アーカイブ - 2019年 3月 29日

大阪府立中之島図書館、「おおさかeコレクション」の「中之島図書館貴重書」収録のデジタル画像をカラーに一新したことを発表

2019年3月28日、大阪府立中之島図書館は、「おおさかeコレクション」の「中之島図書館貴重書」収録のデジタル画像をカラーに一新したことを発表しています。

お知らせ(大阪府立中之島図書館)
https://www.library.pref.osaka.jp/site/nakato/index-2.html
※2019年3月28日付けのお知らせに「「おおさかeコレクション」の「中之島図書館貴重書」のデジタル画像をカラーに一新しました」とあります。

おおさかeコレクション(大阪府立図書館)
https://www.library.pref.osaka.jp/site/oec/

国立国会図書館、NDLラボで「次世代デジタルライブラリー」を公開

2019年3月29日、国立国会図書館(NDL)は、NDLラボで「次世代デジタルライブラリー」を公開しました。

NDLの次世代システム開発研究室が開発したデータベースであり、「キーワードで探す」では資料の全文検索が、「絵で探す」では自動で抽出された各資料の画像・図版の中から似たものを探すことが可能である等、実験的な機能を備えています。

検索対象となる資料は、国立国会図書館デジタルコレクションで提供している資料の中から、著作権の保護期間が満了、 かつ、日本十進分類(NDC)6類(産業)に分類される資料の一部(10,550点)であり、今後、資料の追加が予定されています。

なお、動作確認は最新のChrome及びFirefoxで行っており、Internet Explorerでは動作しません。

「次世代デジタルライブラリー」を公開しました(NDLラボ, 2019/3/29)
https://lab.ndl.go.jp/cms/node/78

次世代デジタルライブラリー
https://lab.ndl.go.jp/dl/

国立国会図書館、日本関係外国語図書の書誌情報(試行版)データセットを公開

2019年3月29日、国立国会図書館(NDL)は、日本関係外国語図書の基本的な書誌情報の試行版データセットをオープンデータとして公開しました。日本語関係外国語図書とは以下の資料を指します。

・日本や外国で刊行された、日本に関する外国語の図書
・著者が日本人または日系人等の外国語の図書

データセットにはNDLが2015年から2017年に作成した書誌情報のうち、資料の特定によく用いられる項目(タイトル、著者、出版地、出版者、出版年、ISBN、言語コードなど)が含まれます。なお、図書の本文は含まれません。

2019年3月29日 日本関係外国語図書の書誌情報(試行版)データセットを公開しました。(NDL, 2019/3/29)
https://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2018/190329_01.html

メンテナンス作業のお知らせ(2019/4/2(火)19:00~20:00ごろ)

2019年4月2日(火)の19時から20時頃にかけて、「カレントアウェアネス・ポータル」のメンテナンス作業を実施するため、サイトに接続できなくなります。作業が終了次第お知らせいたします。

ご迷惑をおかけしますがどうぞご了承ください。

CA1950 - 研究文献レビュー:公共図書館のビジネス支援サービス / 滑川貴之

 国内の公共図書館(以下「図書館」)では、2000年前後からビジネス支援サービスへの積極的な取り組みが実施され、そのサービス内容も多様化し、事業報告も増加してきた。本稿では、図書館のビジネス支援サービスについて、先行文献から研究動向を把握するだけでなく、そのサービスの実態を明らかにすることを目的としたい。

CA1949 - レーザーディスクのデジタル化に向けた国立国会図書館の取組み / 本田伸彰

 国立国会図書館(NDL)では図書や雑誌など紙媒体の資料等に加え、再生環境の旧式化や媒体自体の劣化が危惧されるアナログ形式の録音・映像資料のデジタル化を進めている。録音資料のカセットテープやソノシートに続き(E2057参照)、2016年度からは映像資料であるレーザーディスク(1)(LD)のデジタル化(2)の検討を開始し、2018年度から本格的にデジタル化に着手した(3)

CA1948 - 第12回アジア太平洋議会図書館長協会(APLAP)大会 / 春原寛子

 東はキリバスから西はトルコまで、南はニュージーランドから北はモンゴルまで、広大なアジア及び太平洋地域にある40の国・地域の議会図書館長等が参加する組織が、「アジア太平洋議会図書館長協会(Association of Parliamentary Librarians of Asia and the Pacific : APLAP(アプラップ))」である。

