アーカイブ - 2009年 11月 - car

11月 19日

鳩山首相、著作権保護期間の70年への延長に言及

鳩山由紀夫首相が、2009年11月18日に開かれた「JASRAC創立70周年記念祝賀会」において、著作権の保護期間を現在の「著作者の死後50年」から「著作者の死後70年」に延長するために最大限努力するとの考えを示した、と報じられています。

「著作権保護期間70年への延長実現に最大限努力」鳩山首相が明言 (2009/11/19付けINTERNET Watchの記事)
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20091118_329858.html

鳩山首相「著作権保護期間70年へ延長に努力」(2009/11/19付けJCASTニュースの記事)
http://www.j-cast.com/2009/11/19054262.html

イトーヨーカードー店内の「子ども図書館」、兵庫県の加古川店で再開へ

全国各地のイトーヨーカドー店内にあった「子ども図書館」は2009年9月をもって閉館となりましたが、このうち、兵庫県の加古川店の子ども図書館が、2009年11月24日から再開されるとのことです。加古川店が入居している商業施設のオーナー会社の関連財団が、存続を求める市民の声に応えて事業を引き継ぐことにしたとのことです。また、静岡県の沼津店でも再開への動きがあるようです。

子ども図書館:2カ月ぶり、24日再開--イトーヨーカドー加古川店 /兵庫(2009/11/17付け毎日.jpの記事)
http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20091117ddlk28040347000c.html

子ども図書館:沼津市、引き継ぎへ 市長が前向き姿勢示す /静岡(2009/11/14付け毎日.jpの記事)
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20091114ddlk22100233000c.html

「子ども図書館継承を」 沼津市の施設 運用変更も(2009/11/14付け静岡新聞の記事)
http://www.shizushin.com/news/local/east/20091114000000000052.htm

参考:
イトーヨーカドー子ども図書館、31年の歴史に終止符

11月 18日

若者は図書館よりも書店を好む(インド)

インドの“DAILY NEWS & ANALYSIS(DNA)”紙に、「若い読者は図書館よりも書店を好む」と題する記事が掲載されています。書店をよく訪れるムンバイ市民のコメントでは、書店は登録料もなく、買わなくても好きなだけ本を読むことができるとして、図書館にはほとんど行かないとのことです。他の市民も、古い本を借りたり、静けさを求める時にのみ図書館を利用するようです。同市内の図書館経営者は、「市の図書館文化がなくなりつつある」と危惧しているようです。

Young readers prefer bookstores to libraries(DNA 2009/11/17付けの記事)
http://www.dnaindia.com/academy/report_young-readers-prefer-bookstores-to-libraries_1312579

スタンフォード大学、博士論文をオンラインで公開

スタンフォード大学が、博士論文のデジタルファイルをオンラインで提出できるようにして、それらをオンラインで公開するプログラムを導入しています。同大学では毎年およそ600本の博士論文が提出されているものの、図書館の書架にある35,000本の製本した博士論文は十分には利用に供されていない状態とのことで、今回のプログラムによって論文をより広く提供できる環境の構築が目指されており、Googleとも連携するようです。また、人文科学系の研究者の場合は、論文の出版を控えていることがあるため、要求に応じて5年間の公開猶予期間を設けるなどの対応も取られるとのことです。

Google publishes Stanford dissertations online(SFGate 2009/11/16付けの記事)
http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/c/a/2009/11/16/BA721AK4NV.DTL

Stanford University and Google: Dissertation Process Goes Online(NYTimes Bay Area Blog 2009/11/16付けの記事)

JISC、「ウェブスケールでのオープンサイエンス」に関する報告書を刊行

英国情報システム合同委員会(JISC)が、「ウェブスケールでのオープンサイエンス」に関する報告書を刊行しました。これは、広範囲に渡る情報源から、オープンサイエンスに関するエビデンスや意見を総合することを試みたものとなっています。この報告書で取り上げているのは、(1) 透明性の高い研究実践を通じて、メソドロジー、データ、結果をインターネット上で利用可能とするオープンサイエンス、(2) 科学的な訓練を受けていないボランティアが、観察や測定といった研究に関連のあるタスクを運営するという市民サイエンス、(3) 特定の結果の予測を可能にするデータ駆動型の予測サイエンス、という3つのエリアだということです。

Open science at web-scale: Optimising participation and predictive potential
http://www.jisc.ac.uk/publications/documents/opensciencerpt.aspx

OPACと機関リポジトリの相互運用性に関する調査(英国)

英国の情報システム合同委員会(JISC)が、高等教育機関における、OPACと機関リポジトリの間の相互運用性(interoperability)についての調査結果を公表しています。機関リポジトリのコンテンツがOPACの対象となっているかどうかや、リポジトリのソフトウェアとOPACの間のメタデータ等の交換の相互運用性等について調査されています。

Online catalogue and repository interoperability study
http://www.jisc.ac.uk/Home/publications/documents/scholcommslinksfinalreport.aspx

