アーカイブ - 2016年 8月

8月 31日

これからの学術情報システム構築検討委員会、NACSIS-CAT/ILLの軽量化・合理化について(基本方針)を公開

2016年8月31日、これからの学術情報システム構築検討委員会は、「NACSIS-CAT/ILLの軽量化・合理化について(基本方針)」を公開しました。

この方針は、NACSIS-CAT/ILLの再構築に関する意見募集(2016/4/6-4/28実施)を受けて、第14回委員会(6月29日開催)で案を改訂し、第12回大学図書館と国立情報学研究所との連携・協力推進会議(7月19日開催)にて承認されたものです。

NACSIS-CAT/ILLの軽量化・合理化について(基本方針)の公開について(これからの学術情報システム構築検討委員会、2016/8/31)
http://www.nii.ac.jp/content/korekara/2016/08/nacsis-catill.html

第12回連携・協力推進会議の議事次第と議事要旨を公開しました(大学図書館と国立情報学研究所との連携・協力推進会議、2016/8/31)
http://www.nii.ac.jp/content/cpc/documents/#12

参考:
第14回これからの学術情報システム構築検討委員会議事要旨と配布資料の一部が公開
Posted 2016年7月15日
http://current.ndl.go.jp/node/32089

文部科学省、平成27年度学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果の概要を公表

2016年8月31日、文部科学省が、「学校における教育の情報化の実態等に関する調査-平成27年度結果概要」(2016年3月1日現在)を公表しました。

初等中等教育における教育の情報化の実態等を把握し、関連施策の推進を図るために実施されているものです。

文部科学省 新着情報
http://www.mext.go.jp/
※平成28年08月31日更新欄に「学校における教育の情報化の実態等に関する調査-平成27年度結果概要」とあります。

学校における教育の情報化の実態等に関する調査-平成27年度結果概要(文部科学省)
http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa01/jouhouka/kekka/k_detail/1376709.htm

学校における教育の情報化の実態等に関する調査 平成27年度 調査結果(速報値) (e-Stat)
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?bid=000001075698&cycode=0

平成27年度学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果(文部科学省)
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/detail/1376689.htm

参考:

Google特許検索に、日本を含め世界11か国の特許関連資料が追加

2016年8月30日、Googleは、Google特許検索に、世界11か国からの4,100万を超える特許に関する資料を追加したと発表しています。

今回検索対象となったのは、日本、韓国、英国、スペイン、フランス、ベルギー、ロシア、オランダ、フィンランド、デンマーク、ルクセンブルクの特許及び特許出願書類です。

今回の追加により、世界の17の特許当局からの8,700万を超える特許関連資料を利用できるようになりました。

11 New Countries Available in Google Patents (Gogle Public Policy Blog,2016/8/30)
https://publicpolicy.googleblog.com/2016/08/11-new-countries-available-in-google.html

Google 特許検索
https://patents.google.com/

参考:
Google、米国の特許検索“Google Patents Search”を開始
Posted 2006年12月15日
http://current.ndl.go.jp/node/5075

Google特許検索に中国、ドイツ、カナダ、世界知的所有権機関(WIPO)の特許関連資料が追加

米・ペンシルバニア大学図書館、大学ウェブサイトのアーカイブを開始

2016年8月30日、米・ペンシルバニア大学図書館が、ペンシルバニア大学のウェブサイトをアーカイブする取組みを開始したことを発表しています。

同館の収集及びリエゾンサービス部門の責任者が、同大学のウェブサイトを組織的にアーカイブする部門がないことに気づいて始めたもので、収集対象は、大学のメインのウェブサイトと、図書館、ミュージアム、文書館のウェブサイトとなっており、年4回収集されます。

収集には、Internet Archiveのウェブアーカイブコレクション構築サービス“Archive-It”を用いています。

Penn Libraries’ New Penn Website Archive(University of Pennsylvania,2016/8/30)
http://www.upenn.edu/almanac/volumes/v63/n03/website-archive.html

北海道立図書館、開館90周年記念展の展示目録をウェブサイトに掲載

北海道立図書館が、今年開館90周年を迎えるにあたり実施した、90周年記念展示「道立図書館と北海道の90年 ~あの日・あの頃~」、北海道立図書館のあゆみ展「道民とともに、図書館とともに」の展示目録をウェブサイトで公開しています。

