アーカイブ - 2017年 8月 29日

フランス・ラオン=レタップ公共図書館によるサードエイジの住民の孤立化を防ぐ取組(文献紹介)

2017年8月19日から8月25日までポーランドのヴロツワフで開催された第83回世界図書館情報会議(WLIC)・国際図書館連盟(IFLA)年次大会でのポスター発表資料として、国立高等情報科学図書館学校(enssib)のアレクサンドラ(ORLANDO, Alexandra)氏によるポスター“Fight against isolation of third aged people : a purpose for the Raon l'Etape public library in a little town in Vosges, France”が公開されています。

フランス東部ヴォージュ県にあるラオン=レタップ(Raon l'Etape)公共図書館による、サードエイジ(リタイア後の健康で活発な時期)の住民の孤立化を防ぐための取組を紹介するものです。

米国図書館協会、ハリケーン・ハービーの被害を受けたテキサス州で、州図書館協会や州立図書館と連携し、救援活動を支援

2017年8月28日、米国図書館協会(ALA)は、ハリケーン・ハービーの被害を受けたテキサス州のメキシコ湾岸地域で、図書館による救援活動を支援していることを発表しています。

ALAでは、地域の図書館と連携して救援活動を実施している、テキサス図書館協会(TLA)やテキサス州立図書館を支援しており、ALAの会員に対しても、募金や情報提供を通じて支援するよう呼びかけています。

ALA, library community work to support Hurricane Harvey recovery efforts(ALA,2017/8/28)
http://www.ala.org/news/member-news/2017/08/ala-library-community-work-support-hurricane-harvey-recovery-efforts

COAR Asia、“Asia OA Meeting - 2017”をネパール・カトマンズで開催

オープンアクセスリポジトリ連合(COAR)の地域コミュニティであるCOAR Asiaが、2017年12月5日と6日に、ネパールのカトマンズにおいて“Asia OA Meeting - 2017”を開催すると発表しています。

Asia OA Meeting - 2017(COAR)
https://www.coar-repositories.org/community/asia-oa/asia-oa-meeting-2017-kathmandu-nepal-december-5-6-2017/

参考:
E1898 - COAR Asia オープンアクセスサミット<報告>
カレントアウェアネス-E No.322 2017.03.23
http://current.ndl.go.jp/e1898

米・イェール大学バイネッキ貴重書・手稿図書館、慶応義塾大学名誉教授・高宮利行氏旧蔵の中世英語の写本コレクションの展覧会を開催

米・イェール大学のバイネッキ貴重書・手稿図書館が、中世英語の写本の展覧会“Making the Medieval English Manuscript: The Takamiya Collection in the Beinecke Library”を2017年9月1日から2017年12月10日まで開催します。

慶応義塾大学名誉教授・高宮利行氏が40年間にわたって集めたコレクションで、2013年に高宮氏が同館に納めたものです。

詩人・チョーサーの写本、哲学者・ボエティウスの「哲学の慰め」、詩人・ラングランドの「農夫ピアズの幻」、中世英語におる医学写本等が含まれます。

米国博物館・図書館サービス機構(IMLS)、ネイティブ・アメリカンとネイティブ・ハワイアンのための図書館サービス支援プログラムに400万ドルを助成

2017年8月23日、米国の博物館・図書館サービス機構(IMLS)は、ネイティブ・アメリカンとネイティブ・ハワイアンのための図書館サービス向上をサポートする3つのプログラムで、合計215件、約400万ドルを助成することを発表しました。

IMLSは、ネイティブ・アメリカンとネイティブ・ハワイアンのための図書館サービスの支援を長年継続しています。助成を通じて、教育や情報アクセス、職業訓練の機会を拡大するための組織を支援してきました。今回助成の対象となるプログラムは、以下の3つです。

ネイティブ・アメリカンの部族やアラスカの先住民等のコミュニティを対象に、Native American Library Services Basic grantsとして195件、合計約145万ドルが拠出されます。とくに同年度のBasic grantsの中から表彰された16件には、Native American Library Services Enhancement grantsとして合計約206万ドルが助成されます。また、ネイティブ・ハワイアンのために活動するNPOを対象に、Native Hawaiian Library Services grantsとして4件、合計約56万ドルが助成されます。