アーカイブ - 2018年 10月

10月 17日

【イベント】シンポジウム「日本大学文理学部におけるビジュアル・メディアの収集と活用〜実例から見る修復、保存、管理、公開における課題と未来〜」(10/27・東京)

2018年10月27日、日本大学文理学部キャンパスにおいて、シンポジウム「日本大学文理学部におけるビジュアル・メディアの収集と活用〜実例から見る修復、保存、管理、公開における課題と未来〜」が開催されます。

今回のシンポジウムは、同学文理学部資料館の展示会「形象化された〈満・蒙〉-日本大学文理学部所蔵ビジュアル・メディアを中心として-」の関連事業として実施されます。

内容は以下の通りです。参加費は無料で事前申込は不要です。

日本大学文理学部におけるビジュアル資料の収集と研究および公開の紹介
「資料の収集について」
松重充浩氏(日本大学文理学部史学科教授)
「資料の保存について」
溝井慧史氏(日本大学文理学部資料館学芸員)
「資料の展示について」
竹ノ内悠氏(日本大学文理学部情報科学研究所研究員)

米・LYRASIS、オープンソースの博物館等向けコレクション管理ツール“CollectionSpace”の開発に関し、120万ドルの助成を獲得

2018年10月16日、米国の図書館ネットワークLYRASISが、オープンソースの博物館等向けコレクション管理ツール“CollectionSpace”の開発のため、アンドリュー・W・メロン財団から120万ドルの助成を獲得したことを発表しています。

助成金は、モバイル端末対応、API、あらゆる種類のコレクションに対応可能なカスタマイズの開発に用いられるとしています。

Press Release: LYRASIS Receives $1,200,000 Grant from The Andrew W. Mellon Foundation to Support Further Development of CollectionSpace(LYRASIS,2018/10/16)
http://lyrasisnow.org/lyrasis-receives-grant-to-support-collectionspace/

2018年度「地方創生レファレンス大賞」の最終審査候補3事例及び奨励賞が発表される

2018年10月30日に第20回図書館総合展のフォーラム内で最終審査が行われる、今年で4回目の「地方創生レファレンス大賞」の最終審査候補に選ばれた3事例が、10月17日発表されました。

最終審査候補は以下の3事例です。

・「熊本地震から日本一の銭湯へ」(くまもと森都心プラザ図書館)

・「映像資料による郷土の魅力再発見」(利用者/岡山県立図書館)

・「議会図書室発の政策形成力の強化」(呉市議会図書室(広島県))

また、今回新設された奨励賞には以下の3事例が選出されています。

・「信州の山の魅力を発信!」(塩尻市立図書館(長野県))

・「シラベルでNPOの組織力向上」(チーム・シラベル)

・「清澄庭園の成り立ち」(江東区立東陽図書館(東京都))

【発表】地方創生レファレンス大賞:最終審査ノミネートおよび奨励賞(図書館総合展,2018/10/17)
https://www.libraryfair.jp/news/7748

韓国国立中央図書館(NLK)、ローマ・ラ・サピエンツァ大学東洋学部図書館に韓国資料室を開室

韓国国立中央図書館(NLK)は、2018年10月16日に、イタリアのローマ・ラ・サピエンツァ大学の東洋学部図書館に韓国資料室“Window on Korea”を開設したと発表しました。

同大学には、2001年に韓国学の学部・修士・博士の課程が設置され、約400人の学生が学んでいます。

設置作業は、在イタリア韓国大使館と韓国文化院が協力して実施し、韓国語の学習教材、韓国の歴史・文学関連書、映画・音楽資料等2,873点の資料が備えられています。

今後、NLKでは、同室に対し、毎年200冊、5年で1,000冊程度の韓国関連資料を継続的に提供するとしています。

聯合ニュースの記事によると、同室の設置は、NLKと同大学東洋学部の協定に基づくもので、イタリア国内では初、世界的には、25か国27室目の開室となります。また同記事によると、開室式典に出席した韓国・文化体育観光部長官は、翌17日にバチカン図書館を訪問し、図書館所蔵の韓国関連資料の共同調査について議論する予定とのことです。

東京大学史料編纂所、「中世記録人名索引データベース」に『後深心院関白記』『碧山日録』『上井覚兼日記』のデータを追加

2018年10月16日、東京大学史料編纂所が、同所が運営する「中世記録人名索引データベース」に、『後深心院関白記』『碧山日録』『上井覚兼日記』のデータを追加したと発表しました。

