アーカイブ - 2009年 11月 13日 - car

豊中市立図書館、市民が持つ地域の写真を収集

大阪府にある豊中市立図書館が、市民が持つ地域の情報を記録した写真や資料を収集し、「みんなでつくる地域の百科事典」として公開する事業を始めています。2009年11月1日から1か月間、戦前から1980年代までの地域の写真が募集されており、集められた写真は2010年2月頃に同館のウェブサイト上で公開される予定とのことです。

-わがまちの記憶を記録に-情報や画像を収集・公開する事業を始めます(豊中市立図書館のニュースリリース)
http://www.lib.toyonaka.osaka.jp/information/news.html

-わがまちの記憶を記録に-地域の写真を募集します(豊中市立図書館のニュースリリース)
http://www.lib.toyonaka.osaka.jp/information/news_2.html

ケンブリッジ大学図書館、学生独自の図書コレクションを募集

ケンブリッジ大学図書館では、学生を対象に図書コレクションの賞“Rose Book-Collecting Prize”のエントリーを募集しています。2006年に始められた同賞は今回で4回目を迎えるとのことで、図書のコレクションリストとそれを説明する短いエッセイからなる、知性的で独創的なコレクションが評価の対象となります。大賞に選ばれた学生には500ポンドが贈られ、10年間同館の提携館の無料会員になることができるとのことです。前回大賞に選ばれたのは、機械時代の芸術や構成主義、社会主義などのモダニズム関連のコレクション「出版されたモダニズム(Modernism in print)」を構築した科学史・科学哲学を研究する博士課程の学生です。

Rose Book-Collecting Prize 2009-2010(ケンブリッジ大学図書館のニュースリリース)
http://www.lib.cam.ac.uk/newspublishing/index.php?c=#news148

Rose Book-Collecting Prize winner 2008-2009(ケンブリッジ大学図書館のニュースリリース)
http://www.lib.cam.ac.uk/newspublishing/index.php?c=#news103

JEPA、電子書籍の共通フォーマット“ePub”に関する研究会を発足

日本電子出版協会(JEPA)は、2009年11月12日付けのプレスリリースで、電子書籍の共通フォーマット“ePub”の調査研究や普及を目的とした「ePub研究会」を発足すると発表しています。ePubでの縦書き、ルビ、禁則などの日本語処理も推進するとのことです。

日本電子出版協会 ePub研究会をスタート(JEPAのプレスリリース)
http://bizpal.jp/jepa.pr/00005

JEPA、電子書籍規格「ePub」日本語化を推進する研究会を発足(CNET Japan 2009/11/12付けの記事)
http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20403501,00.htm

米国のデジタルリポジトリ“HathiTrust”によるデジタル図書館

カリフォルニア大学など米国の25大学による共同デジタルリポジトリ“HathiTrust”が、2009年11月中旬から450万冊の資料を検索・閲覧できる「仮想図書館」を稼動させる予定であると報じられています。当面は著作権が切れた資料が中心で、1年半後には1000万冊程度に拡大する予定とのことです。HathiTrustのサイトには、試行版が掲載されています。

米、世界最大の仮想図書館稼働へ 蔵書数は当初450万冊(2009/11/12付け47NEWSの記事)
http://www.47news.jp/CN/200911/CN2009111201000125.html

グーグルから図書館主導に 「仮想図書館」稼働(2009/11/12付けMSN産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/culture/books/091112/bks0911121012001-n1.htm

「図書館の定義は変わっていく」 書籍電子化の進展で(2009/11/12付けMSN産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/culture/books/091112/bks0911121015002-n1.htm

米国:HathiTrust、大規模全文検索エンジンを本格稼働へ(2009/10/29付けSTI Updatesの記事)