アーカイブ - 2018年 2月 23日

日付

Springer Nature社の雑誌掲載論文へのORCID idを義務化するトライアルの結果(記事紹介)

2018年2月21日付けのORCIDのブログで、Springer Nature社が同社の46誌を対象に2017年4月から6か月間実施した、ORCID idを義務化するトライアルの結果を同社の担当者が報告しています。

記事では、義務化を拒否する著者はおらず、研究コミュニティからの反応は肯定的と判断でき、また、同社の14のNature系の雑誌では、論文の受理時にORCID idを提供した責任著者の割合が試験期間中37%から96%に増加したこと(100%とならなかったのは技術的な問題)に加え、トライアル対象外のNature系の雑誌でも26%から45%へ増加したことや、同社のBMCやSpringer系の雑誌では、ORCID idについて責任著者と共著者をわけて追跡することができなかったものの、トライアルに参加した雑誌のORCID id付与率の増加が、義務化していない他の雑誌と比較すると2.5倍速かったことが紹介されています。

また、Nature系の雑誌では、トライアル開始とともに原稿追跡システム(Manuscript Tracking System)上で新しいユーザアカウントとORCIDとをリンクする割合が増加したことも紹介されています。

LODチャレンジJapan 2017の受賞作品が発表:データセット部門最優秀賞は「小倉百人一首LOD」

2018年2月22日、LODチャレンジ実行委員会がLODチャレンジJapan 2017の受賞作品を発表しました。
アプリケーション部門、データセット部門、アイディア部門、ビジュアライゼーション部門、基盤技術部門の5つの部門に加えて、テーマ賞、プラチナスポンサー賞、ゴールドスポンサー賞、パートナー賞の受賞作品が発表されました。

データセット部門最優秀賞には、千葉大学附属図書館の高橋菜奈子氏による「小倉百人一首LOD」が選ばれました。百人一首のデータをLOD化したもので、かるた遊びや坊主めくり等のゲーム作成に必要な情報をデータ化し、歌に詠まれた名所の位置情報や古典籍のオープンデータ等とリンクしています。また、テーマ賞のオープンサイエンス賞には京都府立図書館で勤務する司書による職場内学習グループししょまろはんによる「没年調査ソン」が選ばれています。

2018年3月10日には、慶應義塾大学にて開催される「LODチャレンジ2017シンポジウム-つながるオープンデータ最新事例大集合-」で授賞式および受賞作品のデモ展示が行われます。

米・カリフォルニア大学サンディエゴ校図書館、米国の学生運動の記録の保存等に関する取組“Project STAND”に参加

2018年2月22日、米・カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)図書館が、2018年1月から、米国の学生運動に関する記録の保存と理解を深めるための取組“Project STAND”に参加したことを発表しています。

同プロジェクトは、2016年秋に米・オハイオ州の研究機関により創設され、現在では、イリノイ大学、ミシガン大学など20の大学が参加しており、歴史的に疎外されたコミュニティーに関して問題意識を持つ学生グループによる運動を記録化した一次資料のデジタル化と分析に焦点を当てて活動しています。

UC San Diego Library Joins Project STAND: Archiving Student Activism at Universities and Colleges across the Nation(UCSD Library,2018/2/22)
http://libraries.ucsd.edu/blogs/blog/uc-san-diego-library-joins-project-stand/

カナダ研究図書館協会(CARL)、ケベック州の大学連合BCIと研究データ管理・電子情報保存に関する協力協定を締結

2018年2月22日、カナダ研究図書館協会(CARL)は、ケベック州の大学連合である“Bureau de coopération interuniversitaire” (BCI)と、カナダの研究コミュニティーにおける研究データ管理と電子情報保存へのニーズに関する地域的・国家的課題に関して協力協定を締結したと発表しています。

CARL and BCI Reach Agreement for the Advancement Research Data Management and Digital Preservation in Canada(CARL,2018/2/22)
http://www.carl-abrc.ca/news/carl-bci-rdm-agreement-feb-2018/

筑波学院大学、附属図書館で期間限定のカフェを運営:食のビジネスモデルに関するプロジェクトの成果

茨城県つくば市の筑波学院大学が、同大学の附属図書館において期間限定のミュージアムカフェ「おいしいミュージアム」を、2018年2月20日から3月10日まで運営しています。

茨城県の地方創生推進交付金「いばらき創業10,000社プロジェクト事業」に選定されたことを受けて立ち上げられた食のプロジェクトの成果です。

大学をミュージアムとする構想の一環として、ライブラリー(図書館や博物館)と食材・アートを融合させた、地域の人たちが集まる空間を演出する試みであり、学生が「地域デザイン学芸員」として地域の食材を発掘し、図書館のラーニングコモンズを発展させて、市民が集う図書館カフェとして開業させたものです。

会場には、関連書籍を展示する本棚も設置されています。

静岡市立中央図書館、地元高校出身の声優による閉館アナウンスを開始

2018年2月21日、静岡市立中央図書館が、地元の静岡高校出身の声優・小野友樹氏による閉館アナウンスを、3月1日から1年間実施すると発表しています。

各日の閉館30分前から4回流れます。

静岡高校出身の声優、小野友樹さんによる閉館アナウンスが流れます!(静岡市立図書館,2018/2/21)
http://www.toshokan.city.shizuoka.jp/index.php?action=pages_view_main&active_action=journal_view_main_detail&post_id=1135&comment_flag=1&block_id=412#_412