アーカイブ - 2009年 11月 26日 - car

洪水被害にあったルイビル公共図書館、全面開館は2010年春に(米国)

2009年8月に洪水被害にあった、米国ケンタッキー州のルイビル公共図書館(Louisville Free Public Library)の中央図書館について、全面開館は2010年春になりそうだと報じられています。復旧費用は700万ドルに達し、当初の見通しより200万ドル多くなりそうだとのことですが、ほとんどは保険でカバーできそうだとのことです。市民からの寄付などによる基金も20万ドルあり、資料の買い替えに用いられるとのことです。

Main Library flood damage surpasses $7 million(2009/11/9付けcourier-journal.comの記事)
http://www.courier-journal.com/article/20091109/NEWS01/911090356/Main+Library+flood+damage+surpasses+$7+million

Library flood damage surpasses $7 million(2009/11/12付けLibraries in the newsの記事)
http://www.ilovelibraries.ala.org/news/?p=558

参考:
ルイビル公共図書館、洪水で1万冊以上の資料に被害(米国)

米国政府のSTEM教育の推進活動の一環で、米ソニーが図書館にゲーム機を寄付

米国政府が行う科学や数学(STEM)の教育を推進する活動の一環として、米ソニー社のゲームソフトを使ったゲームデザインコンペが行われるため、同社のゲーム機とソフト1,000組が図書館などに寄付されるとのことです。

White House Pushes Science and Math Education(NYTimes.com 2009/11/22付けの記事)
http://www.nytimes.com/2009/11/23/education/23educ.html

アゼルバイジャンではコンピューターは都市部の図書館に集中

アゼルバイジャンの統計委員会が行った、同国内の図書館に設置されているコンピューター1,695台を対象にした調査の結果が公開されています。それによると、図書館のコンピューターの94.2%は都市部に、残りの5.8%は郊外に設置されているようです。また、全体の41.6%にあたる705台の図書館のコンピューターがインターネットにつながっており、86の図書館が電子メールを、30の図書館が電子的な目録を利用していますが、いずれも都市部の図書館とのことです。

94.2 % of Azerbaijani city libraries equipped with computers(ABC.AZ 2009/11/25付けの記事)
http://abc.az/eng/news_25_11_2009_40556.html

複数の大学図書館での業務協同化により業務量はどのくらい減らせるか(米国)

米国マサチューセッツ州の私立の4大学と州立のマサチューセッツ大学で構成されるコンソーシアム“Five Colleges”が、これら5大学間での図書館業務を共同化することで、どの程度コスト削減ができるかについての中間報告を公表しています。単行書の収集・目録業務などのテクニカルな業務についてのもので、必要となるフルタイム換算の職員数の変化についても数字をあげて言及されています。

Five Colleges (MA) Consortium Plans Tech Consolidation(2009/11/19付けLibrary Journalの記事)
http://www.libraryjournal.com/article/CA6708019.html

デジタル学術コミュニケーションを最もうまく支援できるリポジトリとは?

“Beyond Institutional Repositories”(『機関リポジトリを超えて』)の筆者であるロマリー(Laurent Romary)氏とアームブラスター(Chris Armbruster)氏が、再び共著により、“Comparing Repository Types: Challenges and Barriers for Subject-Based Repositories, Research Repositories, National Repository Systems and Institutional Repositories in Serving Scholarly Communication”(『リポジトリタイプの比較:学術コミュニケーションへの奉仕における主題リポジトリ、研究リポジトリ、国営のリポジトリシステム、機関リポジトリの課題と障害』)を著しています。これは、現在あるリポジトリを主題リポジトリ、研究リポジトリ、国営のリポジトリシステム、機関リポジトリの4つに分類し、どのタイプのリポジトリが、また、リポジトリのどんなサービスが、最もよく学術コミュニケーションを支援しうるのかを考察するものです。

2009年ブックトラック変身コンテスト、優勝者発表!

本や図書館をテーマにしたマンガを配信しているサイト“Unshelved”が主催するブックトラック変身コンテスト“Pimp My Bookcart”の2009年の結果発表がありました。今回優勝したのは、ハーレム高校が出品した、70年代のアイスクリームカートをモチーフにしたブックトラックでした。2位に、バーベキューができるブックトラック、3位にデジカメ型ブックトラックが続きます。
このコンテストには今年も多数の応募があり、韓国、ニュージーランド、オーストラリア、英国など、海外からの参加も増えています。

Pimp My Bookcart 2009
http://www.unshelved.com/PimpMyBookcart/2009/

大阪市、「1冊の絵本」投票の中間集計結果を公表

大阪市教育委員会が、市民がお気に入りの絵本を投票して「大阪市の1冊の絵本」を決定する「One Book One OSAKA」事業を実施しています。2010年の国民読書年に向けた取り組みで、2010年2月28日まで市民からの投票を受け付け、同年4月23日の「子どもの読書の日」に結果が発表される予定です。2009年11月に発表された中間結果では「ぐりとぐら」シリーズが1位となっています。また、2009年11月20日から12月2日まで、投票用紙の一部が大阪市立中央図書館のエントランスに展示されているようです。

One Book One OSAKA みんなでえらぶ大阪市の1さつのえほん(大阪市立図書館)
http://www.oml.city.osaka.jp/topics/1book1osaka2009.html