道立図書館90周年記念展示の目録を掲載しました(北海道立図書館,2016/8/27)
https://www.library.pref.hokkaido.jp/web/hoppo/news/vmlvna000000464o.html

道立図書館と北海道の90年 ~あの日・あの頃~ (PDF:811KB)
https://www.library.pref.hokkaido.jp/web/publish/qulnh000000006zl-att/vmlvna00000045zg.pdf

北海道立図書館のあゆみ展 「道民とともに、 図書館とともに」 (PDF:4.33MB)
https://www.library.pref.hokkaido.jp/web/publish/qulnh000000006zl-att/vmlvna000000430a.pdf

参考:
CA1856 - 近年の図書館史(単館史)編纂の傾向 / 長尾宗典
カレントアウェアネス No.325 2015年9月20日

8月 30日

国立国会図書館、2014年開催の企画展示「あの人の直筆」をもとにした電子展示会「あの人の直筆」を公開

2016年8月30日、国立国会図書館(NDL)は電子展示会「あの人の直筆」を公開しました。

2014年にNDLが開催した企画展示「あの人の直筆」をもとに作成した電子展示で、日本の近世から昭和にかけて各分野で活躍した有名人約120人の書簡や葉書などの直筆資料を紹介するものです。

・第1部:近世
・第2部:近現代
・第3部:いろいろな直筆

で構成しています。

あの人の直筆
http://www.ndl.go.jp/jikihitsu/

電子展示会「あの人の直筆」を公開しました(付・プレスリリース)(国立国会図書館, 2016/8/30)
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2016/1217143_2754.html
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2016/__icsFiles/afieldfile/2016/08/25/pr160830.pdf
※2つ目のリンクはプレスリリースのPDFファイルです。

Facebook(国立国会図書館の展示(東京・関西), 2016/8/30)
https://www.facebook.com/NDLexhibition/posts/1814076895478288

関連:
電子展示会(国立国会図書館)

図書館振興財団、2017年度の「図書館を使った調べる学習コンクール」について、地域コンクール新規開設事業への助成を公募することを発表

2016年8月30日、公益財団法人図書館振興財団は、「平成29年度第21回「図書館を使った調べる学習コンクール」」について、コンクールの一層の普及を目的として、地域コンクールを新規に開設する事業への助成を公募することを発表しました。

1件あたり助成金の上限は100万円で、助成金の対象者は2017年度に地域コンクールを開催する必要があります。

現在ウェブサイトで募集要項が公開されています。

・一次募集
受付開始:2016年9月8日~
助成先決定:2016年12月中旬

・二次募集
受付開始:2017年1月5日~
助成先決定:2017年3月中旬

・地域コンクール開催申請締切
2017年6月30日

というスケジュールが予定されています。

助成事業(図書館振興財団)
https://www.toshokan.or.jp/jyosei/

平成29年度地域コンクール助成チラシ
https://www.toshokan.or.jp/wp-content/uploads/2016/08/h29regionalcontest-grant-broucher.pdf

平成29年度コンクール助成募集要項

オーストラリア図書館協会、同協会の作成した資料の情報ポータル“READ”を公開

2016年8月30日、オーストラリア図書館協会(ALIA)が、同協会の作成した資料の情報ポータル“READ”を公開しました。

READは“Resources, Electronic and Archived Documents”の略で、ALIAの年報、会議資料、トレンドレポート、基準やガイドライン、政策文書、アドヴォカシーガイド、計画支援、政府へ提出した意見書など300件のアイテムのほか、同協会のHealth Libraries Australia Groupの1970年代までに遡るニュースレターや報告書などを検索・閲覧することができます。

システムは、ダブリンコアによるメタデータ記述、米国議会図書館(LC)の件名標目、コンテンツマネジメントシステムのDrupalを用いて構築されています。

ALIAでは情報資源のカタログ化や、より多くの情報のポータルへの搭載のための支援を求めています。

READ ALIA - New ALIA open access information hub(ALIA,2016/8/30)
https://www.alia.org.au/media-releases/read-alia-new-alia-open-access-information-hub

