アーカイブ - 2020年 - story

11月 26日

『カレントアウェアネス-E』403号を発行

『カレントアウェアネス-E』403号を発行しました。

■E2325■ 広島県における学校図書館環境整備の推進
広島県教育委員会・寺田純子,岡田真由,班石由佳

■E2326■ 福島における震災アーカイブズの構築と資料収集の方針
東日本大震災・原子力災害伝承館・瀬戸真之

■E2327■ カナダの冊子体資料共同管理に関するプロジェクト最終報告書
名古屋大学附属図書館・村西明日香

■E2328■ 米国国立農学図書館によるデータレスキュープロジェクト
岡山大学附属図書館・大園隼彦

■E2329■ 研究支援における社会的相互運用性に関するOCLCの報告書
大阪大学附属図書館・小村愛美

■E2330■ 第8回 マイクロ・ライブラリーサミット<報告>
一般財団法人森記念財団/大阪府立大学観光産業戦略研究所・礒井純充

11月 12日

『カレントアウェアネス-E』402号を発行

『カレントアウェアネス-E』402号を発行しました。

■E2320■ コロナ禍の博物館等を支援する3D&VRボランティア撮影
一般社団法人VR革新機構・横松繁

■E2321■ JADS第99回研究会「新型コロナ資料の収集」<報告>
東京国立博物館・阿児雄之

■E2322■ オランダ・ILP Labによるウェブサイト収集への提言
関西館電子図書館課・福島優寿

■E2323■ 諸外国における読書習慣調査と読書推進活動
関西館図書館協力課・木下雅弘

■E2324■ Asia OA Meeting 2020<報告>
オープンアクセスリポジトリ推進協会事務局・安原通代

10月 29日

『カレントアウェアネス-E』401号を発行

『カレントアウェアネス-E』401号を発行しました。

■E2315■ 移動図書館がつくるウィズコロナでの豊かな日常の可能性
佐倉市資産管理経営室・榊田大輔

■E2316■ University Journals:出版を大学や研究者に取り戻す挑戦
京都大学東南アジア地域研究研究所・設樂成実

■E2317■ ジャパンサーチ正式版の機能紹介
電子情報部電子情報企画課次世代システム開発研究室

■E2318■ 第4回デジタルアーカイブ産学官フォーラム<報告>
早稲田大学坪内博士記念演劇博物館・中西智範

■E2319■ CMSを利用したデジタルアーカイブの構築<報告>
筑波大学附属図書館・大久保明美

10月 16日

カレントアウェアネス・ポータルに英訳コンテンツを追加しました。

2020年10月16日、カレントアウェアネス・ポータルで新しく英文記事2件を公開しました。

新しい英語のコンテンツは、メールマガジン(CA-E)における、国立国会図書館に関する記事を翻訳したものです。

今回公開した2つの新しい記事に加え、今後も新しい記事を公開していく予定です。

E2240e - NDL Updates Four Search Services including Minutes of the Diet
https://current.ndl.go.jp/en/e2240_en

E2257e - Completion of Storage Annex at Kansai-kan of the National Diet Library
https://current.ndl.go.jp/en/e2257_en

10月 15日

『カレントアウェアネス-E』400号を発行

10月 1日

『カレントアウェアネス-E』399号を発行

9月 30日

『カレントアウェアネス』345号掲載

『カレントアウェアネス』345号(2020年9月20日発行)の記事を掲載しました。

9月 17日

『カレントアウェアネス-E』398号を発行

9月 3日

『カレントアウェアネス-E』397号を発行

■E2293■ 八王子市(東京都)のオーディオブック配信サービスについて
八王子市生涯学習センター図書館・藤原頼晶

■E2294■ フロッピーディスク保存の新デバイス「ポリーヌ」について
ゲーム保存協会・ルドン・ジョゼフ

■E2295■ 「京都大学研究データ管理・公開ポリシー」採択の経緯
京都大学附属図書館・西岡千文,藤原由華,吉田弘子

■E2296■ データリポジトリの信頼性に関するTRUST原則
国立情報学研究所オープンサイエンス基盤研究センター・南山泰之

■E2297■ 韓国国立中央図書館の新型コロナウイルス対応
利用者サービス部政治史料課・河村真澄

■E2298■ 南欧の国立図書館における複写貸出サービス
関西館文献提供課・加藤大地

9月 1日

カレントアウェアネス・ポータルの「図書館関係雑誌目次RSS集(国内)」へのタイトルの追加等を行いました

「カレントアウェアネス・ポータル」は、国立国会図書館(NDL)の雑誌記事索引から、国内の図書館関係雑誌の目次情報のRSSフィードを取得して配信するアグリゲーションサービスを「図書館関係雑誌目次RSS集(国内)」のページで提供しています。

