E2071 - 平成30年北海道胆振東部地震による図書館等への影響

カレントアウェアネス-E

No.357 2018.11.08

 

 E2071

平成30年北海道胆振東部地震による図書館等への影響

 

    2018年9月6日未明に北海道胆振地方を震源とする地震が発生し,様々な被害が生じた。本稿では,2018年11月2日までの情報を基に,地震の影響を受けた図書館等の状況を中心に紹介する。

●図書館への影響
   北海道内の多くの公立図書館,大学図書館が,地震の影響により臨時休館を発表した。恵庭市立図書館など,多くの図書館で蔵書の落下が見られたほか,震度6強を観測したむかわ町の町立穂別図書館では,全ての本棚が倒壊,破損した。
https://www.facebook.com/trc.eniwa.library/posts/1832690286797125
http://pomu.town.mukawa.lg.jp/item/5437.htm#itemid5437

    また,北海道立図書館(江別市)や北海道大学附属図書館(札幌市)など,地震に起因する停電により,ウェブサイトが一時閲覧不可になった館や業務の休止を余儀なくされた館が見られた。
https://twitter.com/do_pref_lib/status/1037874819893612545
https://www.facebook.com/hokudailibrary/posts/2437637466248227

   その後,多くの館では数日で再開が発表されたが,再開が遅れた館又は再開時期未定の館も見られる。震度7を観測した厚真町では,青少年センター図書室,厚南会館図書室を臨時休館していたが,それぞれ10月1日,3日から利用を再開した。また,震度6強を観測した安平町では,追分公民館図書室,早来公民館図書室を臨時休館していたが,ともに10月16日から利用を再開した。
http://www.town.atsuma.lg.jp/office/news/news/14761/
https://www.town.abira.lg.jp/oshirase/1/9244

    北海道立図書館は,平成30年北海道胆振東部地震による道内図書館(室)の閉館状況を公表し,随時更新を行っている。10月16日時点では,むかわ町立穂別図書館,むかわ町四季の館まなびランドの2館が再開時期未定となっていたが,11月1日には,むかわ町四季の館まなびランド図書室の同日からの再開が発表された。なお,むかわ町立穂別図書館は引き続き再開時期未定となっている。
http://www.library.pref.hokkaido.jp/web/news/vmlvna0000009kpf.html

●博物館等への影響
    博物館,美術館,資料館等についても,地震による施設被害又は停電等の原因により,多くの館が臨時休館を発表した。9月8日,北海道博物館(札幌市)は,同館の営業状況や被害状況をまとめたページ「台風21号および平成30年北海道胆振東部地震による影響についてのまとめ」を公開し,9月22日,10月2日に情報の更新を行った。
http://www.hm.pref.hokkaido.lg.jp/post/news/detail9930/

   その後ほとんどの館が再開した一方,再開が遅れた館,再開時期未定の館も見られる。むかわ町穂別博物館では,常設展示資料やガラスケースの破損,本棚の倒壊などの被害により臨時休館していたが,9月30日から開館した。同館は博物館だより『ホッピーだより』No.407(2018年10月)で,地震による被害状況を紹介している。施設被害により臨時休館していた札幌市豊平川さけ科学館は,11月1日からの営業再開を発表した。安平町の早来郷土資料館,追分郷土資料館は,10月23日時点の情報では震災被害のため再開時期未定となっている。
http://pomu.town.mukawa.lg.jp/item/5451.htm#moduleid1550
http://www.town.mukawa.lg.jp/secure/3641/Hoppy_Letter_407lq.pdf
https://salmon-museum.jp/2018/10/25/11818
https://www.town.abira.lg.jp/oshirase/1/9244

●被災地・被災者を支援する動き
    9月6日,国立研究開発法人防災科学技術研究所(NIED)が,被災地における災害対応支援を目的として,同研究所が運用する府省庁防災情報共有システム(SIP4D)に収集された情報を目的別に集約・公開する「平成30年北海道胆振東部地震 クライシスレスポンスサイト」を公開した。
http://crs.bosai.go.jp/DynamicCRS/index.html?appid=5a555e4a581c4e2885b59a658535fd3e

