アーカイブ - 2020年 3月 9日

日付

台湾国家図書館、台湾における2019年の図書出版動向に関する報告書を公表

2020年3月7日、台湾国家図書館は、台湾における2019年の図書出版動向に関する報告書「108年臺灣圖書出版現況及其趨勢分析報告」を公表しました。同館のISBNセンターへの申請及びCIP(Cataloging in Publication)データの集計結果を基に、同館が毎年発表しているものです。

同館による報告書の概要紹介によると、2019年に図書を出版した出版者数は4,952、出版点数は36,810種であり、出版点数が37,000種を下回ったのは2010年以来とあります。また、電子書籍のISBNを申請した図書は1,591種で、全体の4.32%を占めていますが、2018年の4,340種から大きく減少しています。

翻訳書は9,632種で、全体の26.17%を占めており、そのうち日本からの翻訳が5,191種(翻訳全体の53.89%)で最も多く、次いで米国、英国、韓国の順となっています。なお、翻訳書のテーマ分類のうち最多となっているのは「マンガ」であり、翻訳書全体の25.09%を占めています。

ジャンル別に見ると、出版点数の減少が前年と比べ最も大きかったのは「小説」であり、2018年の4191種から694種減少し、3,497種となっています。一方、増加したジャンルとして「教科書」「試験用参考書」「マンガ」を挙げています。

ボーンデジタル資料へのアクセス提供方法に関する推奨事項等を記載した文書“Levels of Born-Digital Access”が公開される

英・電子情報保存連合(DPC)の2020年2月26日付けブログ記事において、電子図書館連合(DLF)のワーキンググループが2020年2月10日に“Levels of Born-Digital Access”の第1版を公開したことが紹介されています。

“Levels of Born-Digital Access”は、ボーンデジタル資料へのアクセス提供方法に関する推奨事項等を記載した文書です。アクセシビリティ、記述、研究者への支援、セキュリティ、利用できるツールという5つの領域を切り口として、各領域を3つのレベルに区分けするとともに、レベル毎に想定される具体的なアクションや参考資料を示しています。

“Levels of Born-Digital Access”冒頭の“Introduction”では、アーカイブ資料へのアクセス提供ではアクセスと保存のバランスを取ることが必要になるとし、保存とアクセスの相互関係を補強するために、本文書はデジタル保存に焦点を当てた他の資料との併用を意図しているとあります。そのような資料の例として、米・国家デジタル管理連盟(NDSA)のデジタル保存支援ツール“Levels of Digital Preservation”が挙げられています。

大分県立図書館、新型コロナウィルス感染拡大防止に伴う臨時休館期間に限り「宅配貸出サービス」(宅配図書館)を実施

2020年3月6日、大分県立図書館は、3月7日の午前9時から新型コロナウィルス感染拡大防止に伴う臨時休館期間に限り、「宅配貸出サービス」(宅配図書館)を開始することを発表しました。

大分県立図書館の「資料利用券」を持つ利用者がサービス対象で、通常貸出可能な図書を1人10冊まで貸出することができます。同館ウェブサイトからダウンロードした貸出申込書を郵送・FAXで送付、またはウェブサイト上の申込フォームから貸出を申し込むことができます。7日午前9時の受付開始後、準備の整った資料から順次発送されます。

貸出期間は原則として、宅配に要する期間を含め15日以内です。送料は利用者負担となります。資料を返却するためには、臨時休館の終了まで、同館のブックポストへの投函、または郵送・宅配便等で同館宛に返送する必要があります。

国立情報学研究所(NII)、情報学研究データリポジトリ(IDR)で「立命館ARC所蔵浮世絵データベース」のデータセットを提供:約1万1,000件の浮世絵の書誌情報等

2020年3月6日、国立情報学研究所(NII)は、情報学研究データリポジトリ(IDR)の「研究者等提供データセット」として、立命館大学から受け入れた「立命館ARC所蔵浮世絵データベース」の提供を開始したことを発表しました。

