アーカイブ - 2009年 1月 16日 - car

神戸大学と「人と防災未来センター」、震災資料の横断検索をスタート

2009年1月17日に阪神淡路大震災から14年を迎えるに当たり、神戸大学と防災研究機関「人と防災未来センター」が、神戸大学付属図書館震災文庫と防災未来センター資料室の資料合わせて7万点を横断検索できるシステムの運用を開始しました。

震災資料横断検索
http://www.lib.kobe-u.ac.jp/eqb/crosssearch.html

2009年は「オープンアクセス週間」-10月19日から23日まで

2008年「オープンアクセスの日」(10月14日)のイベントを推進した主体の1つ、Public Library of Science(PLoS)が、ブログで、2009年は10月19~23日に「オープンアクセス週間」としてイベントを実施する、と発表しています。「週間」としたのは、国際的な時差の問題もあり1日にすべてを盛り込むのは“tricky”である、1日だけだと参加しづらい人がいる、などが理由とのことです。

Save the date - Open Access Week 19-23 October 2009 | Public Library of Science
http://www.plos.org/cms/node/435

参考:
E849 - 世界各国で「オープンアクセスの日」開催
http://current.ndl.go.jp/e849

OCLC、デジタルコンテンツ管理ソフト“CONTENTdm”をUnicodeに対応

OCLCが、WorldCatとの連携機能などを備えるデジタルコレクション管理ソフト“CONTENTdm”の最新バージョンを発表しています。今回のバージョン5からUnicodeに対応し、日本語、中国語など非西洋言語もサポートしたとのことです。

OCLC releases new CONTENTdm version that supports Unicode
http://www.oclc.org/news/releases/20093.htm

CONTENTdm [OCLC - Digital Collection Management]
http://www.oclc.org/contentdm/

Google、ブック検索の基礎技術を培った通販カタログ検索サービスを終了

Google社が、2001年からこれまで提供してきた米国の通販カタログ検索サービス“Google Catalogs”の提供を終了しました。他のサービスと比べて人気がなかったことが理由のようです。このサービスにより、Book Search(ブック検索)の基礎技術となるスキャニング、OCR、コンテンツの見せ方などが培われた、と、Google Book Searchチームが感慨深く語っています。そして、これまで以上に雑誌、新聞、書籍のデジタル化・オンライン提供に注力していく、としています。

Inside Google Book Search: Farewell, Google Catalog Search
http://booksearch.blogspot.com/2009/01/farewell-google-catalog-search.html

文部科学省、「司書資格取得のために大学において履修すべき図書館に関する科目の在り方について」の意見募集を開始

文部科学省が、「司書資格取得のために大学において履修すべき図書館に関する科目の在り方について(これからの図書館の在り方検討協力者会議報告書(案))」に関する意見募集を開始しています。〆切は2009年1月26日となっています。

司書資格取得のために大学において履修すべき図書館に関する科目の在り方について(これからの図書館の在り方検討協力者会議報告書(案))に関する意見募集の実施について
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=Pcm1010&BID=185000361

また同時に、博物館学芸員養成、博物館実習に関する意見募集も行われています。

博物館実習ガイドライン(案)に関する意見募集の実施について

次世代OPACプロジェクト“XC”におけるメタデータ用XMLスキーマ、メタデータ用ツールに関するレポート

米国ロチェスター大学が実施しているオープンソースの次世代OPAC開発プロジェクト“XC”(eXtensible Catalog)が、(1) MARCやDublin Coreなど複数のスキーマのメタデータを再利用しやすくするために、どのようなXMLスキーマをデザインしたか、(2) メタデータの正規化、情報の付加、スキーマ移行等のためのプラットフォームとして開発したXCメタデータサービスツールキット(MST)、について紹介したレポートを刊行しています。

XC Metadata Reports/ Documentation | The eXtensible Catalog
http://www.extensiblecatalog.org/MetadataReports