READ(ALIA)

第8回日中韓文化大臣会合で、「2016済州宣言」が採択される:東アジアで続くオリンピック・パラリンピックに合わせたスポーツと文化の融合イベントの共同実施などを盛り込む

韓国の済州島で開催されていた「第8回日中韓文化大臣会合」において、2016年8月28日、「2016済州宣言」が採択されました。

同宣言では、

・2018年の平昌大会(韓国・冬季)、2020年東京大会(日本・夏季)、2022年北京大会(中国・冬季)と東アジアで続くオリンピック・パラリンピックに合わせて、スポーツと文化の融合イベントを3カ国共同実施するため協力していくこと

・東アジア文化都市として今年日本からは京都を新たに選定すること(東アジア文化都市=3カ国から選定された都市が、都市間交流を含む文化芸術事業を集中的に実施し、東アジア域内の相互理解の形成を促進する事業)
※韓国は大邱広域市、中国は長沙市

などが盛り込まれています。

「2016済州宣言 採択」~日中韓の文化芸術分野を通した連携強化へ~(文部科学省,2016/8/28)
http://www.mext.go.jp/b_menu/activity/detail/2016/20160828.htm

한·중·일, 동·하계올림픽 때 문화올림픽도 개최(韓国・文化体育観光部,2016/8/29)
http://www.mcst.go.kr/web/s_notice/tv/tvView.jsp?pMenuCD=0307010000&pSeq=1295

参考:

山形ビエンナーレ2016:山形県立図書館を含む複合施設「遊学館」でもイベントを開催

2016年9月3日から9月25日まで、山形市中心市街地で2年に1回実施される「山形ビエンナーレ2016」(東北芸術工科大学主催)が開催されますが、山形県立図書館を含む複合施設「遊学館」でも各種イベントが行なわれます。

9月10日には、遊学館の1階ロビーにて、ブックカフェ・6次元のナカムラクニオ氏による、「山形×本」をテーマとした1日限りの本のフェス「本の市 ブックトープフェス」行なわれ、ナカムラクニオ氏・森岡書店店主の森岡督行氏・『d design travel 山形』編集長の空閑理氏・エア書店「いか文庫」の粕川ゆき氏等による「山形×本」の可能性を語るトークイベント「ブックトープトーク~街と本の幸福論」、ワークショップ、本のマルシェなどが実施されます。

9月24日には、山形県立図書館を会場に、詩人・和合亮一氏による連投詩イベント『詩ト詩ト語ル/夜ノ図書館デ詩ノ灯リヲサガソウ』が行われます。

イベント日程(山形ビエンナーレ2016)
https://biennale.tuad.ac.jp/calendar

市プロジェクト(山形ビエンナーレ2016)
https://biennale.tuad.ac.jp/ichi

参考:
E1823 - 本のある広場からの発信:Book!Book!Okitama2016

指宿市立図書館(鹿児島県)、地域包括支援センターと連携して認知症等に関する展示、講座等を開催

2016年9月1日から30日まで、指宿市立図書館で、地域包括支援センターと連携し、認知症に関する本やパネルなどを集めた特設コーナーが設置され、地域包括支援センターの認知症地域支援推進員がおすすめする本などが展示されています。

また、9月21日には指宿市立山川図書館で「認知症サポーター養成講座」が、9月29日には指宿市立指宿図書館で「認知症個別相談会」が開催されます。

なお、「地域包括支援センター」は、保健師や介護保険の専門職である「主任ケアマネジャー」、社会福祉士が配置され、高齢者やその家族が介護等について相談したり、介護予防ケアプランの作成などを行うことができる、高齢者の生活を支援するセンターです。

Facebook(指宿市立図書館, 2016/8/30)
https://www.facebook.com/ibusukitosyo/posts/679399688874489

関連:
地域包括支援センター(新)(指宿市, 2016/2/19)
https://www.city.ibusuki.lg.jp/main/kenko/koureisya/koureisya/page003359.html

地域包括支援センターとは何ですか。(指宿市, 2016/2/17)

