アーカイブ - 2009年 11月 19日 - car

英国図書館、デジタル図書館の資料が50万点を突破

英国図書館(BL)のデジタル図書館(Digital Library System) の資料が50万点を突破したのことです。内訳は、電子出版物の自発的納入制度(VDEP)によるものが38万6千点と大半を占め、その他は、音声アーカイブのファイルが2万3千点、デジタル化された19世紀の書籍が6万5千点、電子ジャーナルが2千点、新聞が2万9千点とのことです。

Digital Library passes half-million milestone(2009/11/13付けBLのプレスリリース)
http://www.bl.uk/news/2009/pressrelease20091113.html

過去のある時点でのウェブサイトへ簡単にアクセスできるシステム“Memento”

NewScientistの記事で、米国ロス・アラモス研究所の研究員Herbert Van de Sompel氏が開発している“Memento”というウェブ技術が紹介されています。ブラウザに「タイム・トラベル」モードを加えることにより、ウェブサイトの過去のある時点でのページに簡単にアクセスできるようにするものとのことです。

Time-travelling browsers navigate the web's past (2009/11/16付けNewScientistの記事)
http://www.newscientist.com/article/dn18158-timetravelling-browsers-navigate-the-webs-past.html

鳩山首相、著作権保護期間の70年への延長に言及

鳩山由紀夫首相が、2009年11月18日に開かれた「JASRAC創立70周年記念祝賀会」において、著作権の保護期間を現在の「著作者の死後50年」から「著作者の死後70年」に延長するために最大限努力するとの考えを示した、と報じられています。

「著作権保護期間70年への延長実現に最大限努力」鳩山首相が明言 (2009/11/19付けINTERNET Watchの記事)
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20091118_329858.html

鳩山首相「著作権保護期間70年へ延長に努力」(2009/11/19付けJCASTニュースの記事)
http://www.j-cast.com/2009/11/19054262.html

イトーヨーカードー店内の「子ども図書館」、兵庫県の加古川店で再開へ

全国各地のイトーヨーカドー店内にあった「子ども図書館」は2009年9月をもって閉館となりましたが、このうち、兵庫県の加古川店の子ども図書館が、2009年11月24日から再開されるとのことです。加古川店が入居している商業施設のオーナー会社の関連財団が、存続を求める市民の声に応えて事業を引き継ぐことにしたとのことです。また、静岡県の沼津店でも再開への動きがあるようです。

子ども図書館:2カ月ぶり、24日再開--イトーヨーカドー加古川店 /兵庫(2009/11/17付け毎日.jpの記事)
http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20091117ddlk28040347000c.html

子ども図書館:沼津市、引き継ぎへ 市長が前向き姿勢示す /静岡(2009/11/14付け毎日.jpの記事)
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20091114ddlk22100233000c.html

「子ども図書館継承を」 沼津市の施設 運用変更も(2009/11/14付け静岡新聞の記事)
http://www.shizushin.com/news/local/east/20091114000000000052.htm

参考:
イトーヨーカドー子ども図書館、31年の歴史に終止符