米国で新たなパブリックアクセス方針成立 研究に費やされる税金のうち半額以上分がパブリックアクセスの対象に

2014年1月16日、政府助成研究のパブリックアクセス方針に関する文言を含む2014年統合予算法修正案(Consolidated Appropriations Act of 2014、HR 3547)が米国議会上院で可決されました。同法案は2014年1月15日に米国議会下院で提案・可決されていたもので、1月17日にオバマ大統領により署名されました。

2014年統合予算法修正案では、米国教育省、労働省、健康・人的サービス省に属し、年間の研究予算が1億ドルを超える機関に対し、パブリックアクセス方針を定めるよう求めています。また、そのパブリックアクセス方針には、助成研究の成果に基づく査読付き雑誌論文について、著者最終稿もしくは出版者版を、出版後12カ月以内にオンラインで誰でもアクセスできるようにする、という内容を含むように、ともしています。

米SPARCによれば、現在米国では年総額600億ドルの税金が研究のために使用されているとのことです。2014年統合予算法修正案が成立したことで、そのうち半額を超える310億ドル以上が、その助成研究の成果がパブリックアクセスの対象となる範囲に含まれることになりました。

Bill Summary & Status 113th Congress (2013 - 2014) H.R.3547(THOMAS Library of Congress)
http://thomas.loc.gov/cgi-bin/bdquery/z?d113:h.r.3547:

New open-access mandates in the US.(Google+へのPeter Suberの投稿、2014/1/18付け)
https://plus.google.com/+PeterSuber/posts/BxaAbKqv5HS

Half of taxpayer funded research will soon be available to the public(The Washington Post、2014/1/17付け)
http://www.washingtonpost.com/blogs/the-switch/wp/2014/01/17/half-of-taxpayer-funded-research-will-soon-be-available-to-the-public/

Public Access to Scientific Research Advances: Omnibus Appropriations Bill Codifies White House Directive(SPARC、2014/1/16付け)
http://www.sparc.arl.org/news/omnibus-appropriations-bill-codifies-white-house-directive

米国:新たなパブリックアクセス方針(記事紹介)(STI Updates、2014/1/21付け)
http://johokanri.jp/stiupdates/policy/2014/01/009507.html

米国: 新たなパブリックアクセス方針への反応(STI Updates、2014/1/21付け)
http://johokanri.jp/stiupdates/policy/2014/01/009515.html