   9月20日には,大阪府立図書館が,被災者(平成30年北海道胆振地方中東部を震源とする地震に係る災害救助法の適用者)のうち大阪府及び近隣府県(京都府・兵庫県・奈良県・和歌山県・滋賀県・三重県)に避難している住民を対象に,臨時的措置として利用者登録を実施すると発表した。
http://www.library.pref.osaka.jp/site/info/oshirase-hokkaidou2018.html

    日本医学図書館協会は,6月18日の大阪府北部を震源とする地震(E2048参照)及び平成30年7月豪雨(E2056参照)の被災地の大学・病院・医療関連機関等に無償で文献複写サービスを提供するなどの支援を行っている会員館に加え,台風第21号(E2070参照)及び平成30年北海道胆振東部地震の被災地に同様の支援を行っている会員館についても情報を公開している。
http://plaza.umin.ac.jp/~jmla/info/hisaichi_kanrentaio_2018.html

●被災資料保全のための動き
    9月6日,文化財防災ネットワークが,平成30年台風第21号及び平成30年北海道胆振東部地震による文化財等への被害状況や救出活動に関する情報の提供を呼びかけた。
https://ch-drm.nich.go.jp/news/
https://ch-drm.nich.go.jp/news/【速報】台風第21号および北海道胆振地方中東部を#more-2639

   9月11日には,歴史資料ネットワークが,「2018年台風21号および北海道胆振東部地震被災地のみなさま,ボランティアのみなさまへ(歴史資料保全のお願い)」を発表した。
http://siryo-net.jp/info/201809jebi-iburi/

●図書館等関係団体の動き
     日本図書館協会は,9月7日,被災図書館向けの対応方法などを示した「被災図書館の方へ」をウェブサイトのお知らせ欄に再掲した。9月12日には「北海道胆振東部地震の図書館被害について」を発表し,震度5以上を記録した地域にある図書館の被害状況を掲載した。
https://www.jla.or.jp/default.aspx
http://www.jla.or.jp/committees//tabid/749/Default.aspx
http://www.jla.or.jp/home/news_list/tabid/83/Default.aspx?itemid=4190

    国立情報学研究所は,地震発生に伴う全道の停電を受けて,9月6日に北海道内のNACSIS-ILLシステム参加館全てのILLのステータスを一時的に受付不可に切り替えた。その後,参加館にILL受付の可否を連絡するよう呼びかけ,9月12日には同日時点の参加館受付状況をまとめた「参加館リスト」を発表した。リストは9月20日にも更新が行われた。
https://www.nii.ac.jp/CAT-ILL/2018/09/ill_40.html
https://www.nii.ac.jp/CAT-ILL/2018/09/ill_41.html
https://www.nii.ac.jp/CAT-ILL/about/infoill/jishin/kokunaiill_20180906.html

    北海道博物館協会は,9月10日,加盟館園の被災状況について調査の実施を発表し,翌11日に加盟館園の「被災状況現況リスト」を公表した。リストは9月12日,13日,15日,20日,10月2日にも更新が行われた。10月19日には,9月末時点における厚真町軽舞遺跡調査整理事務所の被災状況について速報を公開した。10月26日には,9月15日に安平町で実施した文化施設の被災資料支援の報告書を公開した。
http://www.hkma.jp/information/1189
http://www.hkma.jp/information/1191
http://www.hkma.jp/information/1202
http://www.hkma.jp/wp-content/uploads/karumai.pdf
http://www.hkma.jp/information/1205
http://www.hkma.jp/wp-content/uploads/20180915abira.pdf

    全国科学博物館協議会は,9月6日,平成30年北海道胆振東部地震による加盟館園の被害状況や必要な支援内容に関する情報提供を呼びかけた。
https://www.facebook.com/jcsm.jp/posts/877540932369591

●刊行物
    『図書館雑誌』112巻10号(2018年10月)が,「北海道胆振東部地震の図書館被害について」を掲載した。
北海道胆振東部地震の図書館被害について. 図書館雑誌. 2018, vol. 112, no. 10, p. 657-658.

関西館図書館協力課調査情報係