この度、以下の10誌を追加するとともに、RSSのフィードが行われていないタイトルなどを整理しました。引き続きご活用くださいますと幸いです。

〇追加したタイトル
・沖縄県図書館協会誌(沖縄県図書館協会)
・国文学研究資料館紀要. アーカイブズ研究篇(国文学研究資料館)
・デジタルアーカイブ研究所年報(岐阜女子大学デジタルアーカイブ研究所)
・デジタルアーカイブ学会誌(デジタルアーカイブ学会)
・同志社図書館情報学(同志社大学図書館司書課程) 
・南葵音楽文庫紀要(和歌山県立図書館)
・未来の図書館研究所調査・研究レポート(未来の図書館研究所)
・立正大学図書館司書課程年報(立正大学文学部図書館司書課程)
・Journal of I-LISS Japan(国際図書館情報学会日本支部)
・St.Paul's librarian(立教大学学校・社会教育講座司書課程)

8月 20日

『カレントアウェアネス-E』396号を発行

■E2287■ 城西大学水田記念図書館の利用者支援RPG『TOSHOKAN QUEST』
城西大学水田記念図書館/日本アスペクトコア株式会社・近藤倫史

■E2288■ 研究成果公開の新たな国際標準に向けた筑波大学の取組
筑波大学人文社会系・池田潤
筑波大学URA研究戦略推進室・新道真代,森本行人

■E2289■ Code4Lib JAPANカンファレンス2020,オンラインにて開催
物質・材料研究機構・田辺浩介

■E2290■ 英国の子どもの読書傾向に関する調査レポート
国際子ども図書館企画協力課・繁元康太

■E2291■ ACRL「アクセスサービス図書館員の枠組み」の紹介
利用者サービス部サービス運営課・野上恭代

■E2292■ 阪神・淡路大震災から25年目を迎えた図書館等の取組
関西館図書館協力課調査情報係

8月 3日

8/3(月)の「カレントアウェアネス・ポータル」メンテナンス作業は終了しました。

2020年8月3日(月)の19時から実施していた、「カレントアウェアネス・ポータル」のメンテナンス作業は終了いたしました。

通常通り接続していただくことが可能になりましたので、お知らせします。

【再掲】【本日】メンテナンス作業のお知らせ(2020/8/3(月)19:00~20:00ごろ)

2020年8月3日(月)の19時から20時頃にかけて、「カレントアウェアネス・ポータル」のメンテナンス作業を実施するため、サイトに接続できなくなります。作業が終了次第お知らせいたします。

ご迷惑をおかけしますがどうぞご了承ください。

7月 31日

メンテナンス作業のお知らせ(2020/8/3(月)19:00~20:00ごろ)

2020年8月3日(月)の19時から20時頃にかけて、「カレントアウェアネス・ポータル」のメンテナンス作業を実施するため、サイトに接続できなくなります。作業が終了次第お知らせいたします。

ご迷惑をおかけしますがどうぞご了承ください。

7月 30日

『カレントアウェアネス-E』395号を発行

7月 9日

『カレントアウェアネス-E』394号を発行

6月 30日

カレントアウェアネス・ポータルに英文コンテンツを追加しました。

2020年6月30日、カレントアウェアネス・ポータルで新しく英文記事1件を公開しました。

新たな英文コンテンツは、『カレントアウェアネス』に掲載した、欧州の図書館と電子書籍を巡る状況に関する記事の原語版です。

今回の新しい記事に加えて、今後もコンテンツの追加を予定しております。

CA1979e - European Libraries and eBooks - RIP the public library as we know it? / Benjamin White
https://current.ndl.go.jp/en/ca1979_en

『カレントアウェアネス』344号掲載

『カレントアウェアネス』344号(2020年6月20日発行)の記事を掲載しました。

6月 25日

『カレントアウェアネス-E』393号を発行

6月 19日

「カレントアウェアネス・ポータル」正式運用開始から14周年

2006年6月20日に正式運用を開始した当サイト「カレントアウェアネス・ポータル」は、2020年6月20日に14周年を迎えます。いつもご利用ありがとうございます。

今後もコンテンツの充実に努めてまいりますので、引き続き、ご愛顧とご支援を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

参考:
このサイトについて
https://current.ndl.go.jp/about
※当サイトのリーフレットや紹介文献等を掲載しています。

ページ