヘディ・ベンアイチャ)

Leslie Becker
Supervisor Library Circulation of the Levin Library
(レヴィン図書館貸出利用担当課長  レスリー・ベッカー)

Jane Lawless
Associate Professor / Librarian of the Levin Library
(レヴィン図書館准教授兼司書  ジェイン・ローレス)

中国国家図書館、100周年記念式典を開催

中国の国家図書館の開館100周年の記念式典が2009年9月9日に北京で開催されました。国家図書館の前身の京師図書館が開館した1909年9月9日から数えて100周年とのことです。

国家図書館開館100周年祝賀大会、北京で開催、李長春氏が出席(2009年9月10日付け新華社新華網ニュース)
http://203.192.6.79/200909/aaa110093234_1.htm

The world in a click(新華網ニュース英語版)
http://news.xinhuanet.com/english/2009-09/09/content_12019410.htm

中国国家図書館
http://www.nlc.gov.cn/bngq/index.htm

4.1 The University of the Pacific Library: Serving a Medium-Sized Comprehensive University

第2章 米国の一般的な図書館のすがた

4. 大学図書館
4.1 The University of the Pacific Library: Serving a Medium-Sized Comprehensive University

Jean Purnell
Associate Provost and Dean of the Library

   The University of the Pacific is an independent university with about 6,250 students on three campuses in Northern California. A comprehensive university, Pacific offers undergraduate, graduate, and professional degree programs in nine colleges.

4.1 パシフィック大学図書館~中規模の総合大学図書館として~

PDF版はこちら

Jean Purnell
Associate Provost and Dean of the Library
(パシフィック大学図書館副学長兼図書館長  ジーン・プーネル)

 パシフィック大学はカリフォルニア州北部に位置する学生数6,250人の独立した大学(independent university)である。総合大学として9つのカレッジで学部、大学院、そして専門職大学院のプログラムを提供している。9つのカレッジのうち7校はストックトンのメインキャンパスにあり、サンフランシスコとサクラメントが歯科大学院と法科大学院のある場所である。本学のミッション(使命)は、「一般教養科目と専門教育を統合した、優れた学生中心の学習経験を提供し、個人がその職業生活と地域社会において、たえず成果をあげ、責任あるリーダーシップを発揮できるように育成する」ことである。

2009年国際識字デーのテーマは、識字によるエンパワーメント

毎年9月8日はユネスコの定める「国際識字デー(International Literacy Day)」ですが、2009年は「The Power of Literacy」を標語とし、識字によるエンパワーメントがテーマとなっています。ユネスコの松浦晃一郎事務局長のメッセージでは、7億7600万人の成人の非識字者の多くが社会的弱者であること、貧困問題解消のためには識字能力の向上が必要であること、識字能力向上により自尊心・自信・自己主張などの能力を身に付けることができ、自身の権利を意識する手助けとなること、等が述べられています。

International Literacy Day
http://www.unesco.org/en/literacy/advocacy/international-literacy-day/

Message from Mr Koichiro Matsuura,Director-General of UNESCO on the occasion of International Literacy Day
http://unesdoc.unesco.org/images/0018/001836/183671e.pdf

参考:
2008年国際識字デーのテーマは「識字は最良の治療薬」

NDL、オランダ王立図書館の講師による「保存フォーラム」を開催(10月)

2009年10月6日・7日に、国立国会図書館(NDL)で、資料保存に携わる実務者を対象にした「第20回保存フォーラム」が開催されます。今回の内容は、オランダ王立図書館の専門サービス・資料部付保存科学者ヘンク・ポルク博士による、オランダにおける保存科学の最新動向とオランダ王立図書館所蔵特別コレクション「紙の歴史」の紹介とのことです。参加申込みを10月1日まで受付中とのことです。

第20回保存フォーラムのご案内
http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/data_preserve22.html

参考:
NDL保存フォーラム「害虫を入れない・増やさない―図書館における総合的有害生物管理―」
http://current.ndl.go.jp/node/8423

3.1 図書館運営について~ニューメキシコ州アルバカーキー市ドロレス・ゴンザレス校の場合~

PDF版はこちら

ニューメキシコ州アルバカーキー市ドロレス・ゴンザレス校・元図書館司書  リーパーすみ子

 我が校は、生徒の98%がヒスパニック系で占められている。これは、アメリカにおいてそう特殊なケースではない。ヒスパニック系、アジア系、アフロ・アメリカンにアラブ系など、同じ人種が固まって一か所に住む傾向があるからである。しかも、我が校は、1日の内の50%は英語で、後の50%はスペイン語での授業を推奨している。これは、推奨で、父兄が全部英語でという希望であれば、英語のみのクラスに生徒をいれることも出来る。ヒスパニック系がアメリカで人口の増加率第1位なので、スペイン語が堪能であるということは、将来、役に立つからである。最近特に見直されているバイリンガル教育の先端をになっている。

 アルバカーキー地区の学校は、高校が11校、中学校26校、小学校79校。ライブラリー・メディアスペシャリストは、小、中、高校のどこへいっても給料の差はなく、小学校から高校まで校種を超えた異動が可能である。

