OCLC Research、国際標準名称識別子ISNIと組織の識別子に関する課題を示した報告書を公開

2016年5月3日、OCLC Researchは国際標準名称識別子ISNIと組織の識別子に関する課題を示した報告書“Addressing the Challenges with Organizational Identifiers and ISNI”を公開しました。

報告書は特に学術機関について扱われており、ISNIを組織の識別子としてどのように用いることが可能か、名称変更、通称、組織階層、組織構造、合併買収、研究グループ、組織グループなどについて、実例とともに示されており、ISNI及び、ISNIのデータベースにおける提言がまとめられています。

なお、英国Jiscと研究情報の標準化・共有を目指す国際非営利団体CASRAIによる組織識別子に関するプロジェクト“Jisc CASRAI-UK Pilot”によるユースケースが扱われています。

Addressing the Challenges with Organizational Identifiers and ISNI
http://www.oclc.org/content/dam/research/publications/2016/oclcresearch-organizational-identifiers-and-isni-2016.pdf

Addressing the Challenges with Organizational Identifiers and ISNI(OCLC Research)
http://www.oclc.org/research/publications/2016/oclcresearch-organizational-identifiers-and-isni-2016.html

News(OCLC Research ※2016/5/3付で“Addressing the Challenges with Organizational Identifiers and ISNI”とあります。)
http://www.oclc.org/research/news.html

関連:
Jisc CASRAI-UK Pilot
https://jisccasraipilot.jiscinvolve.org/wp/working-groups/org-id/

参考:
E1773 - 識別子の架け橋:国際標準名称識別子ISNI
カレントアウェアネス-E No.299 2016.03.03
http://current.ndl.go.jp/e1773