(本文ファイルへのリンク)
http://ie-repository.jisc.ac.uk/430/

「におい」でわかる資料の劣化状態

資料の劣化状態をその資料の「におい」によって分析する研究の成果が発表されています。ロンドン大学のMatija Strlic氏が、スロベニアの大学およびオランダ国立公文書館の協力の下で研究を行ったとのことで、研究成果はAnalytical Chemistry誌の81巻20号に掲載されています。

Digging Into the Science of That Old-Book Smell
http://www.nytimes.com/2009/11/17/science/17obbook.html

Material Degradomics: On the Smell of Old Books(Analytical Chemistry)
http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/ac9016049

11月 17日

LC、ビデオ記録に関するLCSHの最終意向を発表

米国議会図書館(LC)は、ビデオ記録に関する米国議会図書館件名標目表(LCSH)の最終意向を発表しています。ビデオ記録のジャンル/形式を表す主題標目を取りやめにして、既存の関連するフィルム資料の主題標目を利用して対応するとのことです。このほか、インタラクティブビデオやインターネットビデオ、ポッドキャストのジャンル/形式標目を作るとの意向が示されています。

Decision regarding the final disposition of LCSH headings for video recordings
http://www.loc.gov/catdir/cpso/videorecheadings2.pdf

世界各国の著作権法についての情報サイト“Copyright Watch”

世界各国の著作権法や関連情報を掲載するサイト“Copyright Watch”が開設されています。技術的なサポートは電子フロンティア財団(Electronic Frontier Foundation)が行っているとのことです。

Copyright Watch
http://www.copyright-watch.org/home

Keeping a Global Eye on Copyright Law(2009/11/13付けEFFのブログ記事)
http://www.eff.org/deeplinks/2009/11/keeping-global-eye-copyright-law

LCの第3回ガーシュウィン賞はポール・マッカートニー氏に

米国議会図書館(LC)は2007年から、ポピュラー音楽で世界の文化に大きな影響を与えた作曲家・演奏家を表彰するガーシュウィン賞の授賞を開始しました。第1回はポール・サイモン氏、第2回はスティービー・ワンダー氏に贈られましたが、第3回の受賞者はポール・マッカートニー氏に決定したということです。ポール・マッカートニー氏は、「ガーシュウィンの楽曲に大きな敬意を払う者として、LCのような偉大な組織からガーシュウィン賞をいただくことは、私にとって非常に光栄なことです」とコメントしています。

Music Legend Paul McCartney Named Recipient of Third Library of Congress Gershwin Prize for Popular Song(LCのプレスリリース)
http://www.loc.gov/today/pr/2009/09-230.html

シェークスピアの四つ折判のデジタルコレクションが公開

英国オックスフォード大学ボドリヤン図書館と米国フォルガー・シェークスピア図書館の共同により、1642年以前のシェークスピアの戯曲の四つ折判をデジタル化したコレクション“The Shakespeare Quartos Archive”が公開されています。今回公開されたのは、提携機関が所蔵する戯曲『ハムレット』の四つ折判32点です。

Shakespeare Quartos Archive opens access to Hamlet(オックスフォード大学図書館のニュースリリース)
http://www.ouls.ox.ac.uk/news/2009_nov_16

The Shakespeare Quartos Archive
http://www.quartos.org/

参考:
英米が協同でシェークスピアの全戯曲をデジタル化へ
http://current.ndl.go.jp/node/7554

2009年の全米「図書館でゲームをする日」が終了

2009年11月14日、米国図書館協会(ALA)の後援の下、2回目となる「図書館でゲームをする日」(National Gaming Day)が行われました。このイベントを通じ、コミュニティにおける図書館の存在感を印象付けると同時に、図書館でみんなでゲームをすることを通じ、参加者の相互交流を促進することができるとされています。米国以外からは、日本(昨年に引き続き、山中湖情報創造館)とカナダ・ケベック州から参加がありました。

Libraries Rock National Gaming Day
- School Library Journal 2009/11/16付けの記事
(山中湖情報創造館の参加についても紹介あり)
http://www.schoollibraryjournal.com/article/CA6707197.html

I Love Libraries - National Gaming Day @ your library
http://www.ilovelibraries.org/gaming/

National Gaming Day @ your library
http://ngd.ala.org/

ngdinfo - GT System Wiki
http://wiki.gtsystem.org/ngdinfo

2009年国際UDCセミナー「岐路に立つ分類」の会議資料

2009年10月29日・30日にオランダ国立図書館で開催された、「岐路に立つ分類」(Classification at a Crossroads- multiple directions to usability )という国際UDCセミナーの会議資料(概要・スライド・音声)が公開されています。「ウェブ資源を分類する」「分類とシソーラス」「分類とセマンティックウェブ」「図書館ネットワークにおける分類」など6つのセッションでの報告と、2本の基調講演の計22本についてのものです。