今年度のニュース&トピックス(東京大学史料編纂所)
http://www.hi.u-tokyo.ac.jp/news/news-j.html
※2018/10/16欄に「中世記録人名索引データベースに、『後深心院関白記』『碧山日録』『上井覚兼日記』のデータが追加されました。」とあります。

@UTokyo_HI(Twittter,2018/10/16)
https://twitter.com/UTokyo_HI/status/1052031413082415104

10月 16日

国立国会図書館、『調査と情報-ISSUE BRIEF-』で米・英・独・仏における公文書管理の監視・統制についてのレポートを公開

国立国会図書館の調査及び立法考査局は、2018年10月16日、『調査と情報-ISSUE BRIEF-』シリーズのNo.1017として、「公文書管理の監視・統制―米英独仏における制度―」を公開しました。

米・英・独・仏における公文書管理制度、公文書管理に対する監視体制、公文書管理に関する罰則等について概要がまとめられています。

公文書管理の監視・統制―米英独仏における制度―(PDF: 451KB)
http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_11168210_po_IB1017.pdf?contentNo=1

参考:
国立国会図書館、『調査と情報-ISSUE BRIEF-』で行政機関における文書管理についてのレポートを公開
Posted 2018年2月27日
http://current.ndl.go.jp/node/35560

Europe PMC、新インタフェースのベータ版公開を開始

2018年10月11日、Europe PMCが、新インタフェースのベータ版公開を開始したことを発表しました。

今回のインタフェース改修は2017年に実施した、12人の研究者を対象とする文献検索に関する日記式調査の結果に基づいて行われたものとのことです。検索結果ページで、従来は一度に一つしか選択できなかった絞り込みフィルターを同時に複数選択できるようになったこと等に加え、文献詳細ページで本文がオープンアクセスの場合は本文まで閲覧できたり、図を一覧できる機能等が追加されています。

Announcing new Europe PMC Beta!(Europe PMC、2018/10/11付け)
http://blog.europepmc.org/2018/10/europepmc-beta.html

国際図書館連盟(IFLA)、“IFLA Global Vision Ideas Store”へのアイデア応募期限を延長

国際図書館連盟(IFLA)は2018年9月26日付の記事で、図書館員から“Global Vision”実現のためのアイデアを募るウェブサイト“IFLA Global Vision Idea Store”へのアイデア応募期限を2018年10月31日まで延長することを発表しています。

Your ideas matter! Contribute to the Ideas Store before 31 October(IFLA, 2018/9/26)
https://www.ifla.org/node/81764

IFLA Global Vision Idea Store
https://ideas.ifla.org/

Springer Nature、オープンデータバッヂに関するパイロットを開始

2018年10月8日、Springer Nature社はデータ共有の習慣を研究者に奨励することを目的に、データ共有についての基準を満たした論文にオープンデータバッヂを付与するパイロットプログラムを開始したと発表しました。

同プログラムでは、データの可用性について論文中に明記されており、どこからデータにアクセスできるかが示されていること、データセットが公開リポジトリに登録されていること、DOI等の恒久的識別子がデータセットに付与されていること等の基準を満たした論文がバッヂ付与の対象となります。パイロットプログラムはBMC Microbiology誌を対象に実施され、最初のバッヂは2018年9月半ばに付与されたとのことです。

AIを利用して論文の要約を自動生成するサービス“Paper Digest”がDigital Science社の“Catalyst Grant Award”を受賞

2018年10月9日、Digital Science社は、AIを利用して論文の要約を自動生成するサービス“Paper Digest”を最新の“Catalyst Grant award”に選出したと発表しています。

“Paper Digest”は、オープンアクセスの論文を対象に、3分以下で読める要約をシングルページで生成するサービスです。2018年10月16日現在、同サービスのウェブサイトで公開されているベータ版は無償で使用することができます。

Digital Science Announces New Catalyst Grant Winners(Digital Science,2018/10/9)
https://www.digital-science.com/press-releases/digital-science-announces-new-catalyst-grant-winners-2/

オープンアクセス学術出版協会(OASPA)が設立から10周年を迎える

オープンアクセス学術出版協会(OASPA)が2018年10月14日で設立10周年を迎えしました。OASPAのブログに10周年を迎えての記事が掲載されています。

同団体は2008年10月14日、当時のOpen Access Day(現在はOpen Access Weekに拡大)に設立されました。

OASPA Turns 10(OASPA、2018/10/15付け)
https://oaspa.org/oaspa-turns-10/

参考:
「オープンアクセスの日」にオープンアクセス学術出版社協会が発足
Posted 2008年10月15日
http://current.ndl.go.jp/node/9061

