アーカイブ - 2020年 4月

4月 27日

柏原市立図書館(大阪府)、同館Twitterに、SNSで質問を募集・回答できるサービス「質問箱」を設置

2020年4月25日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため臨時休館している大阪府の柏原市立図書館が、同館Twitterに、SNSで質問を募集・回答できるサービス「Peing-質問箱」を設置しています。

「こういうときはどんな本がおすすめ?」などの相談でも大丈夫で、全部は不可能かもしれないが、答えられる範囲で回答するとしています。

@kashiwara_lib(Twitter, 2020/4/25)
https://twitter.com/kashiwara_lib/status/1253869508239872000

軽井沢町立図書館(長野県)、FM軽井沢の番組内で児童向けの朗読を実施:Karuizawa Morning Salad「図書館からのおはなしの贈りもの」

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため臨時休館している長野県の軽井沢町立図書館が、2020年4月27日から5月6日まで、FM軽井沢の番組内で児童向けの朗読を行なっています。

Karuizawa Morning Salad内のコーナー「図書館からのおはなしの贈りもの」で、同館の中軽井沢図書館職員が朗読を担当します。

毎朝9:15分頃から約5分間です。

図書館からFM軽井沢を通しておはなしの贈りものを届けます(軽井沢町, 2020/4/24)
https://www.town.karuizawa.lg.jp/www/contents/1587710441044/index.html

文化庁、事務連絡「文化財所有者及び文化財保存展示施設設置者におけるウイルス除去・消毒作業に係る対応について」を発出

2020年4月23日付で、文化庁が、各都道府県・指定都市文化財行政主管部課長等宛の文化資源活用課長名の事務連絡「文化財所有者及び文化財保存展示施設設置者におけるウイルス除去・消毒作業に係る対応について」を発出しています。

技術的な相談窓口となっている東京文化財研究所(保存科学研究センター)のウェブサイトに掲載された事務文書によると、公開再開後等の対応でウイルス除去・消毒作業が必要になった際、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するために重要であるものの、消毒用の薬剤を文化財に直接散布すると文化財の劣化を引き起こすおそれがあるなど、文化財の保存の観点から注意が必要な場合があり、適切な対応が求められることから、文化財が所在する場所において消毒作業等の必要が生じ、専門的な助言等が必要な場合には、事前に文化庁の担当へ相談するよう求めています。

神戸市外国語大学学術情報センター、同大学の学生を対象に所蔵図書の郵送貸出と文献コピー郵送サービスを開始

2020年4月15日、神戸市外国語大学学術情報センターは、対面授業開始前の学修を支援するため、同大学在籍の学生を対象に、メール申込による所蔵図書の郵送貸出および所蔵雑誌のコピーの郵送サービスを開始しました。

同館は新型コロナウイルス感染症拡大を受けて休館中であり、郵送サービスは2020年4月15日から5月20日にかけて実施されます。

図書郵送貸出/文献コピー郵送サービスについて(学生限定・期間限定)(神戸市外国語大学, 2020/4/15)
http://www.kobe-cufs.ac.jp/library/news/post_45.html

図書郵送貸出サービスについて(お願い)(神戸市外国語大学, 2020/4/16)
http://www.kobe-cufs.ac.jp/library/news/post_46.html

日本図書館協会(JLA)、日本書籍出版協会ほか9団体宛に「新型コロナウィルス感染症に係る図書館活動についての協力依頼(公衆送信権等の時限的制限について)」を発出

2020年4月24日、日本図書館協会(JLA)、日本書籍出版協会ほか9団体宛に「新型コロナウィルス感染症に係る図書館活動についての協力依頼(公衆送信権等の時限的制限について)」を発出したと発表しています。

新型コロナウイルス感染拡大下で、その社会的使命を果たすべく、創意工夫を凝らして様々な活動を行っている図書館への支援として、各図書館において通常のサービスが可能となり、当該図書館利用者の自由な外出が可能とあるまで間において、以下の2点の協力を求めるものです。

1 各図書館で所蔵された資料を用いた読み聞かせやお話し会を録音又は録画し、図書館利用者に対し、インターネットなどにより公衆送信することを、お認めいただきたい。

2 外出ができない図書館利用者への時限的サービスとして、利用者の求めに応じて行う当該図書館所蔵資料の文献複写サービスにおいて、その複写物を電子メールやFAXなどにより、図書館利用者及び病院等の公共施設等に送信することを、お認めいただきたい。

