アーカイブ - 2015年 10月 9日

名古屋市図書館、コレクション「ドイツ人俘虜収容所図書室蔵書」の調べ方案内を公開

2015年10月9日、名古屋市図書館が、調べ物案内:コレクション「ドイツ人俘虜収容所図書室蔵書」を公開しています。

第一次世界大戦中、日本国内にはドイツ人俘虜収容所が作られ、俘虜(捕虜)となったドイツ人が多数来日し、名古屋では、大正3(1914)年11月に中区の東本願寺(東別院)に開設され、大正4(1915)年9月に東区出来町へ移転しましたが、収容所内には俘虜のために図書室が設けられ、約3,500冊の蔵書があったとのことです。

彼らが帰国する際、蔵書の一部が、当時鶴舞公園にあった名古屋図書館に寄贈され、その後、蔵書は大正12(1923)年に開館した市立名古屋図書館に引き継がれたとのことです。

2010年、鶴舞中央図書館で「名古屋俘虜収容所」の蔵書印のある本が発見され、現在、43冊の本を確認しているとのことです。また「福岡俘虜収容所」の蔵書印のある本も見つかっており、俘虜が福岡から名古屋へ移動した際、福岡で借りた本を名古屋へ持ってきたのではないかと思われるとのことです。

お知らせ(新着)(名古屋市図書館)
https://www.library.city.nagoya.jp/index.html
※「2015年10月9日 調べ物案内:コレクション 「ドイツ人俘虜収容所図書室蔵書」追加しました!」とあります。

経済協力開発機構(OECD)、加盟国のオープンサイエンスに関する調査報告書“Making Open Science A Reality”を刊行

経済協力開発機構(OECD)がオープンサイエンスの兆候を概観し、政策課題・イニシアチブ・障壁を調査研究するための報告書“Making Open Science A Reality”を刊行しています。

公的資金による研究がオープンにアクセスできるようにOECD加盟国の進捗状況をレビューしています。

また、オープンサイエンスを進捗させるための政策の影響を含む政策課題、法的障壁、アクセスの拡大のための解決方法等を概観し、オープンサイエンスとその役割に影響を与えるする要因を述べているとのことです。

MAKING OPEN SCIENCE A REALITY(OECD)
https://www.innovationpolicyplatform.org/content/open-science
https://www.innovationpolicyplatform.org/sites/default/files/DSTI-STP-TIP%282014%299-REV2_0_0_0_0_0.pdf

OECD report “Making Open Science A Reality”(CNI,2015/9/28)
https://www.cni.org/oecd-report-making-open-science-a-reality/

相模原市立図書館、Facebook・Twitterによる情報発信を開始

2015年10月8日、相模原市立図書館が、Facebook・Twitterによる情報発信を開始したと発表しています。

図書館のイベント情報、臨時休館やシステム停止案内の情報のほか、図書館ホームページには掲載されない小さな特集展示もチェックできるとのことです。

Facebook&Twitterによる情報発信をスタート(相模原市立図書館,2015/10/8)
http://www.lib.sagamihara.kanagawa.jp/SNS.pdf

相模原市立図書館公式Facebook
https://www.facebook.com/sagamihara.city.public.library

相模原市立図書館公式Twitter
https://twitter.com/sagamiharalib

参考:
県立長野図書館、公式Facebookページを開設
Posted 2015年9月15日
http://current.ndl.go.jp/node/29430

岐阜市立図書館、Facebookの運用を開始
Posted 2015年9月14日
http://current.ndl.go.jp/node/29417

石川県立図書館、Twitter・Facebookによる情報発信を開始
Posted 2015年9月11日

米国出版社協会が2015年上半期の売上高を発表 2014年の上半期に比べて4.1%減少 

2015年10月8日、米国出版社協会(Association of American Publishers:AAP)が2015年上半期の出版社の売上高速報を発表しました

速報によれば、2014年上半期に比べて売り上げ高が4.1%減少し、55億8千万ドルとなったとのことです。

また2015年の上半期の特徴は、

○書籍(フィクション/ノンフィクション/宗教)の取り扱いは2014年の上半期に比べて減少しているが、6月から改善が見られる
○電子書籍の取り扱いは2014年から10.3%減少
・前年比減少の大部分は、児童/ヤングアダルトカテゴリ-から来ており、45.5%減少している
・「アナと雪の女王」「ダイバージェント」シリーズを含めての大ヒット作品による2014年の大きな成長に対して減少している
○ペーパーバックとオーディオブックの取り扱いは2桁成長
○教育分野の打ち上げは減少

