アーカイブ - 2019年 5月 31日

SAGE社、社会科学分野の研究影響力の評価指標に関する報告書を公開

2019年5月23日、SAGE社は社会・行動科学(SBS)における研究影響力の評価指標に関する報告書“The Latest Thinking About Metrics for Research Impact in the Social Sciences”の公開を発表しました。この報告書は、伝統的な文献の引用回数による研究影響力評価は、政策や実践、市民への影響力を捉えきれていないという問題意識の下、SAGE社がスローン財団(Alfred P. Sloan Foundation)、Altmetric社、スタンフォード大学行動科学先端研究センター、米国社会科学研究会議等の代表者を招いて実施した2019年2月のワークショップの要点をまとめた内容となっています。

カナダの出版団体BookNet Canada、図書館利用と図書の購入の関係性について調査した報告書を公開

2019年5月28日、カナダの出版団体BookNet Canadaが、調査報告書“Looks at the Intersection of Library Use and Book Buying in Canada”を公開しました。

図書館利用と図書の購入の関係性について調査したもので、2018年の1年間を通じ、英語を話す18歳以上のカナダ人を対象にオンライン調査で行われました。 

・本を購入し図書館でも借りる人のほうが、図書館を全く利用しない人よりも、月平均でより多くの本を購入すること
・図書館で本を借りる人の41%が過去1年間に紙媒体の図書を、12%が電子書籍を、4%がオーディオブックを購入したこと
・図書館で本を借りる人は、過去1年間に少なくとも1冊は読書をしたカナダ人の平均よりオーディオブックをよく利用していること、
・図書館で本を借りる人は、毎日もしくは週に数回本を読む傾向があり、読書をする人の平均より読む頻度が高いこと
・読むための本を探すにあたって公共図書館は4番目に人気があること

等が指摘されています。

デジタルアーカイブジャパン実務者検討委員会、「第二次中間取りまとめ」を公表

内閣府知的財産戦略推進事務局に事務局を置く、デジタルアーカイブジャパン実務者検討委員会が、「第二次中間取りまとめ」(2019年4月付)を公表しています。

実務者検討委員会第二次中間取りまとめ(平成31年4月)[PDF:6.31MB]
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/digitalarchive_suisiniinkai/jitumusya/2018/torimatome2.pdf

【イベント】公開フォーラム「図書館と書店が支える山梨の読書」(6/23・甲府)

2019年6月23日、山梨県立図書館において、公開フォーラム「図書館と書店が支える山梨の読書」が開催されます。

NPO・本の学校が開催する「本の学校 春講座2019 in やまなし」の一環として開催するものであり、図書館と地域書店が連携して山梨の読書を支える取り組みである「やま読」の活動や本の楽しみについて、山梨県立図書館長の金田一秀穂氏、朗月堂書店代表の須藤令子氏、山梨県立都留高等学校司書の山崎誠也氏によるパネルディスカッションが行われます。

参加無料、定員200名(事前申込制、2019年6月1日から受付開始)とあります。

「平成30年7月豪雨」の被害を受け休館していた宇和島市立簡野道明記念吉田町図書館(愛媛県)が再開

2019年5月31日付けの愛媛新聞の記事で、同日から、「平成30年7月豪雨」の被害を受け休館していた宇和島市立簡野道明記念吉田町図書館(愛媛県)が再開することが紹介されています。

簡野道明記念吉田町図書館が再開(47NEWS, 2019/5/31)
https://www.47news.jp/localnews/prefectures/ehime/3620160.html

【イベント】国際シンポジウム「カタログ・レゾネ──デジタル時代のアーカイヴとドキュメンテーション」(7/10・東京)

2019年7月10日、東京都台東区の国際西洋美術館が、同館において、国際シンポジウム「カタログ・レゾネ──デジタル時代のアーカイヴとドキュメンテーション」を開催します。

19世紀フランス美術に関するカタログ・レゾネ編纂拠点として世界的に有名なウィルデンスタイン・プラットナー研究所と国立西洋美術館による共催です。

デジタル時代において一層の重要性を増しつつあるカタログ・レゾネ(特定の芸術家や美術館、コレクションの全作品を網羅した書物)に着眼点を置きつつ、その編纂過程で重要な役割を果たすアーカイヴ資料、ドキュメンテーション資料について多様な視点から考察するシンポジウムです。美術史研究の視点からアプローチすることで、従来アーカイヴの文脈では等閑視されてきた新しい論点の提示を試みるとしています。

料金は無料ですが、定員は先着90人(事前の申し込みが必要)です。

内容は以下の通りです。

・エリザベス・ゴレイエブ氏(ウィルデンスタイン・プラットナー研究所所長)
「ウィルデンスタイン・プラットナー研究所──デジタル世代に向けての新しいカタログ・レゾネとアーカイヴ調査」

ジャパンリンクセンター(JaLC)、「JaLCコンテンツ検索」画面を公開

2019年5月29日、ジャパンリンクセンター(JaLC)が、「JaLCコンテンツ検索」画面を公開しました。

会員、非会員を問わず利用可能で、検索画面から「タイトル」「著者名(作成者名)」「DOI」を指定して検索することが可能です。

お知らせ(JaLC)
https://japanlinkcenter.org/top/news/index.html
※2019年5月29日欄に「JaLCコンテンツの検索画面を新規リリースしました。会員、非会員を問わず一般の方が利用いただける検索画面を公開します。」とあります。

JaLCコンテンツ検索
https://japanlinkcenter.org/app/pub/search/

国立情報学研究所(NII)、2020年以降の目録所在情報システム(CAT2020)の適用開始日を2020年6月1日と発表

2019年5月30日、国立情報学研究所(NII)は、「NACSIS-CAT/ILLの軽量化・合理化について(最終まとめ)」において2020年度第一四半期の予定としていた2020年以降の目録所在情報システム(CAT2020)の適用開始日を、2020年6月1日に決定したと発表しています。

また、現在公開している『目録情報の基準 第5版』(案)及び『目録システムコーディングマニュアル(改訂版)』(案)の確定版は今年度中に公開する予定としています。

CAT2020適用開始日(2020年6月1日)について(NII目録所在情報サービス,2019/5/30)
https://www.nii.ac.jp/CAT-ILL/2019/05/cat2020202061.html

埼玉県立熊谷図書館、「ビジネスライブラリカフェ2019地域で働く外国人の声を聴く」を開催

2019年7月7日、埼玉県立熊谷図書館が、クマガヤプレイスホールにおいて、「ビジネスライブラリカフェ2019地域で働く外国人の声を聴く」を開催します。

日本で働く外国人の方がどのような課題を抱えているのかを共有し、参加者それぞれの課題と対応策についても情報交換をしながら、解決につながるヒントをさぐる講座です。

会場内で関連資料の展示も行われます。

参加費は無料ですが、定員は先着20名までで、事前申込制です。

県立熊谷図書館「ビジネスライブラリカフェ2019地域で働く外国人の声を聴く」を開催します(埼玉県、2019/5/30)
http://www.pref.saitama.lg.jp/a0001/news/page/2019/0530-11.html