文化庁、「文化財の多言語化ハンドブック」「文化財を活用したユニークべニューハンドブック」を公開

2019年3月27日、文化庁が、全国の自治体担当者や文化財所有者を対象に作成した「文化財の多言語化ハンドブック」「文化財を活用したユニークべニューハンドブック」をウェブサイトで公開しました。

「文化財の多言語化ハンドブック」は、文化財の多言語化の普及啓発を目的としたもので、文化財の多言語化を進めている自治体がどのような点に留意しながら多言語化を行っているのか具体事例を紹介しています。

「文化財を活用したユニークべニューハンドブック」は文化財を活用したユニークべニュー(会議・レセプションを開催することで特別感や地域特性を演出できる歴史的建造物や文化施設)について、、メリットや注意点等を全国各地の事例とともに紹介したもので、活用する際に必要となる各種手続きもまとめられています。

冊子版は全国の自治体及び文化財所有者などに配布されます。

CA1947 - 奈良大学図書館における日本考古学協会図書の受贈事業について / 森垣優輝

 奈良大学は奈良市山陵(みささぎ)町に立地し、2学部6学科(通信教育1学科)と大学院2研究科4専攻から成る、収容定員2,456人(通信教育1,600人)の私立大学である。1969年の開学当時は同じ奈良市の宝来町にあったが、1988年に現在の校地へ移転した。図書館は校地の南東にあって、北館、南館の2つの建物で構成されており、地上3階地下2階、蔵書規模は約55万冊である。所蔵資料は文化財、歴史、文学の各分野が特に多く、市場に流通せず一般には入手困難な発掘調査報告書や、奈良関係資料が充実しているのが特色である。また、全体の9割以上は開架方式をとっていて、利用者が多くの資料を自由に閲覧可能な環境を整備している。

CA1946 - 韓国の公共図書館の多文化サービス-プログラム事例を中心として- / 廣田美和

 ここ数年、日本の在留外国人数(中長期在留者及び特別永住者)は増加しており、2017年末には約256万2,000人(全人口比約2%)と過去最高を記録した。国籍・地域別に見るとベトナム、ネパール、インドネシアが大きく増加し、構成比も変化している(1)。しかし、日本の公共図書館における多文化サービスの現況は、日本図書館協会が行った「多文化サービス実態調査2015」によると、「全体としては足踏み状態が続いている状況」である(E1900参照)(2)

CA1945 - 近年の公立図書館による出版活動の概要:定期刊行物を中心に / 武田和也

 清須市立図書館(愛知県)が地元出身の漫画家のインタビュー記事を広報誌に掲載して話題となったのは記憶に新しい(1)。公立図書館(以下「図書館」)では、図書館だよりといった広報誌や、年報等の事業報告書に加え、古くから、地域の古文書・古記録の翻刻刊行や(2)、地域資料に関する索引の作成(3)、戦争体験の記録化(4)、叢書の出版(5)等の多様な出版活動を行ってきた。そのことは、地域の記憶の発掘・記録化や、郷土資料の活用促進等において重要な役割を果たしてきたといえるだろう。その他、実施事業や職員による調査研究の成果、所蔵資料の紹介・翻刻等を掲載する『紀要』を出版する事例も見受けられる(6)。近年では、「地域情報の発信」「新たな蔵書の創出」「メディアとしての図書館」「地域住民との連携」等の観点から、奈良県立図書情報館『ナラヲヨム』(2005年-)(7)・伊丹市立図書館ことば蔵(兵庫県)『伊丹公論』(2013年-)(8)・東近江市立図書館(滋賀県)『そこら』(2014年-)(9)・大多喜町立大多喜図書館天賞文庫(千葉県)『あてら』(2016年-)(10)(括弧内の西暦は創刊年。記載は創刊年順。以下同じ。以下の事例で、継続前誌がある場合はその創刊年。タイトルは継続後誌を採用。廃刊したものは廃刊年も記載)といった小冊子・フリーペーパーを発行する図書館が注目されてきている(11)

