アーカイブ - 2017年 8月 22日

徳島大学附属図書館蔵本分館、講習会「徳島県立総合看護学校生におくるよくわかる文献探しの進め方 in 徳大」を開催

徳島大学附属図書館蔵本分館が、2017年9月7日に、徳島県立総合看護学校生を対象に、講習会「徳島県立総合看護学校生におくるよくわかる文献探しの進め方 in 徳大」を開催します。

参加費は無料ですが、参加には事前の申し込みが必要で、定員は20人程度です。

「徳島県立総合看護学校生におくる よくわかる文献探しの進め方 in 徳大」を開催します[蔵本分館](徳島大学附属図書館,2017/08/22)
http://www.lib.tokushima-u.ac.jp/news/news17/2017082201.html
http://www.lib.tokushima-u.ac.jp/news/news17/pdf/2017082201.pdf

【イベント】第1回 SPARC Japan セミナー2017「図書館員と研究者の新たな関係:研究データの管理と流通から考える」(9/13・東京)

2017年9月13日、国立情報学研究所において、第1回 SPARC Japan セミナー2017「図書館員と研究者の新たな関係:研究データの管理と流通から考える」が開催されます。

図書館員と研究者が、研究データをいかに管理・流通させていくかという視点を共有し、そこからもたらされる両者の新たな関係について考えることを目的としています。

参加費は無料ですが、事前の申し込みが必要で、定員は60人です。
動画中継も行われる予定です。

第1回 SPARC Japan セミナー2017「図書館員と研究者の新たな関係:研究データの管理と流通から考える」(SPARC Japan)
http://www.nii.ac.jp/sparc/event/2017/20170913.html
http://www.nii.ac.jp/sparc/event/2017/pdf/20170913_flyer.pdf

国際図書館連盟、図書館でのデジタルコンテンツのライセンス利用に関する文献レビューを公開

2017年8月21日、国際図書館連盟(IFLA)の“Advisory Committee on Copyright and other Legal Matters”が依頼し、Svetlana Yakovleva氏により作成された文献レビュー“Literature review on the use of licensing in library context, and the limitations this creates to access to knowledge”が公開されました。

図書館におけるライセンス利用、及び、そのことが知識情報にアクセスする際にもたらす制限に関する文献のレビューで、理論分析から図書館でのライセンス業務に関する実態調査までの文献に目が通されています。そして、図書館での著作権ライセンスと関係する主な制限事項を特定し、それがデジタルコンテンツの利活用にどのように影響を与えるかを提示しています。

また、文献レビューには、図書館においてデジタルコンテンツの利活用が制限される実例を挙げたインフォグラフィックが添付されています。

米国デジタル公共図書館、モンタナ州のサービス・ハブからのコンテンツの提供を開始

2017年8月21日、米国デジタル公共図書館(DPLA)は、モンタナ州のサービス・ハブ(州単位で複数機関のデータを集約する連携先)である“Big Sky Country Digital Network”(BSCDN)からのコンテンツの提供を開始したと発表しています。

“Big Sky Country Digital Network”は、モンタナ州立図書館、モンタナ歴史協会、モンタナ大学、モンタナ州立大学が運営しており、公開されたコンテンツには、グレイシャー国立公園に関する写真コレクション、作家・アイバンドイグ(Ivan Doig)のアーカイブコレクション、地図コレクションなどが含まれます。

Big Sky Country Digital Network Collections Now Discoverable in DPLA!(DPLA,2017/8/21)
https://dp.la/info/2017/08/21/montana-service-hub-discoverable-in-dpla/

【イベント】知的障害の方のための読書支援サポート講座(9/22・生駒、9/29、10/6・桜井)

文部科学省科学研究費助成事業「公共図書館における知的障害者のための合理的配慮のあり方に関する研究」研究委員会が主催し、奈良県の生駒市図書館と桜井市立図書館が共催する「知的障害の方のための読書支援サポート講座」が、2017年9月22日に生駒市図書会館(生駒市図書館)、9月29日と10月6日に桜井市立図書館で開催されます。

知的障害のある方が読書を楽しみ、必要な情報を得ることができるように、知的障害についての理解を深め、わかりやすい資料の提供やサービスについて学ぶものです。

内容は以下の通りで、全講座の受講者には修了証が授与されますが、1日単位の受講も可能です。

9月22日 
・図書館の障害者サービスと知的障害の方
・わかりやすい本と視聴覚資料協会情報センター参与・野村美佐子)

9月29日 
・知的障害の方との関わり方 
・本の紹介と読み聞かせ(実習付き)

10月6日 
・代読の方法その1・その2(実習付き)

参加費は無料ですが、事前に各館に申し込む必要があります。
(9月22日分については当日受付可能)

上越市役所(新潟県)第2庁舎火災により、3,300冊以上の公文書ファイルに被害

地元メディアが、新潟県の上越市役所第2庁舎で2017年8月6日未明に発生した火災により、3,300冊以上の公文書ファイルに被害が出たことを報じています。

2017年8月21日に開催された上越市議会全員協議会で明らかにされたもので、8月18日現在、被害を受けたファイルは、全部焼損が819冊、一部焼損が1,900冊、一部水損が591冊となっており、同市の公文書センター職員が被害を受けた公文書の修復作業を行なっているとのことです。

公文書ファイル3310冊被害 上越市役所第2庁舎の火災で(上越タウンジャーナル,2017/8/21)
https://www.joetsutj.com/articles/90128637

公文書3300冊以上被害 上越市役所第2庁舎火災(新潟日報,2017/8/22)
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20170822341803.html