提供が開始されたデータセットには、立命館大学アート・リサーチセンター(ARC)所蔵の浮世絵約1万1,000件について、書誌情報(作品名、役者、版元、絵師、上演年等)や浮世絵基本情報掲載WebページのURL、サムネール画像と詳細画像のURLが収録されています。データはTSV形式でサイズは約5MBです。画像データは含まれていませんが、データセット内の画像URLにより、立命館大学ARCのウェブサイトから入手することができます。

同データセットは主に大学および公的研究機関等の研究者を対象として、研究目的(基礎技術開発を含む)での利用に限り提供されます。

「立命館ARC所蔵浮世絵データベース」提供開始(NII,2020/3/6)
https://www.nii.ac.jp/news/2020/0306.html

欧州研究図書館協会(LIBER)、シングルサインオン(SSO)認証実施のための10の推奨原則の草案を公開:パブリックコメントを募集中

2020年3月2日、欧州研究図書館協会(LIBER)は、LIBERの下に設置された「図書館の連携認証管理(Federated Identity Management For Libraries:FIM4L)」ワーキンググループがシングルサインオン(SSO)認証実施のための10の推奨原則の草案を公開し、パブリックコメントを募集していることを発表しました。

施設外から図書館のオンラインリソースへアクセスする際に用いられるSSOによる連携認証は、正しく設定されていない場合には、利用者のプライバシーを保護するという図書館の責任に相容れないものとなります。LIBERのFIM4Lワーキンググループは同草案を利用者のプライバシーを保護しながら、図書館と出版社がSSOによる連携認証の設定・管理をより容易に実施できるようにすることを目的に作成しました。

米・ユタ州立大学、ユタ州内の住民から収集した「オピオイド危機」に関する32件のインタビューの録音記録コレクションを同大学のデジタルアーカイブで公開

2020年2月28日、米・ユタ州立大学は、同大学の大学エクステンションと大学図書館が共同して、「オピオイド危機(opioid crisis)」に関するインタビュー録音記録のコレクション“Informing the National Narrative: Stories of Utah’s Opioid Crisis Digital Collection”を、同大学のデジタルアーカイブ“Digital History Collections”で公開したことを発表しました。

同コレクションは、米国で社会問題化している医薬品オピオイドの過剰摂取による死亡事故の急増等の「オピオイド危機」について、回復期にある患者・患者の家族・治療の提供者など、オピオイドの流行と関わりのあるユタ州内9郡の住民から収集した32件のインタビューの音声とトランスクリプトで構成されています。インタビューは同大学の職員らによって、2019年の6月から12月に行われ、精査済のトランスクリプトは2020年1月に完成しました。

米・カリフォルニア大学バークレー校図書館、同館のデジタルコレクションへのポータルサイト“Digital Collections”を公開

2020年3月5日、米・カリフォルニア大学バークレー校図書館が、同館の増え続けるデジタルコレクションへのポータルサイトとして、今週、“Digital Collections”を公開したと発表しています。

同サイトには、ロシアの女性作家のコレクション、日本の古地図、ラテンアメリカの雑誌、中国の政治的なポストカードのほか、地元のサンフランシスコ湾の湾岸地域に関する資料が含まれ、今回、同館との恒久的合意のもと、学生新聞であるThe Daily Californianの最新号の1年間のエンバーゴ期間を除いた創刊号からの全ての号が掲載されました。同館の同紙のコレクションには欠号があることから、それらへの対処については今後検討するとしています。

同サイトは、コレクション・年代・媒体によるフィルタリングが可能で、また、搭載されている文書・画像・音声・ビデオ・楽譜・地図はダウンロード可能なほか、OCR技術によってテキスト化もされています。

IIIFにも対応しています。

徳島大学附属図書館、クラウドファンディングによりデジタル化した古地図データを公開

2020年3月6日、徳島大学附属図書館が、2019年度に実施したクラウドファンディングによりデジタル化した古地図データを公開したと発表しています。

大明都城図・清二京十八省輿地全図・北京皇城図・中国全図・東亜大地図の5点をデジタル化撮影するとともに、大明都城図・北京皇城図・地球全図・地球全図 増補・阿波国那賀郡古毛村川欠地図・長川及岡川絵図の6点を公開したものです。