京都府立図書館、京都府内の在住者先着500人程度を対象に「府立図書館図書無料お届けサービス」を実施

2020年4月24日、京都府立図書館が、京都府内の在住者先着500人程度を対象とした「府立図書館図書無料お届けサービス」の実施を発表しました。

同サービスはゴールデンウィーク中に自宅での読書が楽しめるように、無料で図書を自宅に配送するサービスとして、京都府立図書館が期間限定で今回のみの取組として実施したものです。先着500人程度までの京都府内の在住者が専用のフォームから1回限り5冊まで貸出を申込できるという内容です。図書の返却期限は2020年5月14日までで、開館後にカウンターへ返却・同館のブックポストへ返却・送料自己負担で郵送による返却のいずれかの方法で返却するものとしています。

申込期間は2020年4月24日の午前9時30分から4月28日の午後5時までとされていましたが、予定の申込人数に達したため24日の午後2時40分をもって申込の受付は終了し、現在同館では発送準備が行われています。

京都府立図書館は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、2020年4月4日から5月6日まで臨時休館を実施しています。

ドイツ図書館協会(DBV)、小規模自治体図書館の「サードプレイス」化を支援する資金援助プログラムを実施

2020年4月20日、ドイツ図書館協会(DBV)は、人口2万人以下の小規模自治体の図書館を対象とした資金援助プログラム「全ての人のための場所(Vor Ort für alle)」の実施を発表しました。

公共図書館は、資料の貸出だけでなく、学習スペース・カフェ・メイカースペース・共同作業スペース・イベント会場などの提供を通して、デジタル化の進む社会における住民への文化的資源の供給を保証する重要な機能を担っています。“Vor Ort für alle”は、小規模館や地方の図書館をこのような機能を果たす「サードプレイス」へ変容させるための資金援助プログラムで、デジタル機器の設置や現代的な図書館の取り組みの実施等への支援が行われます。人口2万人以下の自治体の図書館はDBVへ最大2万5,000ユーロの支援を申請することができます。また、DBVに加盟していない図書館も申請することができます。

同プログラムは、ドイツ連邦議会の決議に基づき、文化・メディア庁(Beauftragten der Bundesregierung für Kultur und Medien : BKM)による「農村地域の文化(Kultur in ländlichen Räumen)」プログラムの一部として実施されます。

国立歴史民俗博物館の情報基盤システム「khirin」のうち特にIIIFによる画像資料の閲覧ページとして「khirin-a」が公開される

2020年4月16日、国立歴史民俗博物館の情報基盤システム「khirin」のうち、特にデジタル画像相互運用のための国際規格IIIFに準拠した画像資料の閲覧ページとして「khirin-a」が公開されました。

現在khirin-aでは、5つの画像セットが公開され、Linked Dataにもとづく統合検索の可能な詳細な目録システムkhirin-ldとの相互リンクが形成されています。また、より精密なメタデータ定義をしたシステムも公開予定となっています。

khirin-aを公開しました(khirin-a,2020/4/16)
https://khirin-a.rekihaku.ac.jp/news/2020-04-16

khirin-a
https://khirin-a.rekihaku.ac.jp/

4月 24日

久喜市(埼玉県)、歴史・文化財関係の図書を電子化して公開

2020年4月19日、埼玉県の久喜市が、歴史・文化財関係の図書を電子化して公開したと発表しています。

同市の歴史と文化財について一つのテーマを詳細に紹介するシリーズ「久喜市の歴史と文化財」から『日光道中栗橋宿・栗橋関所』、歴史資料でよむ久喜市ゆかりの人物ブックレット(4巻)、久喜市立郷土資料館で発行している『郷土資料館だより』(創刊号から10号)が公開されています。

再配布等の2次利用は禁止となっています。

新着情報一覧(久喜市)
http://www.city.kuki.lg.jp/allNewsList.html
※2020年4月19日欄に「ご自宅等で読める歴史・文化財関係の電子書籍を公開しました」とあります。

電子書籍(久喜市)
http://www.city.kuki.lg.jp/miryoku/rekishi_bunkazai/kankobutsu/e-book.html

主要学術出版社の参加するシームレスな学術論文へのアクセス提供ソリューション“Get Full Text Research(GetFTR)”へDimensions等の学術プラットフォーム・サービスが試行参加

2020年4月21日、研究者へシームレスな学術論文へのアクセスを提供する無料ソリューション“Get Full Text Research(GetFTR)”は、Digital Science社のディスカバリープラットフォームDimensions、研究データ公開プラットフォームfigshare、研究情報管理システムElementsを提供する英国のSymplectic社、Digital Science社傘下ReadCubeの文献管理ツールPapers、Elsevier社の文献管理ツールMendeleyが、GetFTRの試行サービス提供を開始したことを発表しました。

新型コロナウイルス感染拡大下の米国議会図書館(LC)の対応状況:職員の大多数がテレワーク中(記事紹介)

米国のラジオ局“Federal News Network”のウェブサイトに、2020年4月16日付で、同局の番組“Federal Drive”の司会者・テミン(Tom Temin)氏と、米国議会図書館(LC)の広報責任者(Director of communications)・スレイトン(April Slayton)氏による新型コロナウイルス感染拡大下での同館の対応状況に関する対談記事“Keeping the lights on at the Library of Congress”が掲載されています。

