2012年の図書館システム市場の動向予測(記事紹介)

ALA TechSourceに、2012年1月10日付けで、ブリーディング(Marshall Breeding)氏による“What's In Store for the Library Automation Industry in 2012?”という記事が掲載されています。この記事は、2012年の図書館システム市場の動向予測が記されたもので、2012年は大手の図書館システムベンダのクラウド型図書館システムが出そろって「分岐点」となる年(watershed year)だと述べられています。その他、Kuali OLE等のオープンソースソフトウェア、ベンダの買収、SkyRiverとOCLCの訴訟の行方、モバイル、近距離無線通信(NFC)、クラウド、電子書籍等のトピックスについて触れられています。

What's In Store for the Library Automation Industry in 2012? (ALA TechSource 2012/1/10付け記事)
http://www.alatechsource.org/blog/2012/01/whats-in-store-for-the-library-automation-industry-in-2012.html