とのことです。

AAP StatShot: Publisher Net Revenue from Book Sales Declines 4.1% in First Half of 2015(AAP,2015/10/8)

ケンブリッジ大学出版局(CUP)がCLOCKSSと連携

2015年10月8日、世界規模の電子ジャーナルのアーカイブプロジェクトであるCLOCKSSは、ケンブリッジ大学出版局(CUP)と連携したと発表しています。

CUPの電子ジャーナルは、世界の12の主要な研究図書館にある、CLOCKSSの地理的・地政学的に冗長化されたノードの分散化されたネットワークで保存されるとのことです。

Cambridge University Press Preserves with the CLOCKSS Archive(CLOCKSS,2015/10/8)
https://www.clockss.org/clockss/News

CUP Preserves with the CLOCKSS Archive(CUP,2015/10/8)
http://www.cambridge.org/about-us/news/cup-preserves-clockss-archive/

参考:
CLOCKSSとCHORUSが提携、公的助成を得た研究成果への長期的なアクセスの保障へ
Posted 2015年3月31日
http://current.ndl.go.jp/node/28255

CLOCKSS、米国科学振興協会(AAAS)との提携を発表
Posted 2015年2月9日

毛皮から剥製まで 動物標本の一般貸出しを行う米国の大学図書館(記事紹介)

2015年10月7日付のAlaska Dispatch News紙で動物標本の貸出しを行っているアラスカ大学アンカレッジキャンパスのアラスカ資源図書館情報サービス(Alaska Resources Library and Information Services:ARLIS)の紹介がされています。

同サービスでは、毛皮・剥製・頭蓋骨のコレクションを所蔵しており、図書館カードを持っていれば、クズリの毛皮からツノメドリの剥製までの数百もの動物標本を、一般市民は、2週間借りることができるとのことです。

動物標本はARLISのオンラインカタログからも検索可能とのことです。

熊と狼の毛皮の利用が多く、ボーイスカウトのプロモーションで使われるとのことです。また、シロフクロウの剥製はハリーポッターのイベントで使われるとのことです。

Need a wolf fur? A puffin pelt? All you need is a library card and a visit to the ARLIS library(Alaska Dispatch News,2015/10/7付け記事)

米国デジタル公共図書館(DPLA)に対して、匿名の献金者が25万ドルを寄付 提供された資金は技術力強化のために使用

米国デジタル公共図書館(DPLA)は、匿名の献金者が、DPLAの技術力強化を名目に、25万ドルという形でDPLAの使命に向けた実質的な支援を提供することを約束したと発表しています。

この助成によって、DPLAは、追加のコンテンツを取得し、プラットフォームとウェブサイトを基盤とした重要な新機能を実装するための拡張をすることができるとのことです。

今回の助成は、DPLAの使命に対する3回目の投資で、1回目の2013年は、DPLAのハブネットワークの急速な拡大のため、2回目の2015年は、インディアナポリスで開催されたDPLAfest2015のために使われたとのことです。

DPLA Receives $250,000 from Anonymous Donor to Expand Technical Capabilities(DPLA,2015/10/8)
http://dp.la/info/2015/10/08/dpla-receives-250000-from-anonymous-donor-to-expand-technical-capabilities/

参考:
CA1857 - 米国デジタル公共図書館(DPLA)の過去・現在・未来 / 塩﨑 亮,佐藤健人,安藤大輝
カレントアウェアネス No.325 2015年9月20日

英国図書館(BL)による、カード目録を電子的なレコードに変換する“Convert-a-Card”プロジェクトの現状

英国図書館(BL)は、British Library Labs(BLラボ)と連携して、BLのコレクションへのアクセス拡大を目的とした実験的なクラウドソーシングプロジェクトのプラットフォーム“LibCrowds”を開始していますが、その最初のプロジェクトである、カード目録を電子的なレコードに変換する“Convert-a-Card”では、現在、中国語とインドネシア語のカード目録の変換を行っています。

そうすることで、同館のアジア・アフリカ研究閲覧室を訪れることなく、オンラインカタログExploreBLで蔵書の検索・予約が可能となるとのことです。

現時点では、27の異なる国に拠点を置くボランティアによって18,434のレコードを受け取っているとのことですが、完成までにはまだ時間がかかるとのことで、さらなる貢献者を求めているようです。

Asian and African studies blog(BL Asian and African studies blog,2015/10/9)
http://britishlibrary.typepad.co.uk/asian-and-african/2015/10/chinese-collections-opened-up-by-libcrowds-1.html

LibCrowds(BL)