ストレイン氏からは、

・議会調査局(CRS)の職員を含め、図書館職員の大多数がテレワークをしており、リモートでは実施できない重要な職務を担当している限られた職員のみが出勤していること。

・VPNの同時接続数は4,000で、常時数千人の職員がリモートワークしていること。

・事業継続計画はあるが、今回は、重要な業務のみが必要な緊急事態ではないため、同計画のなかで重要と考えられていない他の重要案件を担当している職員も作業できるようすることを目標としたこと。

2020年の「全米図書館週間」(National Library Week)、「あなたの場所で図書館を見つけよう」に変更して開催中

2020年の「全米図書館週間」(National Library Week)が、2020年4月19日から4月25日まで開催されています。

“Find your place at the library(図書館であなたの場所を見つけよう)”がテーマでしたが、新型コロナウイルスの感染拡大により、多くの図書館が休館しオンラインでサービスを行っている状況をうけ、“Find the library at your place(あなたの場所で図書館を見つけよう)”にテーマを転換して行われています。

フィギュアスケートのシブタニ兄妹が名誉会長を務めており、ハッシュタグ“#ThankYouLibraries”をつけて地元の図書館の好きなオンラインサービスについて投稿するオンラインイベントなども行われています。

韓国国立中央図書館(NLK)、公共図書館の貸出データをもとに分析したリンドグレーン記念文学賞受賞者関連作品の最近3年間の貸出状況の調査結果を発表

2020年4月20日、韓国国立中央図書館(NLK)が、公共図書館の貸出データをもとに分析した、リンドグレーン記念文学賞受賞者関連作品の最近3年間の貸出状況に関する調査結果を発表しました。4月23日の「世界本の日」や、2020年の同賞を、韓国の絵本作家ペク・ヒナ氏が受賞したことをうけてのものです。

ペク氏の作品や、韓国語で出版された232点の作品を対象に、公共図書館用のビックデータ分析プラットフォーム“도서관 정보나루”の公共図書館1,003館の貸出データ56万8,735件を用いて分析したものです。

同賞受賞作品の中ではペク氏の『알사탕(あめだま)』が最も多く貸出されており、続いて『수탕 선녀님(天女銭湯)』, 『이상한 엄마(天女かあさん)』, 『달 샤베트(月のシャーベット)』, 『이상한 손님(ちょっと変わったお客様)』と8位まで同氏の作品が続きます。

韓国以外のものでは、ヴェルナー・ホルツヴァルト/ヴォルフ・エァルブルッフ『うんちしたのはだれよ!』が最も貸出され、モーリス・センダック『まよなかのだいどころ』、ルース・クラウス『うちがいっけんあったとさ』と続きます。

また、性別・年齢別貸出分析結果として、ペク氏の作品は7歳の女の子に最も人気があり、7歳の男の子、8歳の女の子、6歳の女の子と続きます。

国立科学博物館、3DビューやVR映像で展示室を楽しめる「おうちで体験!かはくVR」を公開

2020年4月23日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため臨時休館中の国立科学博物館が、3DビューやVR映像で展示室を楽しめる「おうちで体験!かはくVR」を公開しました。一般財団法人VR革新機構の協力を得て作成されたものです。

VR映像としての鑑賞には専用ゴーグルもしくはメガネが必要ですが、3Dビュー映像はパソコンやスマートフォンで見ることができます。

@ museum_kahaku(Twitter,2020/4/23)
https://twitter.com/museum_kahaku/status/1253279878616506374

おうちで体験!かはくVR
https://www.kahaku.go.jp/VR/

4月 23日

行橋市(福岡県)、図書館等複合施設「リブリオ行橋」の開館にあわせ「行橋市デジタルアーカイブ」を公開

福岡県行橋市が「行橋市デジタルアーカイブ」を公開しています。

報道によると、2020年4月1日の図書館等複合施設「リブリオ行橋」の開館に合わせ、市歴史資料館・増田美術館の所蔵作品や史料をデジタル化し公開したものです。

『行橋市史』中巻・下巻から、通史編にあたる「中世」・「近世」・「近代」と「年表」のほか、市歴史資料館所蔵の「大橋村 行事村 宮市村見取図」や、増田美術館の日本画・工芸・書・彫刻といったコレクションから代表的な12作品が公開されています。

@librio.yukuhashi(Facebook, 2020/4/12)
https://www.facebook.com/librio.yukuhashi/posts/247679243300598

Clarivate Analytics社、Journal Citation Reports(JCR)のジャーナル詳細情報にオープンアクセス(OA)に関するデータを追加

