アーカイブ - 2009年 1月 15日 - car

東京都立図書館協議会、提言『都立図書館のサービスと図書館改革の評価について』を発表

東京都立図書館協議会が、提言『都立図書館のサービスと図書館改革の評価について』を発表しています。

東京都立図書館のサービスと図書館改革を評価するための、適切な評価指標と評価体制について提言しています。

都立図書館のサービスと図書館改革の評価について(提言)
http://www.library.metro.tokyo.jp/18/pdf/18230.pdf
同 資料
http://www.library.metro.tokyo.jp/18/pdf/18231.pdf
同 参考資料
http://www.library.metro.tokyo.jp/18/pdf/18232.pdf
同 概要
http://www.library.metro.tokyo.jp/18/pdf/18233.pdf

東京都立図書館協議会

LCの「米国史に関する貴重書」デジタル化プロジェクト、2万5千冊目を達成

2007年に開始された、米国議会図書館(LC)が所蔵する米国史に関する劣化した貴重書を電子化し、オンライン上で提供するプロジェクト“Digitizing American Imprints”が、2万5千冊目の電子化を終了したと、LCが発表しています。2万5千冊目に電子化された資料は、リンカーン大統領の生涯を描いた“The Heroic Life of Abraham Lincoln”であるとのことです。この資料はすでに、Internet Archiveを通じて一般公開されています。

LCのプレスリリースでは、“Digitizing American Imprints”事業の実施体制も紹介されており、LCの施設内に設置された10台のスキャナーで、“Internet Archive”の担当者が、1週間あたり約1,000冊のペースで電子化を進めているそうです。

不況のあおりを受け、ニューヨーク公共図書館のリニューアル計画も保留

ニューヨーク公共図書館は、支部図書館の1つミッド・マンハッタン図書館を売却し、その収益を活用して、同図書館の最も重要な図書館の1つである人文科学・社会科学図書館(HSSL)の大規模な改修を実施する予定でした。しかし、不況のあおりを受け、思うような不動産売買が不可能な状況となったことから、この計画は保留されることになったそうです。

NYPL Reverses Course on Mid-Manhattan Library Sale
- Library Journal 2009/1/13付けの記事
http://www.libraryjournal.com/article/CA6629133.html

角川、経産省「情報大航海プロジェクト」の一環として字幕を付けられる動画サイトを開設

経済産業省が主導している次世代の情報活用基盤を創出するためのプロジェクト「情報大航海プロジェクト」の実証事業として、角川マーケティング社が、ユーザーが動画に字幕を付けられるサービス「kadoTV」を開始しました。

角川、動画サイト「kadoTV」を開設。複数言語での字幕付与が可能
- INTERNET Watch 2009/1/13付けの記事
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2009/01/13/22078.html

角川、ユーザーが字幕を付けられる動画サイト「kadoTV」を公開
- CNET Japan 2009/1/14付けの記事

情報大航海プロジェクト
http://www.igvpj.jp/index/

参考:
情報大航海プロジェクトで開発中の基盤/サービス技術紹介資料

「インターネット上の違法・有害情報への対応に関する検討会」最終会合開催

「インターネット上の違法・有害情報への対応に関する検討会」第10回会合が、1月14日に開催されました。第9回会合で議論された「最終とりまとめ案」と、寄せられた意見を基に最終的な検討が行われたそうです。「最終とりまとめ案」に寄せられた意見など、配布資料はすでに公開されており、「最終取りまとめ案」そのものも、1月16日には公表されると報じられています。

インターネット上の違法・有害情報への対応に関する検討会(第10回)
http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/policyreports/chousa/internet_illegal/090114_2.html

総務省の違法・有害情報対応検討会、最終報告書をとりまとめ(Internet Watch)