E018 - BNFの前事務総長,BNFを論じる

カレントアウェアネス-E

No.3 2002.11.06

 

 E018

BNFの前事務総長,BNFを論じる

 

 フランス国立図書館(BNF)は1996年末トルビアックに新館開館後,システムの故障,劣悪な職場環境,職員ストライキなど,数々のトラブルに見舞われ,識者による批判や論争を招いていた( CA1284参照 )。図書館が正常に運営されるようになり,また論争が鎮静化した今日,はじめてBNFに関して客観的に論じた著作が出版された。

 BNF前事務総長スタッセ(F. Stasse)氏が著した『大図書館の真の歴史』はBNFに生じた多くの問題は何より,故ミッテラン大統領が建物の完成を優先させたためであると指摘し,その間の経緯など,計画の始まりから運営に至るまでの曲折を詳細に述べ,さらに同書はフランス図書館界全体の見地からBNFを捉えなおして論じている。

Ref:
F.Stasse:la verite sur la BNF Livres Hebdo (478) 88-89, 2002
Stasse, F. La veritable histoire de la grande bibliotheque. Seuil,2002.205p