ニューヨーク市地下鉄、乗客に電子書籍を提供

2016年8月28日、ニューヨーク州都市交通局(MTA)、ニューヨーク市地下鉄の乗客向けに無料でWi-Fiを提供するTransit Wireless、Penguin Random Houseの3者が提携し、ニューヨーク市地下鉄の乗客向けに電子書籍を提供するサービス“Subway Reads”を開始しました。期間限定(8週間)のサービスとなります。

短編小説5タイトルと175タイトルの抜粋版が提供されます。

ウェブサイトが開設されており、30分間、20分間、10分間と、読書時間ごとに地下鉄の乗車時間にあわせて作品を選ぶことができます。

ニューヨーク市地下鉄では、2016年中に278の全ての駅でWi-Fiを提供する予定となっており、現在提供されている175の駅全てで電子書籍をダウンロードすることができます。

Subway Reads
http://www.subwayreadsny.com/

Governor Cuomo Announces Special "Subway Reads" Promotion to Celebrate Wi-Fi in More Than 175 Stations(MTA, 2016/8/28)

沖縄県公文書館、『沖縄県公文書館 20年のあゆみ』をウェブサイトで公開

沖縄県公文書館が、同館ウェブサイトで『沖縄県公文書館 20年のあゆみ』を公開しました。

同館は2015年8月1日に開館20周年を迎えています。

『沖縄県公文書館 20年のあゆみ』を掲載しました(沖縄県公文書館)
http://www.archives.pref.okinawa.jp/publication/2016/08/20-3.html
http://www.archives.pref.okinawa.jp/aboutopa/沖縄県公文書館20年のあゆみ.pdf

沖縄県公文書館が『沖縄県公文書館20年のあゆみ』を発行(ブログもんじょ箱,2016/8/29)
http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/2016/08/20-7.html

参考:
E1657 - デジタル・アーカイブズによる琉球政府文書の利用促進
カレントアウェアネス-E No.277 2015.03.05
http://current.ndl.go.jp/e1657

E1404 - 米国統治時代の沖縄関係資料の現地収集及びウェブ公開の意義

熊本市立図書館、東松島市図書館(宮城県)から贈られた応援メッセージ等を展示

2016年8月23日から11月6日まで、熊本市立図書館で、宮城県の東松島市図書館で作成された、200名からの応援メッセージを貼付した寄せ書きが展示されています。

東日本大震災発生後、2011年7月に、熊本市が東松島市図書館に移動図書館車を貸与し、図書2,500冊と応援メッセージを添えたしおり13,770枚を寄贈したことへの恩返しの意味もこめたものとのことです。

【報道資料】東松島市から200人応援メッセージが届きました(熊本市, 2016/8/25)
http://www.city.kumamoto.jp/hpKiji/pub/detail.aspx?c_id=5&id=13544&class_set_id=3&class_id=535
http://www.city.kumamoto.jp/common/UploadFileDsp.aspx?c_id=5&id=13544&sub_id=1&flid=89695
※2つ目のリンクは2016/8/24付けの報道提供資料(PDFファイル)です。

熊本市立図書館
http://www2-library.kumamoto-kmm.ed.jp/
※2016/8/23付で「図書館からのお知らせ」に「東松島市から200人応援メッセージが届きました!」とあります。

8月 29日

大阪市立住吉図書館、一日限りの銭湯テーマパーク「すみよし湯ズニーランド」で、絵本の展示と読み聞かせを実施:プレイベントでは銭湯の思い出を書き綴ることができるコーナーも設置

2016年10月10日に、大阪市の住吉区民センターで開催される一日限りの銭湯テーマパーク「すみよし湯ズニーランド」で、大阪市立住吉図書館が絵本の展示と読み聞かせを実施します。

「すみよし湯ズニーランド」は、音楽ライブやお化け屋敷イベントを行ったりする同区内の銭湯・朝日温泉が主催するイベントです。

9月18日には、プレイベントとして、住吉図書館で、「「住吉の引き出し」no.2〈三代目が語る〉お風呂屋今昔物語」として、戦前から戦後にかけての銭湯の様子や、面白エピソードや豆知識などに関するトークイベント(50名、当日先着順)が開催されます。当日は、銭湯に関する図書の展示を行うとともに、大阪市立図書館事業「思い出のこし」の一環として住吉の銭湯の思い出を書き綴ることができるコーナーも設けられます。