International UDC Seminar 2009
http://www.udcc.org/seminar2009/index.htm

Programme and Outputs
http://www.udcc.org/seminar2009/programme.htm

事業仕分けで「廃止」と評決された「子どもの読書活動の推進事業」等について、文部科学省が意見募集

2009年11月11日の内閣府の行政刷新会議ワーキンググループによる「事業仕分け」において、文部科学省の「子どもの読書活動の推進事業」「子どもゆめ基金」「学校ICT活用推進事業」等が「廃止」と評決されました。文部科学省は、事業仕分けの対象となった事業について、今後の予算編成に向けて、国民からの意見を募集しています。

○評価コメント・評決結果
第3会場評価結果(11月11日の欄に子どもの読書活動の推進事業と子どもゆめ基金(文部科学省)」等があり)
http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/h-kekka/3kekka.html

○文部科学省の意見募集
行政刷新会議事業仕分け対象事業についてご意見をお寄せください(2009/11/16付け)
http://www.mext.go.jp/a_menu/kaikei/sassin/1286925.htm

11月 16日

小学校の空き教室に図書館を開設

長野県木曽郡木祖村では、2009年11月15日に小学校の空き教室を活用して図書館を開設しています。「源流図書館」と名づけられた同館では、小学校や中学校の図書室の資料を合わせた約19,000冊をサービス対象としており、自宅のパソコンからそれら所蔵資料を検索することができるとのことです。

空き教室を図書館に 木祖小内に15日開館(信濃Live on 2009/11/16付けの記事)
http://www.shinshu-liveon.jp/www/topics/1586

源流図書館(木祖村)
http://www.kisomura.com/modules/library7/

50年延滞の図書が1,000ドルの罰金と共に返却(米国)

米国アリゾナ州フェニックス市の高校の図書館に、1959年に借りられて50年近く延滞されていた図書2冊が、1,000ドルと共に郵送で送られてきたと報じられています。返却した利用者の手紙によると、延滞図書1冊につき1日2セントで計算された罰金745ドルに加えて、罰金のレートの変化などを考慮に入れて1,000ドルを同封したとのことです。ただし、この図書館では延滞による罰金は科しておらず、受け取った職員も困惑しているようです。

Overdue library books returned half century later(LISNews 2009/11/15付けの記事)
http://lisnews.org/overdue_library_books_returned_half_century_later

MIT、オープンアクセスポリシーに関して出版3社と協力

マサチューセッツ工科大学(MIT)は、コンテンツをオープンアクセスで提供している、BioMed Central、Public Library of Science(PLoS)、Beilstein-Institutの3つの出版社が同大学のオープンアクセスポリシーに全面的に協力すると発表しています。これにより、MITの著者らは、オープンアクセスポリシーの下で出版するために、出版社との契約を修正するなどの特別な手続きをする必要がなくなるとのことです。

Open Access Publishers Cooperating With MIT Faculty OA Policy(MIT Libraries News 2009/9/13付けの記事)
http://news-libraries.mit.edu/blog/access-publishers/2200/

図書館スタッフのチームが開発、ノースカロライナ州立大図書館のモバイル向けサービス

米国ノースカロライナ州立大学図書館が新たに、モバイル向けの図書館サービスを開始したということです。このサービスは、図書館スタッフから成る専門チームが、オープンソースソフトウェアを活用して開発しました。モバイル向けサービスでは、OPAC検索、図書館内のコンピュータ端末の空席確認、リアルタイムでのレファレンス、各種イベント案内のほか、ウェブカメラによって、図書館の現在の状態を映像で確認することもできます。

NCSU Libraries Mobile(デモ用画面もあり)
http://www.lib.ncsu.edu/m/about.html

NCSU Mobile Site puts the "Library of the Future" in students' pockets - Peter Scott's Library Blog 2009/11/15付けの記事

欧州の大学出版会、協力して欧州レベルの団体を設立へ

2009年10月に開催されたフランクフルト・ブックフェアにおいて、欧州12か国から40の学術出版会の代表者が集まり、欧州レベルでの大学出版会連合(Europeana university press association)設立に向けた話し合いを持ちました。この連合を設立することにより、大学出版会の可視性の向上、情報共有・共通のトピックに関する議論・協同でのマーケティングや広報などの促進といった効果があるものとして、関係者の期待を集めています。

European university press association to be formed
- Book Seller 2009/11/4付けの記事
http://www.thebookseller.com/news/101968-european-university-press-association-to-be-formed.html

米国ではTwitterの成長が鈍化?

米国では、Twitterの成長が鈍化の兆しを見せていましたが、デジタル関連のマーケティングリサーチを手がけるcomSocre社の調べによると、10月のTwitterへの訪問者数が、前月比で初めて、8%減を記録したということです(2,090万人→1,920万人)。TwitterのCEOであるウィリアムズ(Evans Williams)氏は米国における成長の鈍化を認めているものの、サービスの新しい機能がこの鈍化を再活性化させるとしています。

Trouble At Twitter: U.S. Visitors Down 8 Percent In October
- TechCrunch 2009/11/12付けの記事
http://www.techcrunch.com/2009/11/12/trouble-at-twitter-u-s-visitors-down-8-percent-in-october/

ページ