2020年4月23日、Clarivate Analytics社は、学術出版におけるオープンアクセス(OA)モデルの透明性を向上させるため、学術誌評価分析データベース“Journal Citation Reports”(JCR)のジャーナル詳細情報(profile)にOAに関するデータを追加したことを発表しました。

この新機能により、助成機関・出版社・図書館員・研究者等はゴールドOAの学術論文について、学術雑誌全体のコンテンツに占める割合や引用への貢献状況に関する中立的な情報を得ることができるとあります。またハイブリッドジャーナルについて、論文の本数と引用状況をOA・非OAに分けて容易に比較することが可能になります。

この新機能は2020年6月に最新の2020年版が公開されるまで、ベータ版として提供されます。

米国議会図書館(LC)、設立220周年を記念して同館のデジタルコレクションを検索・閲覧・共有可能なモバイルアプリ“LOC Collections”を公開

2020年4月22日、米国議会図書館(LC)は、設立220周年を記念して同館のデジタルコレクションを検索・閲覧・共有可能なモバイルアプリ“LOC Collections”を公開したことを発表しました。

LOC Collectionsは、LCの多様なデジタルコレクションを容易に検索・閲覧可能な機能に加えて、ユーザーがコレクションを好みに応じてキュレートしてギャラリーを構築し共有する機能も備えています。アプリ上では、録音資料・単行書・動画・写本・地図・新聞・楽譜など多様な資料を利用することが可能です。

LCのウェブサイト、またはiTunes StoreからiOS・iPad用のアプリを入手することができます。Android用のアプリも2020年後半の公開が予定されています。

LCは2020年4月24日に設立から220周年を迎えます。

Celebrate the Library's 220th Birthday with the LOC Collections App(LC,2020/4/24)
https://www.loc.gov/item/prn-20-032/

Wi-Fiホットスポットを備えた移動図書館を活用して地域にインターネットアクセスを提供する米国の図書館(記事紹介)

米国図書館協会(ALA)によるアドヴォカシーのためのイニシアチブ“ilovelibraries”の2020年4月21日付の記事で、移動図書館を活用して地域にインターネットアクセスを提供する米国の図書館の取り組みが紹介されています。

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、学校や企業がその機能をオンラインへ移行させているため、インターネットへのアクセスはかつてないほど重要性が高まっています。しかし、米国では数百万人にのぼる人々が自宅にブロードバンドインターネット接続環境を持たない状況にあります。デジタル格差の解消に長く取り組んできた図書館独自の手法として、Wi-Fiホットスポットを備えた移動図書館を地域に送り出すことで、地域のソーシャルディスタンシングを維持しながら住民にインターネットアクセスを提供する取り組みが報告されています。

記事では、学校・食料品店・コミュニティセンター・矯正施設・公園・ホテル等の駐車場へWi-Fiホットスポットを備えた移動図書館を送り、地域の住民へインターネットアクセスを提供する図書館の取り組みが、図書館員へのインタビューとともに紹介されています。

国立国会図書館、リサーチ・ナビにコンテンツ「新型コロナウイルスに関する主な新聞社ウェブサイトの特集ページまとめ」「新型コロナウィルスに関するウェブサイト集」を掲載

2020年4月22日、国立国会図書館(NDL)は、調べ物に役立つリソースを紹介するNDLのウェブサイト「リサーチ・ナビ」に、コンテンツ「新型コロナウイルスに関する主な新聞社ウェブサイトの特集ページまとめ」「新型コロナウィルスに関するウェブサイト集」を掲載しました。

新着情報一覧(NDL)
https://www.ndl.go.jp/jp/news/index.html
※2020年4月22日付け新着情報で両コンテンツの掲載が発表されています。

新型コロナウイルスに関する主な新聞社ウェブサイトの特集ページまとめ(リサーチ・ナビ)
https://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/post-1148.php

欧州研究図書館協会(LIBER)、著作権に関する緊急対応を求める声明を発表:新型コロナウイルス感染拡大下における遠隔教育及び研究の支援のため

2020年4月14日、欧州研究図書館協会(LIBER)は、新型コロナウイルス感染拡大下における遠隔教育及び研究の支援のため、著作権に関する緊急対応を求める声明を発表しました。

欧州委員会(EC)や加盟国政府に対しては、著作権指令の期間限定かつ目的論的解釈(purposive interpretation)の導入等を、出版社や著者、業界団体に対しては、特定個人への文献全文の提供、施設内閲覧に限定されている電子書籍への研究目的でのリモートアクセス、児童・学生・研究者のみを対象とした録音・録画及びストリーミングによる教育活動での著作物利用、公共図書館によるインターネット上での読み聞かせを可能とすることを求めています。

また、対策が求められる長期的な課題として、オープンアクセスモデルへの速やかな移行や、医学・環境・経済上の危機に備えた公益的保護(public interest defences)を国際・国内の著作権法に盛り込むこと等を挙げています。

ページ