米国デジタル公共図書館(DPLA)のメタデータ収集の仕組み等の紹介(文献紹介)

オープンアクセス誌“D-Lib Magazine”の2014年7・8号に、米国デジタル公共図書館(DPLA)の技術的な側面を紹介した記事“On Being a Hub: Some Details behind Providing Metadata for the Digital Public Library of America”が公開されています。メタデータ要件の選択やソフトウェアの評価から、DPLAのメタデータ収集のワークフローまで、サービス・ハブの技術的な側面を紹介しているとのことです。

Lisa Gregory ; Stephanie Williams. On Being a Hub: Some Details behind Providing Metadata for the Digital Public Library of America. D-Lib Magazine. 2014, 20(7/8).
http://www.dlib.org/dlib/july14/gregory/07gregory.html

参考:
米国デジタル公共図書館(DPLA)のメタデータモデルの概説資料が公開
Posted 2014年3月27日
http://current.ndl.go.jp/node/25778

E1429 - 米国デジタル公共図書館(DPLA)が公開される
カレントアウェアネス-E No.237 2013.05.23
http://current.ndl.go.jp/e1429