アーカイブ - 2009年 1月 20日 - car

組織におけるドキュメント保存フォーマット・媒体に関するAIIMの調査レポート

ドキュメント・情報管理に関する非営利機関AIIM(Association for Information and Image Management)が、組織におけるドキュメント保存フォーマット・媒体に関する調査レポート“Content Creation and Delivery: The On-Ramps and Off-Ramps of ECM”を発表しました。オンラインでもダウンロードすることができます(要登録)。

プレスリリースでは、

・調査対象の90%の組織が、スキャニングしたドキュメントをPDFで保存している。
・89%の組織が、オフィススイートの文書を配布・保存用にPDF化している。
・現在、紙を用いている組織が100%であるが、5年後に長期保存用媒体として紙を用いているだろうと回答したのは77%であった。これに対し、PDFは93%に上った。

ベンチマークテスト「DSpaceに登録されているデータの数と、データの登録にかかる速度の関係は?」

英国情報システム合同委員会(JISC)のプロジェクトに、ロボットを使って機械的にデータ、メタデータをオープンソースのリポジトリ用ソフトウェアに登録していくことの可能性を探る“Robot-generated Open Access Data”(ROAD)というものがあります。このプロジェクトの一環で、リポジトリ用ソフトウェア“DSpace”に、機械的にデータを登録し続けてその登録速度の劣化度合いを調べるベンチマークテストが行われました。この結果をレポートしているルイス(Stuart Lewis)氏は、100万件のレコードを登録するテスト(サーバのCPUは8つ、メモリは16GB)の33万件目が終わった段階で、「DSpaceは理論的におよそ400〜500万件のレコードを格納でき、その段階でもROADプロジェクトが推奨している1日に2GBのデータ登録が可能である」と推定しています。

NII、平成20年度NACSIS-CAT/ILLワークショップの講義資料・成果物を公開

国立情報学研究所(NII)が、12月に開催した平成20年度NACSIS-CAT/ILLワークショップの講義資料と受講者グループによる成果物を公開しています。

NACSIS-CAT/ILLワークショップ - 過去の記録及び成果等 - 平成20年度カリキュラムおよび講義資料
http://www.nii.ac.jp/hrd/ja/ciws/h20/curritxt.html

NACSIS-CAT/ILLワークショップ - 過去の記録及び成果等 - 平成20年度 成果物
http://www.nii.ac.jp/hrd/ja/ciws/report/h20/index.html

NII、平成20年度情報処理軽井沢セミナーの講義資料・成果物を公開

国立情報学研究所(NII)が、9月に開催した平成20年度情報処理軽井沢セミナー「認証技術を知る -学内認証局の構築-」の講義資料と成果物を公開しています。

情報処理軽井沢セミナー - 過去のカリキュラムおよび講義資料 / 成果物 - 平成20年度 テーマ:認証技術を知る -学内認証局の構築-
http://www.nii.ac.jp/hrd/ja/joho-karuizawa/h20/curritxt.html

米国連邦議会下院、景気刺激に係る法案を発表-図書館への資金提供は?

米国連邦議会下院は2009年1月15日、景気刺激パッケージの第一弾として、法案“American Recovery and Reinvestment Act of 2009”を発表しました。かねてより、米国図書館協会(ALA)は図書館に対して1億ドルの資金提供を求めていたところですが、今回の法案では、図書館を見出しに含む項目はありませんでした。しかし、以下の項目内で、図書館についても言及されています。

・21世紀のための教育(予算の言及はなし)
・K-12教育の修復・現代化(140億ドル)
・高等教育の修復・現代化(60億ドル)
・地方のコミュニティ設備プログラム(2億ドル)
・ブロードバンドの普及(競争的資金3.5億ドル。図書館も申請可能)
・コミュニティサービスにおける、収入の低い年長者の雇用(助成金1.2億ドル。図書館も申請可能)

NARA、9.11委員会の資料の一部を公開(米国)

2001年9月11日に発生した米国同時多発テロ事件の全容を解明し、将来このような攻撃が発生しないようにするための提案を行うべく米国連邦議会に超党派で設置された「9.11委員会」(National Commission on Terrorist Attacks upon the United States;通称 the 9/11 Commission。2004年8月21日解散)が収集・作成した記録資料の一部(35%)を、米国国立公文書館(NARA)が公開しました。さらにその一部(関係者へのインタビュー記録のまとめ、文書リスト等)は、オンラインでも公開されています。

National Archives to Open 9/11 Commission Textual Materials

新しい総合目録の試み(日本)

日外アソシエーツ社が運営する「レファレンスクラブ」、オープンソースの図書館システムを構築する“Project Next-L”が相次いで、総合目録データベースの試みを発表しています。

レファレンスクラブ ブログ レファレンスクラブ新企画「公共図書館OPAC総合目録データベース」アンケート
http://reference.blog.shinobi.jp/Entry/293/

Project Next-L 参加館総合目録構想 - 簡単な日記(2009-01-17)
http://kamata.lib.teu.ac.jp/~tanabe/diary/20090117.html#p01

参考:
国立国会図書館 総合目録ネットワークシステム
http://unicanet.ndl.go.jp/
同 全国新聞総合目録データベース

WorldCat、iPhone以外の携帯端末にも対応したアプリ(米・カナダ限定)を公開

OCLCが、iPhoneのほかWindows Mobile 5.0、Blackberryといった携帯端末にも対応したWorldCatアプリケーション“WorldCat Mobile”がリリースされています。ただし、米国・カナダからのみ利用できるとのことです。

WorldCat Mobile -- Search libraries from your phone [WorldCat.org]
http://www.worldcat.org/mobile/

参考:
WorldCat、iPhoneに対応
http://current.ndl.go.jp/node/8841

早稲田大学図書館、古典籍総合データベースグッズを公開

早稲田大学図書館が、同館の古典籍総合データベースの中から、電子化した古典籍の画像を使ったグッズ(ブックカバー・カレンダー・絵はがき)を公開しています。

古典籍総合データベースグッズのご案内
http://www.wul.waseda.ac.jp/news/news_detail.html?news_no=36

古典籍総合データベースグッズ - 早稲田大学図書館
http://www.wul.waseda.ac.jp/PUBS/hambai/kotenseki-goods/index.html

古典籍総合データベース
http://www.wul.waseda.ac.jp/kotenseki/

参考:
東北大学附属図書館、狩野文庫・漱石文庫にちなんだグッズを製作・販売
http://current.ndl.go.jp/node/8438