IFLAミラノ大会のサッカートーナメントの動画が公開

IFLAミラノ大会会期中の2009年8月26日に開催された、国際IFLAサッカートーナメントの模様を記録した動画が同大会のウェブサイト上で公開されています。ドイツのバイエルン州図書館チーム、イタリアチーム、ミラノのカトリック大学チーム、IFLAの参加者で構成される国際チームの4チームにより争われ、ドイツチームが優勝したようです。

IFLA Express no.5
http://www.ifla.org/annual-conference/ifla75/xpress5-en-2009.pdf

26 agosto: torneo di calcio(イタリア語)
http://www.ifla2009.it/online/?p=1264

2.1 アメリカの私立図書館について

PDF版はこちら

獨協大学 経済学部  井上 靖代(いのうえ やすよ)

 私立図書館は大きく分けて、貸出をおこなう図書館(lending library)と参考調査のみをおこなう図書館(research library)の2種がある。アメリカの私立公共図書館は会員制図書館からはじまったものや、19世紀終わり頃から登場した個人あるいはその一族が資産を投じて設立した図書館などがある。ここでは一般に公開(公共化)していない個人所有の文庫や図書館は除外する。利用条件は様々であるが、会費を支払うことで利用可能としている市民に公開された「公共」図書館を取り上げる。

 貸出図書館の多くは設立時に集団で設立資金を投資し、建物や資料費、人件費など運営費用を拠出したもので、一定の職種集団が次世代の労働者養成のため設立した学校等に付属して設立されたものや一定の階級(社会経済的・人種民族的・文化地理的などで仮想的に限定された集団)を利用者とみなすものなどが多い。

1.2 アメリカの小さな図書館 -サン・プレイリー図書館 (Sun Prairie Public Library)-

PDF版はこちら

獨協大学 経済学部  井上 靖代(いのうえ やすよ)

所在地: 1350 Linnerud Dr., Sun Prairie, WI 53590
URL: http://www.sunprairiepubliclibrary.org

<プロフィール>

<

米国連邦議会でGoogleブックス和解案に関する公聴会が開催

米国連邦議会下院の法務委員会で、2009年9月10日に、Googleブックス和解案に関する公聴会が開催されます。Google社のほか、Amazon.com社、米国著作権局、著作者団体、視覚障害者団体、消費者団体等の組織から、証人が参加する模様です。

Congress To Hold Hearing Thursday on Google Book Search Settlement(2009/9/9付けLibrary Journalの記事)
http://www.libraryjournal.com/article/CA6695613.html

Hearing Information
http://judiciary.house.gov/hearings/hear_090910.html

1.1 The Kellogg-Hubbard Library in Montpelier, Vermont, USA

第2章 米国の一般的な図書館のすがた

1. 公共図書館
1.1 The Kellogg-Hubbard Library in Montpelier, Vermont, USA

Grace Worcester Greene
Children’s Services Consultant, Vermont Department of Libraries

Description of library and community

   The Kellogg-Hubbard Library is located in Montpelier, the capital of the state of Vermont. Vermont is the eighth smallest state in the country in area, and the forty-ninth in population, having only 623,050 people as of the 2005 census estimate.

1.1 ヴァーモント州モンペリエのケロッグ・ハバード図書館

第2章 米国の一般的な図書館のすがた

1. 公共図書館
1.1 ヴァーモント州モンペリエのケロッグ・ハバード図書館

Grace Worcester Greene
Children’s Services Consultant, Vermont Department of Libraries
(ヴァーモント州図書館庁児童サービス・コンサルタント グレース・ウースター・グリーン)

図書館とコミュニティについて

 ケロッグ・ハバード図書館はヴァーモント州の州都、モンペリエにある。ヴァーモント州は面積がアメリカで8番目に小さな州で、人口では49番目、2005年の国勢調査の推定では人口わずか623,050人の州である。さらにモンペリエはアメリカ最小の州都で、人口わずか8,000人である。モンペリエに加えて、当館は周囲の5つの町の図書館でもある。東モンペリエ、ベルリン、ウースター、カレイそしてミドルセックスである。これらの街をあわせての人口はおよそ17,700人である。

チェコ国立技術図書館が全面オープン

チェコ国立技術図書館が2009年9月9日に全面オープンしています。首都プラハの大学のキャンパス内に位置する同館の建物は8層からなり、およそ100万冊以上の資料が所蔵され、その3分の1以上はRFIDシステムを備えたフリーアクセスのスペースに配架されるとのことです。年間90万人の来館者が見込まれています。

New National Technical Library opens in Prague(Radio Prague 2009/9/9付けの記事)
http://www.radio.cz/en/article/120090

Národní technická knihovna(National Technical Library)
http://www.techlib.cz/en/

ページ

 
 
 
 
図書 92,271冊
逐次刊行物 947タイトル
オーディオ資料 6,073点
ビデオ資料 7,203点
そのほか(マンガ、ファイル資料など) 1,339点
雑誌 275タイトル
<  2020年 12月
293012345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829303112

図書館関係雑誌目次RSS集(国内)

日本の図書館・図書館情報学関係情報誌の目次をRSSで配信しています。

国立国会図書館 関西館
図書館協力課 調査情報係

国立国会図書館関西館シンボルマーク 〒619-0287
京都府相楽郡精華町精華台8-1-3
chojo@ndl.go.jp
(@は半角に直してください)