【イベント】立教大学司書課程主催公開シンポジウム「アーカイブズの最新トレンド2018」

2018年11月12日、立教大学池袋キャンパスにおいて、同大学司書課程主催の公開シンポジウム「アーカイブズの最新トレンド2018」が開催されます。

開催案内によれば、Mary Louise Smith Iowa Women's Archivesのキュレーター・Kären M. Mason 氏、Gap社のシニアアナリスト・Cassie Findlay 氏という大学附属アーカイブズ・企業アーカイブズそれぞれのリーダーを招き、最先端の優れたアーカイブズについての実践報告を受けた上で、国際的なトレンドを検討するとのことです。

公開シンポジウム 「立教大学司書課程主催 アーカイブズの最新トレンド2018」(立教大学)
https://www.rikkyo.ac.jp/events/11/mknpps000000m4h9.html

【イベント】第3回 SPARC Japan セミナー2018「オープンアクセスへのロードマップ: The Road to OA2020」(11/9・東京)

2018年11月9日、東京都千代田区の国立情報学研究所(NII)で、第3回 SPARC Japan セミナー2018「オープンアクセスへのロードマップ: The Road to OA2020」が開催されます。

OA2020について、基本的な理念やオープンアクセス(OA)に至るまでのロードマップなどを参考にしながら、日本における最適なOAモデルへの移行方法を考えるきっかけとなる情報共有の場を提供することを目的としています。

参加費は無料ですが、定員は70人で、事前の申込が必要です。申込受付は10月26日開始の予定です。当日は動画中継も予定されています。

主な内容は次のとおりです。

・OA2020について(仮)
Ralf Schimmer氏(Head of Information Provision, Max Planck Digital Library)

・日本におけるOAの推進について(1)(仮)
大隅典子氏(東北大学副学長/附属図書館長/医学部・医学系研究科教授)

・日本におけるOAの推進について(2)(仮)
市古みどり氏(慶應義塾大学三田メディアセンター事務長/JUSTICE運営委員会委員長)

HathiTrust、10周年を迎える

HathiTrustは2018年10月13日で10周年を迎え、これまでの10年間を振り返る記事を投稿しています。

記事では、HathiTrustは現在140以上の会員機関で構成されており、1,600万以上のアイテムを保存していると述べられています。事業開始当時に関する記事やプレスリリース類を紹介しているほか、年ごとに出来事をまとめたタイムラインも公開しています。

@hathitrust(Twitter,2018/10/14)
https://twitter.com/hathitrust/status/1051175208260907009

HathiTrust Celebrates 10 Years: 2008-2018(HathiTrust)
https://www.hathitrust.org/hathitrust-celebrates-10-years-2008-2018

東京大学大学院法学政治学研究科附属近代日本法政史料センター、宮武外骨蒐集資料をオンラインで公開

2018年10月11日、東京大学大学院法学政治学研究科附属近代日本法政史料センターが、同センターの明治新聞雑誌文庫で所蔵する宮武外骨蒐集資料(パンフレット資料)を、学術資産アーカイブ化推進室の協力により、IIIFに準拠してオンラインで公開しました。

明治新聞雑誌文庫初代主任宮武外骨の手稿、蒐集したパンフレット類を中心として整理された資料群です。

東京大学大学院法学政治学研究科附属近代日本法政史料センター明治新聞雑誌文庫所蔵宮武外骨蒐集資料
https://iiif.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/repo/s/gaikotsu/page/home
※お知らせ欄に「2018年10月11日:画像公開を開始しました。」とあります。

韓国国立中央図書館(NLK)、韓国研究財団と連携し、研究者を対象とした国際標準名称識別子(ISNI)申請窓口を開設

2018年10月15日、韓国国立中央図書館(NLK)が、韓国の研究支援機関である韓国研究財団と連携し、研究者を対象とした国際標準名称識別子(ISNI)申請窓口を開設すると発表しました。

研究者は、韓国研究財団が運営する「韓国研究業績統合情報システム」にアクセスして登録の後、申請すればISNIが付与されます。

ISNI番号が付与された研究者の、「韓国研究業績統合情報システム」に登録された全ての学術成果は、NLKとISNI国際機関の管理するデータに即時反映されます。

이제는 연구자가 직접 신청한다…국립중앙도서관 ISNI (NLK,2018/10/15)
http://www.nl.go.kr/nl/commu/libnews/article_view.jsp?board_no=9802&notice_type_code=3&cate_no=4