公開された資料は、今回撮影したものと撮影済で未公開だった資料の中から、ニーズが高いと思われる地図を、支援を受けた金額の範囲内で選択したものです。

クラウドファンディングにより古地図データを公開しました!(徳島大学附属図書館, 2020/03/06)
https://www.lib.tokushima-u.ac.jp/news/news19/2020030601.html

九州大学附属図書館、同館の「国際文庫」所収の戦前のアジア太平洋地域で撮影した文化的写真を中心とする写真資料を電子化公開

2020年3月6日、九州大学附属図書館が、同館の「国際文庫」に含まれる、戦前のアジア太平洋地域を中心とする写真資料を「九大コレクション」で電子化公開したと発表しています。

国際文庫は、戦前の九州帝国大学内に設置された国際文化事業団体である九州国際文化協会が蒐集した資料を、戦後に同大学の法学部が受け入れたコレクションで、写真資料は、同協会が主催し1940年2月に玉屋で開催された新興アジア文化写真展覧会において展示された写真184枚が中心です。

新興アジア文化写真展覧会は、当時の同学教員がアジア太平洋地域で撮影した文化的写真(学術、記録、風景、風俗等)を集めた展覧会で、農学部内にあった科学写真研究会(烏兎芻会、会長は江崎悌三教授)が中心となって運営・実施されたとしています。

国際文庫の戦前アジア太平洋地域を中心とする写真資料を公開しました(九州大学附属図書館, 2020/3/6)
https://www.lib.kyushu-u.ac.jp/ja/news/31848

新型コロナウイルス感染拡大防止のため臨時休館中の神奈川県立歴史博物館、特別展「井伊直弼と横浜」後期展示資料を紹介するページ「Webで直弼展」を公開

2020年3月7日、神奈川県立歴史博物館が「Webで直弼展」を公開しました。

同館では、2月8日から3月22日まで特別展「掃部山銅像建立110年 井伊直弼と横浜」を開催していますが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため3月4日から3月16日まで臨時休館となったため、展示期間の後期の展示資料から20点を選び紹介する特設ページを開設したものです。

新着情報(神奈川県立歴史博物館)
http://ch.kanagawa-museum.jp/news
※2020.03.07欄に「特別展「掃部山銅像建立110年 井伊直弼と横浜」特設ページを公開しました。」とあります。

Webで直弼展(神奈川県立歴史博物館)
http://ch.kanagawa-museum.jp/naosuke/

新型コロナウイルス感染拡大防止のため臨時休館中の八千代市立図書館(千葉県)、電子図書館利用のための臨時ID・パスワードを電話で発行

2020年3月5日、新型コロナウィルス感染拡大防止のため2020年2月29日から3月13日まで臨時休館中の千葉県の八千代市立図書館が、同館の電子図書館利用のため、暫定措置として、臨時ID・パスワードを電話で発行すると発表しました。

対象は、八千代市の住民もしくは通勤・通学者で利用の期限は4月2日までです。

八千代市電子図書館の臨時利用の開放をします(八千代市立図書館)
https://www.library.yachiyo.chiba.jp/opw/OPW/OPWNEWS.CSP?PID=OPWNEWSLIST&DB=LIB&MODE=1&LIB=&TKAN=0&CLASS=1&IDNO=100716

浅口市(岡山県)、新型コロナウイルス感染拡大防止のための市立小学校の臨時休業期間中、市立図書館において児童の緊急一時預かりを実施中

岡山県の浅口市が、新型コロナウイルス感染拡大防止のための市立小学校の臨時休業期間にあわせ、2020年3月4日から3月26日まで、市立図書館において児童の緊急一時預かりを実施しています。

対象は、放課後児童クラブを利用しておらず、家庭のやむを得ない事由によって、どうしても家庭で過ごすことができない児童(小学校1年生から6年生まで)です。

受入館は、鴨方図書館・金光さつき図書館・寄島図書館で、送迎については、保護者が行うこととしています。

浅口市立小学校における臨時休業期間中の児童の緊急一時預かり(浅口市, 2020/3/2)
http://www.city.asakuchi.lg.jp/kurashi/kyoiku/kinkyuitijiazukari.html