アーカイブ - 2018年 9月 25日

米ジョンズ・ホプキンス大学図書館に勤める英国籍研究者、就労ビザが更新されず米国を退去せねばならない事態に

2018年9月24日付けのInside Higher Educationの記事で、米国ジョンズ・ホプキンス大学図書館にDigital Scholarship Specialistとして雇用されていた英国籍のTamsyn Mahoney-Steel氏が、同大学が就労ビザの更新手続きを行わない判断を下したことで、米国を退去せねばならない事態に陥ったことを紹介しています。

記事によれば、Mahoney-Steel氏は2015年に3年間のH-1B(特殊技能職)ビザを取得し、同大学に就職しました。同氏は博士号を持っており、ジョンズ・ホプキンス大学におけるデジタル人文学の立ち上げ等を担っていたとのことです。しかし2018年6月にビザの更新手続きを大学に依頼したところ、トランプ政権下で状況が変わり、Mahoney-Steel氏の業務ではH-1Bビザは認められないと判断され、更新手続きは行われませんでした。

Mahoney-Steel氏は配偶者が米国市民であるため、市民権を得ることも可能でしたが、経済的理由により今まで手続きを行っていませんでした。

金沢市立金沢海みらい図書館で「図書館で過ごす時間を豊かにする椅子Ⅲ」展が開催中:金沢美術工芸大学の学生が同館のデザイン・シチュエーションに合った椅子を考案

石川県の金沢市立金沢海みらい図書館で、2018年9月22日から10月9日まで「図書館で過ごす時間を豊かにする椅子Ⅲ」展が開催されています。

金沢美術工芸大学製品デザイン専攻3年生の学生21名により制作された椅子21脚が展示されています。

椅子の制作に当たっては、図書館利用者へのアンケート調査や観察を行い、同館の建築デザインとシチュエーションに合った椅子が考察されています。

同イベントは今年で3年目で、同館で行われるのは今年で最後となります。

9/22(土)~図書館で過ごす時間を豊かにする椅子Ⅲ(金沢市図書館,2018/9/11)
https://www.lib.kanazawa.ishikawa.jp/index.php?action=pages_view_main&ac...

むかわ町立穂別図書館(北海道)、ボランティアにより復旧作業中

平成30年北海道胆振東部地震の被害を受けた北海道のむかわ町立穂別図書館においてボラティアにより行われている復旧作業が、地元のポータルサイトで紹介されています。

2018年9月14日からの作業で3万冊の図書の整理が進んでいますが、同館は、全ての本棚が倒壊、破損し再開の目途が立っていません。本の貸し出しを希望する場合は、同館まで連絡するよう依頼しています。

むかわ町民ポータルサイト・ポム
http://pomu.town.mukawa.lg.jp/dd.aspx?moduleid=1002&_PickUp_para=15#modu...
※「過去の新着情報」に、「穂別図書館へも沢山のボランテイアが応援 2018年09月17日」「穂別図書館・ボランテイアの力で整理が進む 2018年09月18日」「むかわ町立穂別図書館からのお知らせ 2018年09月25日」があります。

図書館問題研究会、「有害図書」に関する2つのアピールをウェブサイトに掲載

2018年9月24日、図書館問題研究会は、2018年9月10日の全国委員会で決定した2つのアピール、「『有害図書』指定の拡大に反対するアピール」と「出版物への消費税軽減税率の適用を求めるとともに、『有害図書』の自主規制に反対します」をウェブサイトに掲載しました。

「『有害図書』指定の拡大に反対するアピール」は滋賀県や北海道において、性的な表現のある著作物そのものではなく、その研究所に対し有害図書指定がなされたことを受けて出されたもので、有害図書指定の拡大に強く反対するとともに、有害図書指定を行う審議会の議事録作成・公開や、都道府県立図書館における有害図書指定された資料へのアクセス確保を要望するものとなっています。

「出版物への消費税軽減税率の適用を求めるとともに、『有害図書』の自主規制に反対します」は、文書名のとおり、図書・雑誌・新聞への軽減税率導入の要望と、導入する場合に「有害図書」を業界団体が自ら規定し、除外する自主規制の動きへの反対を表明するものです。

米国物理学会(APS)、物理学に関する統制語彙PhySH (Physics Subject Headings)を公開

2018年9月11日、米国物理学会が物理学に関する新たな統制語彙PhySH (Physics Subject Headings)を公開しました。SKOSによって定義された実体と関係を用いた、RDFの形式で提供されています。

PhySHはAPSの雑誌や会議等で用いるために作成されたもので、すでにAPS発行の雑誌ではPhySHの付与も始まっていますが、長期的にはより広いコミュニティで利用されることを想定しているとのことです。物理学のための完全にオープンな、高品質のスキーマを提供することを企図しており、CC0ライセンスの下で自由に利用することができます。

PhySH Now Publicly Available(APS)
https://journals.aps.org/edannounce/physh-now-publicly-available

PhySH - Physics Subject Headings(APS)
https://physh.org/