E292 - 視覚障害者向けデジタル録音図書提供サービス(米国)

カレントアウェアネス-E

No.52 2005.02.02

 

 E292

視覚障害者向けデジタル録音図書提供サービス(米国)

 

 2004年11月,米国議会図書館の視覚障害者および身体障害者のための全国図書館サービス(LC/NLS;CA1486参照)およびオレゴン州など5州の視覚障害者向け図書館は共同で,OverDrive社(E047参照)の開発したシステムを用いて,デジタル録音図書(digital audio book)を提供するサービスを開始した。

 利用者はサービスサイトUnabridgedからデジタル録音図書を自分のパソコンにダウンロードして利用する。音声圧縮フォーマットには著作権保護機能も備えたマイクロソフト社のWMAを採用しているが,MP3に変換したりCDに複製することもできる。1度に借り出せるのは3冊までで,貸出期間は14日間。期限を過ぎると自動的に利用できなくなり,返却扱いとなる。

 2年の試験プロジェクトで改良を加えた後,2008年頃の本格運用を目指している。LC/NLSのシルケ(Kurt Cylke)局長は,このサービスを通じてNLSのデジタル録音図書を提供する可能性も探りたいと述べている。

Ref:
http://www.overdrive.com/news/pr/20050105.asp
http://www.unabridged.info/
http://www.loc.gov/nls/newsreleases/20041214.html
http://www.ndl.go.jp/jp/library/lis_research/lis_rr_01.pdf
CA1486
E047