第2章 調査の結果 図表<3.2>「大学図書館職員長期研修」研修カリキュラムの変遷(平成12年度〜平成16年度)

第2章 調査の結果3 筑波大学「大学図書館職員長期研修」図表<3.2>「大学図書館職員長期研修」研修カリキュラムの変遷(平成12年度〜平成16年度)枠組 研 修 科 目 標 題 12年度 13年度 14年度 15年度 16年度1 大学図書館の管理・運営(総論)1-1大学図書館行政 ▲        1-2行…

第2章 調査の結果

 

3 筑波大学「大学図書館職員長期研修」

図表<3.2>「大学図書館職員長期研修」研修カリキュラムの変遷(平成12年度〜平成16年度)

枠組 研 修 科 目 標 題 12年度 13年度 14年度 15年度 16年度
1 大学図書館の管理・運営(総論)1-1大学図書館行政 ▲       
1-2行政説明  ▲      ▲   ▲   ▲  
1-3大学図書館の在り方 ○      
1-4大学図書館の役割  ○   ○   ○   
1-5大学図書館の現状と課題 ○       
1-6大学図書館の課題と国大図協の活動概要  ○   ○   ○   
1-7大学図書館の将来  ○   ○   ○   
1-8大学図書館の役割と将来展望     ○  
1-9大学図書館の運営 ◎   ◎   ◎   ◎   ◎  
1-10図書館のマーケティング ◎   ◎   ◎   ◎   ◎  
1-11保存システム (※平成14年度は「保存図書館システム」) ●  2/3●  2/3●   2/3●    
1-12大学図書館の建築と設備2◎  1.5◎   1.5◎    ◎   ◎  
1-13大学図書館の相互協力 ○      
1-14地域公開と大学図書館ボランティア2/3○       
2 大学改革と図書館2-1大学改革について0.5▲      
2-2大学改革の推移 0.5▲   0.5▲ 0.5▲    
2-3国立大学法人制度     ▲  
2-4国立学校特別会計の制度 0.5▲  0.5▲     
2-5国立大学法人における財務・会計制度   0.5▲   
2-6国立大学法人における財務制度    ■   ■  
2-7図書館業務の多様化に対応した業務の在り方(見直し)  ○   ○    
2-8法人化に向けた図書館業務の見直し    ○   
2-9大学図書館運営の課題と改善     ○  
2-10大学図書館における機構改革 ○   ○   ○   ○   ○  
2-11業務分担と評価の在り方  ■   ■   ■   
3 電子図書館的機能の整備とその推進3-1Web管理概説2 ◎  2◎   2◎     
3-2Web情報発信概説2 ◎  2◎   2◎     
3-3Webページデザイン概説    ◎   
3-4電子図書館概説 ◎   ◎   ◎   ◎   
3-5電子図書館システムの実際2/3○   2/3○   2/3○  2/3○   
3-6電子図書館の今後の展望     ◎  
3-7電子図書館と契約     ○  
3-8東京大学情報基盤センター電子図書館部門の概要 ○      
3-9アグリゲータ機能を付加した学内情報提供サービス(見学)  2○   2○   2○    
3-10Webサイトを通じた大原社会問題研究所の試み  2/3●    
3-11学術情報の収集・発信の企画と運用    ○   ○  
3-12大学図書館と情報処理センターとの連携 ○      
3-13国文学とコンピュータ(見学)2●   2●      
3-14e-ラーニングと大学図書館    ◎   ◎  
4 電子的資料の導入(平成13〜15年度)4-1電子ジャーナルの動向 ○      
4-2電子ジャーナルの現状  ○   ○    
4-3電子ジャーナルの導入と契約   ○   ○   
4-4電子ジャーナルと学術コミュニケーションの行方   ●    
4-5大学図書館における契約事務(※平成13年度は「図書館における契約事務」) ○     ○       
4-6電子出版の動向 ■   ■   ■   ■   ■  
4-7電子出版の実際(見学)(※平成14年度は「電子出版関連の現状と将来(見学)」)2■   2■   2■  2■   
5 国立情報学研究所の活動(平成14年度まで)
学術情報の流通(平成15年度以降)
5-1国立情報学研究所の組織と役割 ◎    ◎    
5-2情報学研究の今後の展望  ◎     
5-3学術情報の流通と国立情報学研究所の役割     ◎  
5-4国立情報学研究所各事業の今後の施策2/3◎      
5-5電子図書館システムの動向と課題 ◎      
5-6学術情報のデジタル化への対応  ◎   ◎    
5-7多言語対応システムの設計と運用の実際2/3◎      
5-8グローバル化社会に対応した図書館の在り方  ◎   ◎   ◎   
5-9国立情報学研究所のメタ・データベース(仮称)について   ◎    
5-10国際学術コミュニケーションの現状と課題    ◎   ◎  
5-11素粒子物理学分野における情報の流通    ●   
5-12国際化時代における図書館協力     ○  
6 多様化する情報サービス6-1情報探索空間としてのインターネット ◎   ◎     
6-2学内LANを利用した情報提供サービス(見学)2○       
6-3学術情報リテラシーの実際 ○      
6-4大学図書館における情報リテラシー教育の実際  ○   ○   ○   ○  
6-5大学図書館における教育支援サービス(平成16年度は「大学図書館における学習・教育支援サービス」)   ◎   ◎    ◎    
6-6文部科学省における学術情報政策  ▲     
6-7著作権制度0.5▲    ▲   ▲   ▲   ▲  
6-8大学図書館における著作権 ●   ●   ●   ○   ○  
6-9情報化社会における図書館の役割  ●   ●   ●   ●  
6-10企業における情報収集とGray literature(平成16年度は「企業における情報収集」) ■    ■    ■    ■    ■   
6-11古文献学概説 ●      
6-12古典資料の保存と利用     ●  
7社会の変革と大学図書館(平成13〜15年度)7-1生涯学習社会における大学図書館の役割  ■   ■    
7-2大学図書館に期待するもの ●   ●   ●   ●   ●  
7-3山手コンソーシアムの取り組み  2/3○     
7-4明治大学における図書館の運営と山手コンソーシアムの取組       ○   
8 その他8-1情報化社会の展望 ■      
8-2生涯学習の動向 ●      
8-3職場における健康管理 ●   ●   ●   ●   
8-4わかりやすい表現のための7つのポイント ●   ●   ●   ●   
8-5プレゼンテーション概説    ■   
8-6プレゼンテーション演習  2■    ■  2■   
8-7在外研究員報告 ◎   ◎     
8-8共同討議・グループ討議(報告を含む) 5    5   5   5   5  
8-9見学7施設 6施設   7施設   8施設   1施設   
  合 計 コ マ 数 (開講式・オリエンテーション・閉講式を除く)5250545034

 

注1)平成12年度〜平成16年度の「大学図書館職員長期研修日程表」および「講義要綱目次」にもとづいて作成した。
ただし「枠組(1〜8)」は平成13年度〜16年度にもとづく。

注2)担当講師の大まかな区分けを次の記号で表した。
   ◎…図書館情報学分野の研究者 ○…大学図書館職員(主に管理職) ●…図書館情報学以外の分野の研究者
    ▲…文部科学省・文化庁などの行政職 ■…民間団体・企業所属の者

注3)記号の前の数字は、開講コマ数(1コマは90分)。ただし1コマの場合は数字を省略。

注4)「見学」については、コマ数ではなく見学施設の数で示した。