Facebook(すみよし湯ズニーランド)
https://www.facebook.com/events/961173883958912/

Facebook(朝日温泉)
https://www.facebook.com/1023865977623709/photos/a.1097878446889128.1073741829.1023865977623709/1255684904441814/?type=3&theater

2015年度に山口県下の公立図書館が実施した「山口県内図書館連携イベント 図書館で知る やまぐちの幕末・維新」の報告書が公開

2016年8月28日、山口県立山口図書館のウェブサイトで、2015年度に山口県内の公立図書館が「幕末・維新」を統一テーマとして実施した、「図書館で知る やまぐちの幕末・維新」事業の報告書が公開されました。

公立図書館が設置されている18市町のうち、17市町の図書館と県立山口図書館が関連行事を実施し、報告書では各館が行った行事の名前と内容、期間などが紹介されています。

「山口県内図書館連携イベント報告書」を作成しました。(山口県立山口図書館, 2016/8/28)
http://library.pref.yamaguchi.lg.jp/node/1402

宮崎県で、「日本一の読書県」を目指したキャッチフレーズ・ロゴデザインの県民投票が実施中

子どもから大人まで、生涯にわたって読書に親しむ環境づくりを推進することで、「日本一の読書県」を目指す様々な取組を始めている宮崎県が、県民が本に身近に触れ、読書に親しむ機運の醸成を図るために、本を読んでみたくなるような印象に残るキャッチフレーズを決めるための県民投票を行っています。

投票期間は2016年9月16日までで、4つの候補案があり、ネット上で投票ができるほか、宮崎県立図書館など県内の公立図書館・公民館等の図書室に備え付けの投票用紙でも投票ができます。

「日本一の読書県」を目指したキャッチフレーズ・ロゴデザイン県民投票について(宮崎県立図書館,2016/8/26)
http://www2.lib.pref.miyazaki.lg.jp/index.php?key=bbcnbjjhc-287#_287

神奈川県、「県立図書館の再整備に関する意見交換会」の開催結果を公表

神奈川県は、「県立図書館の再整備に向けた基本的な考え方(素案)」について説明し、意見を聞くために、2016年7月14日と7月16日に実施した「県立図書館の再整備に関する意見交換会」の開催結果を公表しています。

当日の配布資料や意見交換で出た意見などが公開されています。

神奈川県立の図書館 県立2館からのお知らせ
http://www.klnet.pref.kanagawa.jp/
※「「県立図書館の再整備に関する意見交換会」開催結果が公開されました。(8/28up)」とあります。

「県立図書館の再整備に関する意見交換会」開催結果について(神奈川県)
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f534863/

「まちライブラリーブックフェスタ2016 in 関西」の実施報告書が公表される

2016年4月16日から5月15日まで「本と人に出会い、まちに出よう!」をテーマに、関西地区(大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山、徳島)で開催れた「まちライブラリーブックフェスタ2016 in 関西」の実施報告書が公表されました。

まちライブラリーブックフェスタ報告書を公開しました(まちライブラリー,2016/8/25)
http://machi-library.org/what/detail/2342/

参考:
【イベント】まちライブラリーブックフェスタ2016in関西(大阪ほか・4/16-5/15)
Posted 2016年3月15日
http://current.ndl.go.jp/node/31013

米国国立公文書館、ソーシャルメディア戦略の改訂案を公表し、意見を募集

米国国立公文書館(NARA)は、2010年12月に公表したソーシャルメディア戦略の改訂案““National Archives Social Media Strategy 2017-2020”を公表し、2016年9月16日まで意見を募集しています。

2010年の戦略を受けて、同館では、14の異なるプラットフォームの130のアカウントを開設しており、2015年には2億5千万の閲覧がありましたが、この6年間でのデジタル世界の変容を受け、新しいニーズに対して取組み、現在の利用者や利害関係者との関係を維持するために改訂を行なったものです。

Rebooting the Social Media Strategy for the National Archives(NARA,2016/8/25)
https://narations.blogs.archives.gov/2016/08/25/rebooting-the-social-media-strategy-for-the-national-archives/

National Archives Social Media Strategy 2017-2020
http://usnationalarchives.github.io/social-media-strategy/

ページ