国立国会図書館、「関西館版 調べ方案内」を公開

国立国会図書館は、主として関西地域における、資料の利用方法や所蔵機関、調べ方を提供する「関西館版 調べ方案内」を作成し、公開を開始しました。

関西館版 調べ方案内
http://www.ndl.go.jp/jp/service/kansai/reference/theme/index.html

カリフォルニア州の財政難で州内の大学図書館も危機的状況に

深刻な財政難に陥っている米国カリフォルニア州で、州から資金を受けていた大学図書館も危機的状況にあると報じられています。

カリフォルニア州立大学は全学で、副学長以上相当の役職の給与の凍結、必要不可欠な役職を除く役職の採用の凍結、必要不可欠でない設備・物品購入のキャンセル、教職員の旅費の制限などの措置を取ると2009年1月9日に発表しています。州内23のキャンパスの新規事業もすべて中断・取りやめとなり、この中には新館建設のための資金を寄付等で集めていたドミンガス・ヒルズ校(CSUDH)図書館、同じく新館建設プロジェクトを進めていたサンフランシスコ州立大学ポール・レオナルド図書館も含まれています。学費の値上げ、奨学金の削減も予定されていますが、それでも必要経費には1,580万ドル以上足りない見込みとのことです。

「インターネット上の違法・有害情報への対応に関する検討会」最終取りまとめ公表

2007年11月に総務省が設置した「インターネット上の違法・有害情報への対応に関する検討会」最終取りまとめが、公表されました。

インターネット上の違法・有害情報への対応に関する検討会 最終取りまとめ
~「安心ネットづくり」促進プログラム~
http://www.soumu.go.jp/s-news/2009/pdf/090116_1_bs1-1.pdf

「インターネット上の違法・有害情報への対応に関する検討会」最終取りまとめの公表
http://www.soumu.go.jp/s-news/2009/090116_1.html

参考:
E735 - ネット上の違法・有害情報への対策,集中的な検討が続く(日本)
http://current.ndl.go.jp/e735

「インターネット上の違法・有害情報への対応に関する検討会」中間とりまとめ

ACRL、学術コミュニケーションに関する図書館向けツールキットをリニューアル

米国図書館協会(ALA)傘下の米国大学・研究図書館協会(ACRL)が、学術コミュニケーションに関する図書館向けツールキットのウェブページをリニューアル公開しています。学術コミュニケーションやオープンアクセスに関するブログ集、チラシ等の配布資料集、プレゼンテーション資料集、刊行物集、動画集、ウェブサイト集が作成されており、また著者の権利、デジタルリポジトリ、学術雑誌の経済学、スカラシップと出版、図書館員にできること、といったテーマごとの記事も掲載されています。

http://www.acrl.ala.org/scholcomm/

January 14, 2009付けPeter Scott's Library Blogの記事

Google Earthを使ってプラド美術館のコレクションを間近で

スペインのプラド美術館が、所蔵するレンブラントの作品等を撮影した高精彩の写真(14ギガピクセル)を、Google Earthを使って提供しました。

The Prado in Google Earth
http://www.google.com/intl/en/landing/prado/

Google Earthでプラド美術館の名作を超高精細で鑑賞可能に - ITmedia News
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0901/15/news031.html

ライブドア、研究者向けに研究用データセットの提供を開始

ライブドア社が、学術研究目的でデータを必要としている研究者向けに、研究用データセットの提供を開始したということです。ライブドア社によると、このデータセットは「livedoor クリップで公開設定になっているユーザデータの URL、 タグ、 作成時刻などを csv ファイルにまとめたもの」だということです。

「クローリングしてる暇あるなら論文書いたら?」――ライブドア、研究者向けにSBMデータ提供 - ITmedia News 2009/1/15付けの記事
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0901/15/news094.html#p

livedoorから研究用データセットを提供します
http://labs.edge.jp/datasets/

参考:
研究推進のため、Yahoo!が検索語データをNIIへ提供