【イベント】第2回東京大学学術資産アーカイブ化推進室主催セミナー「かわいい子には旅をさせよ ― デジタルアーカイブとオープンデータ―」(11/22・東京)

2018年11月22日、東京大学福武ホールにおいて、第2回東京大学学術資産アーカイブ化推進室主催セミナー「かわいい子には旅をさせよ ― デジタルアーカイブとオープンデータ―」が開催されます。

オープンデータに関するこれまでの経緯や動向、データの公開には欠かせないライセンスに関する講演のほか、研究活動におけるデータ活用の事例を紹介し、データをオープンに公開することについてディスカッションを行うものです。内容は以下の通りです。定員は120人です。

・はじめに
開会の挨拶
東京大学デジタルアーカイブズ構築事業の進捗状況

・講演1
「オープンサイエンスとオープンデータ」
武田英明氏(国立情報学研究所 情報学プリンシプル研究系)

・講演2
「デジタル・アーカイブのライセンシング:クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの意義と拡大適用問題」
渡辺智暁氏(慶應義塾大学 大学院政策・メディア研究科特任准教授,クリエイティブ・コモンズ・ジャパン理事長)

・講演3
「歴史研究におけるデータ利活用事例」
福田真人氏(東京大学大学院人文社会系研究科 博士課程, Tokyo Digital History(ToDH)メンバー)

【イベント】日本学術振興会人文学・社会科学データインフラストラクチャー構築プログラムシンポジウム「データの活用による人文学・社会科学の飛躍的発展」(10/20・東京)

2018年10月20日、東京都港区の政策研究大学院大学において、日本学術振興会人文学・社会科学データインフラストラクチャー構築プログラムシンポジウム「データの活用による人文学・社会科学の飛躍的発展」が開催されます。

ロバート・パットナム教授(ハーバード大学)の講演とパネル討論により、人文学・社会科学におけるデータを研究者と社会が共有することの意義について改めて考えることを目的として開催されるものです。

対象は、人文学・社会科学に関わる研究者(特にデータを活用し研究を実施している者)、学生、研究組織の責任者、URA、事務職員、図書館職員、データアーキビスト、省庁関係者、民間助成財団関係者等で、参加費は無料ですが、定員は250人(要事前申込)です。

日本学術振興会 人文学・社会科学データインフラストラクチャー構築プログラム シンポジウム―データの活用による人文学・社会科学の飛躍的発展―(日本学術振興会)
https://www.jsps.go.jp/kadai/symposium/20181020-1.html

10月 15日

福井県立図書館において、「没年調査ソンin福井 第2回」が開催(11/23・福井)

2018年11月23日、福井県立図書館において、「没年調査ソンin福井 第2回」が開催されます。

主催は、自主勉強会県庁アゴラ「チーム福井ウィキペディアタウン」です。国立国会図書館(NDL)での没年調査について学んだあと、福井県立図書館が所蔵する郷土資料等を利用してひたすら調査が行われます。調査対象は、NDLのデジタル化資料の著作者で、没年が不明または没年調査を行っていないもののうち、福井県にゆかりのある人物です。

没年調査ソン in福井 第2回(11/23金曜日・祝日)(Facebook)
https://www.facebook.com/events/2270808766486608/

参考:
福井県立図書館において、「没年調査ソンin福井」が開催(5/26・福井)
Posted 2018年5月15日
http://current.ndl.go.jp/node/36000

埼玉県教育委員会、点字司書の採用選考実施を発表

2018年10月11日、埼玉県教育委員会は、平成31年度4月1日付採用予定者の採用選考の一部として、点字司書の採用選考を行うことを発表しました。

採用予定者数は「点字司書1名」、職務内容は「主に視覚障害者を対象とした図書館司書業務」とあり、受験資格の一つとして「点字による出題及び解答に対応できる人」という要件が盛り込まれています。

平成30年度埼玉県点字司書採用選考の実施について(埼玉県, 2018/10/11)
https://www.pref.saitama.lg.jp/a0001/news/page/2018/1011-05.html

埼玉県教育委員会では、点字司書として勤務する職員の採用選考を実施します。(埼玉県, 2018/10/11)
https://www.pref.saitama.lg.jp/e2201/tenjisisyo-saiyou.html

ページ