E520 - 図書館で,にぎやかに!−視覚障害者向けサービスの提供(英国)

カレントアウェアネス-E

>No.88 2006.08.02

 

 E520

図書館で,にぎやかに!−視覚障害者向けサービスの提供(英国)

 

 2006年7月,視覚障害者へのサービスを周知するためのイベント“Make a Noise in Libraries”(MaNiL)が英国で開催された。MaNiLの目的は,視覚障害者に地元の公共図書館を訪れてもらい,どのようなサービスを受けられるのかを知ってもらうとともに,もっと視覚障害者のニーズに応えられるような図書館サービスを行うよう,公共図書館に促すことにある。  

 第5回を迎えた2006年のMaNiLは,2週間の日程(北アイルランドは1週間)で行われた。MaNiLの開催にあたり中心となった国立盲人図書館(National Library for the Blind: NLB)は,各図書館共通のイベントとして,「本による想い出」というテーマのもと,子ども時代や学生時代を思い起こさせるような本を読む読書会を開催するよう要請した。この読書会のほか,各図書館は独自のイベントとして,人気作家の講演会,パーカッション奏者による無料音楽会,歴史研究家による地元の録音資料や口頭伝承の紹介,視覚障害者向けの電子資料や自動朗読ソフトの紹介といったイベントを行った。定期的に行っている読書会をもっと宣伝して大規模に行うという図書館もあれば,展示中心の図書館や,“Coffee Morning”“Afternoon Tea”と無料の飲食サービスを前面に出す図書館もあった。  

 NLBはまた,MaNiLのポスターとしおりを作成・配布するとともに,読書会向けブックリストや,読書会を開催するに当たって留意すべきポイントや有益なリンク集などを示したガイドを提供し各図書館を支援した。また,チャリティ団体“The Living Paintings Trust”が触って読む絵本を組織会員以外の図書館にも無料で貸し出したりするなど,関連団体の協力もあった。

Ref:
http://www.nlb-online.org/mod.php?mod=userpage&menu=66&page_id=485
http://www.livingpaintings.org/