Googleがフランスのリヨン市立図書館の蔵書のデジタル化を開始

Google社が、フランスのリヨン市立図書館の蔵書のデジタル化作業を開始したと報じられています。フランス有数の規模である同図書館はGoogle社によるデジタル化について2008年に合意しており、16-19世紀の資料などのパブリックドメインの資料約50万冊が10年以内にデジタル化されるようです。なお、記事では先日サルコジ大統領が表明した「官民パートナーシップによるデジタル化」についても言及しており、その提携相手がGoogle社ではないかという識者の見解も紹介されています。

Google gets digital foothold in France(2009/12/20付けYahoo! News(AFP)の記事)
http://news.yahoo.com/s/afp/20091220/tc_afp/franceusinternetcompanygoogle

Google Begins Scanning Books from Municipal Library of Lyon, France(2009/12/22付けResourceShelfの記事)
http://www.resourceshelf.com/2009/12/22/google-begins-scanning-books-from-municipal-library-of-lyon-france/

参考:
E817 - フランス初,リヨン市立図書館がGoogle Book Searchと協力関係
http://current.ndl.go.jp/e817

E969 - フランス国立図書館とGoogleの連携をめぐる動向
http://current.ndl.go.jp/e969

フランス、文化遺産のデジタル化に約1000億円を投入へ
http://current.ndl.go.jp/node/15473