2009年に英語圏で最も使用された単語は“Twitter”

米国のGlobal Language Monitorの発表によると、2009年に英語圏で最もよく使われた単語は“Twitter”だということです。

2009年のTwitterへの注目度急上昇は日本でも同じで、検索ランキングや、ヒット商品ランキングで上位入りを果たしています。

Top Word of 2009: Twitter
Followed by Obama, H1N1, Stimulus, and Vampire
“King of Pop” is Top Phrase; “Obama” is top name
http://www.languagemonitor.com/news/top-words-of-2009

2009年最も使用された英単語は「Twitter」
- INTERNET Watch 2009/12/1付けの記事
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20091201_332502.html

Google日本検索ランキング、急上昇1位は「ドラクエ」 「~とは?」1位はTwitter - ITmedia NEWS 2009/12/2付けの記事
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0912/02/news094.html

日経ヒット商品番付、Twitterが小結に ドラクエIXやけいおん!も
- ITmedia NEWS 2009/12/2付けの記事
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0912/02/news044.html