E743 - 問題解決のために利用する情報源はネット?図書館?専門家?

カレントアウェアネス-E

No.121 2008.01.23

 

 E743

問題解決のために利用する情報源はネット?図書館?専門家?

 

 インターネットに関するさまざまな調査を実施している米国の非営利団体Pew Internet & American Life Projectとイリノイ大学アーバナ・シャンパーン校は2007年12月,米国博物館・図書館サービス機構(IMLS)の助成のもと,「問題解決の助けが必要な状況において,インターネット,図書館,政府系機関などのうち,米国人はどのような情報源に頼るのか」について電話調査を実施し,その結果を報告書「問題を解決する情報探索:助けが必要なとき人はどのようにインターネット,図書館,政府機関を利用するか (Information searches that solve problems: How people use the internet, libraries, and government agencies when they need help)」としてまとめ,公表した。

 調査は2007年6月から9月にかけて行われ,2,796名のサンプルに対し,この2年間のうちに,深刻な病気,転職,起業,税に関する問題,法律に関する問題など10の問題状況について,解決のためにどのような情報源を選択したかが尋ねられた。

 報告書によると,主に以下のようなことが分かったという。

  • 多くの人(全体平均で58%)がインターネットを情報源として利用している。
  • 情報探索は2,3の情報源に頼って行われることが多く,概して満足のいく結果に終わっている。特に政府機関,図書館員,インターネットを情報源とするとき,満足度が高い。
  • 図書館は特別なニーズを満たしている。
  • ブロードバンドでインターネットを利用できる環境にある人は,そうでない人よりうまく問題解決のための情報探索を行える,というデジタル・ディバイドが問題になっている。
  • 利便性を高めるため,政府文書は複数の形態とサイズで作成されるべきである。
  • 大多数の米国人が,政府情報をウェブを介して入手したいと考えており,電子政府は今や「オプション」ではなく,「必要不可欠なもの」と考えられている。

 また図書館に関する結果を詳しく見ると,次のようなことが明らかになったという。

  • 問題解決の情報源として公共図書館を利用した人は13%であったが,利用者の満足度は高く,直接関連のある政府機関に問い合わせた場合の満足度に次ぐ2位であった。
  • 問題解決のために公共図書館を利用した人の65%が,コンピュータが使えること,特にインターネットが使えることを利用の理由として挙げている(E699参照)。しかしインターネットの利用環境に恵まれない人の方が図書館を利用しているというわけではなく,むしろ恵まれた環境にある人の方が利用する傾向にある。
  • 最もよく公共図書館を利用している世代は,「Y世代:Generation Y(18歳から30歳の世代)」で,今後も問題を解決するために図書館を利用すると答えたのは,30歳より上の世代で20%だったのに対し,Y世代では40%にのぼったという。
  • 図書館を情報源として利用したと答えた人の割合は,高所得者より低所得者層で,白人の米国人よりもアフリカ系米国人や,ラテン系米国人で高かった。今後問題状況が生じたときに図書館を利用したいと答えた人の割合も同様であった。

 最も意欲的な図書館利用者がインターネットやITに慣れ親しんでいるY世代であったという結果は,報告書中でも特筆されている。情報探索の手段として図書館が一定の存在感を示しているとも読むことができる今回の調査結果に対し,米国図書館協会(ALA)のロイ(Loriene Roy)会長は声明の中で「この調査は,全米のコミュニティにおいて,図書館が“人生の目標を達成し,社会に貢献するのを手助けするような情報と資源を市民に提供すること”という重要な役割を担い続けるということを明らかにした」と述べている。

Ref:
http://www.pewinternet.org/pdfs/Pew_UI_LibrariesReport.pdf
http://www.pewinternet.org/pdfs/Topline_Pew_UI_Libraries.pdf
http://www.pewinternet.org/PPF/r/231/report_display.asp
http://www.ala.org/ala/pressreleases2008/january2008/lrqpew.htm
http://newsbreaks.infotoday.com/wndReader.asp?ArticleId=40549
http://www.libraryjournal.com/article/CA6521774.html
E699