アーカイブ - 2020年 4月 21日

株式会社医学書院、2020年5月末までオンライン教材『系統別看護師(保健師)国家試験WEB法人サービス フルプラン』と『eナーストレーナー』のコンテンツを無料公開

2020年4月20日、株式会社医学書院は、自宅学習を余儀なくされる社会情勢が継続していることから、同社のオンライン教材『系統別看護師(保健師)国家試験WEB法人サービス フルプラン』と『eナーストレーナー』を2020年5月31日まで無料公開することを発表しました。

医学書院が公開した『系統別看護師(保健師)国家試験WEB法人サービス フルプラン』と『eナーストレーナー』は、ともに看護学生・看護師の学習・サポートツールとして活用可能な教材です。一部の管理機能の利用は制限されているものの、両教材の教育用コンテンツが無料公開されています。また、オンライン上に「利用ガイド」も準備されています。

『系統別看護師国家試験WEB法人サービス フルプラン』および『eナーストレーナー』無料公開のご案内(医学書院,2020/4/20)
http://www.igaku-shoin.co.jp/misc/notice_kokushi-enurse-free200420.html

独・アーロルゼン・アーカイブズ、ナチス政権の迫害に関する約2,600万点の文書をオンライン公開

2020年4月14日、ドイツのアーロルゼン・アーカイブズ(Arolsen Archives)は、約2,600万件の文書をオンライン公開したことを発表しました。

アーロルゼン・アーカイブズは、ホロコーストの記憶の継承を使命とするInternational Center on Nazi Persecutionが運営する、ナチス政権の迫害に関する世界で最も包括的なアーカイブです。所蔵文書はユネスコの「世界の記憶」にも登録され、点数は3,000万点以上にのぼります。今回ホロコーストの犠牲者約2,100万人の名前が記された約2,600万点の文書がオンライン公開され、アーロルゼン・アーカイブズの所蔵資料の大部分がオンライン上で利用可能になりました。

アーロルゼン・アーカイブズの文書のデジタル化は、イスラエルのヤド・ヴァシェム世界ホロコースト記憶センター(the World Holocaust Remembrance Center Yad Vashem)とともに取り組まれ、2019年5月に「世界の記憶」登録文書を含む約1,300万点の文書がすでにオンライン公開されています。

壬生町おもちゃ博物館(栃木県)、Facebookで「おも博 × トイストーリー × ナイトミュージアム!」を開催中

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため臨時休館中の、栃木県のおもちゃ博物館が、同館のFacebookで「おも博 × トイストーリー × ナイトミュージアム!」を開催しています。

地元紙の報道によると、館蔵のおもちゃを使ったミニストーリーを投稿するもので、夜の博物館の様子を再現するために懐中電灯の明かりで撮ったおもちゃの写真と3行ほどの短い文章、おもちゃの製造年などが掲載されています。

@mibutoymuseum
https://www.facebook.com/mibutoymuseum/

壬生町おもちゃ博物館
http://www.mibutoymuseum.com/

夜のおもちゃ何してる? 壬生・おもちゃ博物館がFBでナイトミュージアム(下野新聞, 2020/4/20)
https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/303220

米・プリンストン大学と京都大学、京都大学総合博物館蔵「淡輪文書」をデジタル化し各大学で公開:両大学による共同事業

米・プリンストン大学と京都大学との共同事業として、京都大学総合博物館蔵「淡輪(たんのわ)文書」がデジタル化公開されました。

2020年3月に正式に締結された、京都大学総合博物館、京都大学文学研究科、京都大学図書館機構及びTrustees of Princeton University on behalf of the Department of East Asian Studiesによる、京都大学総合博物館が所蔵する古文書のデジタルイメージの公開及び当該古文書の研究に関する協定によるものです。

同協定は、全世界において日本の歴史及び文化の知識及び理解が深められることを目的としています。

デジタル画像は、京都大学においては、「京都大学貴重資料デジタルアーカイブ」にて公開されています。

また、プリンストン大学では、東アジア研究部のコンラン(Thomas Conlan)教授の「古代・中世の日本史の史料」を受講する学生と聴講生が、同文書を翻訳し、ウェブサイトで公開しています。各文書の画像をクリックすると翻刻と翻訳を見ることができます。

韓国・大統領所属図書館情報政策委員会、新型コロナウイルス感染症に関する世界各国の図書館政策及び国内の公共図書館の運営状況(第2報)を発表

2020年4月17日、韓国・大統領所属図書館情報政策委員会が、同委員会がとりまとめた新型コロナウイルス感染症に関する各国の図書館にかかわる政策(4月16日付)、及び、文化体育観光部図書館政策企画団がとりまとめた、韓国国内の公共図書館の臨時休館や代替サービスの現状(4月9日付)について発表しました。

3月31日発表分に続く第2報です。

国内公共図書館の運営状況ですが、2月11日から現在までの間で臨時休館している館は1,141館中1,109館(97.2%)となっています。

また、4月9日午前9時現在、休館のため代替サービスを行っている館は877館(76.9%)で、行っているサービスとしては、

・貸出サービス:894館(78.4%)
スマート図書館(274館)、ドライブスルー(83館)、配達(185館)、予約貸出(206館)、地域書店希望図書貸出(146館)

・デジタル図書館:702館(61%)
電子書籍、オンラインコンテンツ、オーディオブック、録音図書の提供

・その他:402館(35%)
貸出期間の延長、電子展示会、オンライン講座等

があげられています。

国際図書館連盟(IFLA)、“Public Library of the Year Award 2020”の中止を発表

2020年4月20日、国際図書館連盟(IFLA)の図書館建物および設備分科会 (Library Buildings and Equipments)が、2020年世界図書館情報会議(WLIC)・IFLA年次大会の中止をうけて、“Public Library of the Year Award 2020”も中止すると発表しました。

そのかわり、今年の応募資格者にも次年度の“Public Library of the Year Award 2021”の応募資格を与えるとしています。

Public Library of the Year Award 2020 cancelled - but some good news too!(IFLA, 2020/4/20)
https://www.ifla.org/node/93022

新型コロナウイルス感染症による都道府県立図書館・政令指定都市立図書館・国立国会図書館への影響(第8報)

※(2020/6/8追記)
第11報(2020年6月8日午後4時時点の情報)を別記事として投稿しました。

新型コロナウイルス感染症による都道府県立図書館・政令指定都市立図書館・国立国会図書館への影響(第11報)
Posted 2020年6月8日
https://current.ndl.go.jp/node/41156

新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、臨時休館やイベントを中止している都道府県立図書館・政令指定都市立図書館があります。また、国立国会図書館でも臨時休館・サービスの縮小・イベントの中止が発生しています。
※2020年4月21日午後3時時点で図書館のウェブサイトに記載されている主な対応のみを掲載しています。
※今後、情報を追加する場合があります。
※静岡市立図書館、岡山市立図書館の情報を修正しました(2020/4/24)
※青森県立図書館、岩手県立図書館、三重県立図書館、鳥取県立図書館、徳島県立図書館、香川県立図書館の情報を修正しました(2020/4/27)。