CA1944 - 図書館総合展の20 年 / 今井福司

 図書館総合展は年1回10月または11月に開催される、日本の図書館業界では最も大規模な入場無料のトレードショーである(1)。公共図書館・自治体、大学・研究組織、企業・専門機関といった各種図書館関係者だけでなく、学生や一般の来場者も訪れるこのイベントは1999年に始まり、2018年で20周年(第20回)を迎えた。本稿では、図書館総合展の20年について、各種の記録(2)を踏まえながら論じていく(3)

国際図書館連盟(IFLA)、「国際マーケティング賞2019」の受賞館を発表

2019年3月28日、国際図書館連盟(IFLA)の管理・マーケティング分科会が、「国際マーケティング賞2019」の受賞館を発表しました。

同賞は、創造的で結果重視のマーケティングプロジェクトや、図書館・情報サービス産業の宣伝キャンペーンを実施した組織を表彰するものです。

1位にはカナダ・ブリティッシュコロンビア大学(UBC)図書館による「デジタル塗り絵キャンペーン(2018 UBC Library Digital Colouring Books Campaigny)」が選ばれました。

最終候補館であった、フィンランド・ヴァンター市図書館の“Taskukirjasto tutuksi/ Bring Pocket Library to Light”が第2位、オーストラリア・サンシャインコースト図書館の“Story Seat ー 10 seats, 10 stories, 10 parks”が第3位に選ばれています。

あわせて上位10館に選ばれた、残りの7館(スペイン・カナダ・ロシア・ジンバブエ・中国・オーストラリア)も発表されています。

奈良文化財研究所、庭園史家・森蘊(もりおさむ)旧蔵資料の目録を公開

2019年3月28日、奈良文化財研究所が、庭園史家・作庭家の森蘊(もりおさむ)旧蔵資料の目録を公開したと発表しています。

森蘊氏の遺族より自宅に所蔵されていた資料の寄贈を受けた同研究所の文化遺産部遺跡整備研究室により整理が行われ、一般刊行物については、すでに同研究所のOPACに登録されていますが、今回公開された目録は、「森蘊 旧蔵資料」と名付けられた、旧蔵資料のうちの手書きや青焼きの図面、スケッチ、レベルブック、原稿、書簡、メモ、写真、ネガ、冊子、雑誌などの資料を含むものです。

森蘊 旧蔵資料 目録の公開(奈良文化財研究所 なぶんけんブログ,2019/3/28)
https://www.nabunken.go.jp/nabunkenblog/2019/03/moriosamu.html

京都大学図書館機構、貴重資料コレクション「中井家絵図・書類 儀式之部」に含まれる天皇の即位に関する絵図4点を京都大学貴重資料デジタルアーカイブで公開

2019年3月29日、京都大学図書館機構は、所蔵する貴重資料コレクション「中井家絵図・書類 儀式之部」に含まれる天皇の即位に関する絵図4点を京都大学貴重資料デジタルアーカイブで公開したと発表しています。

「中井家絵図・書類」は、江戸幕府京都大工頭の中井家に伝えられた資料群で、江戸時代の桜町天皇(在位1735年から1747年)、後桜町天皇(在位1762年から1771年)の即位に関する絵図が公開されました。

今回の資料のデジタル化・公開は、「京都大学貴重資料デジタルアーカイブ基金」への寄付金により実施されました。

天皇即位の儀式が色鮮やかに描かれた「中井家絵図・書類」をデジタル化・公開しました(京都大学図書館機構,2019/3/29)
https://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/bulletin/1381607

熊本県立図書館、新たな運営基本方針等を策定

2019年3月28日、熊本県立図書館が、新たな運営基本方針等を策定し公表しました。

策定されたのは、「熊本県立図書館の新たな運営基本方針~知恵と力を生み出す「知の拠点」へ~」及び「新たな運営基本方針を具現化するための中期行動計画(第1次)」の2種類です。

県立図書館の新たな運営基本方針等について(熊本県立図書館,2019/3/28)
https://www2.library.pref.kumamoto.jp/index.php?action=pages_view_main&active_action=journal_view_main_detail&post_id=252&comment_flag=1&block_id=1969#_1969