パーキンソン病研究においてAltmetric Attention Scoreが高い論文に関する研究(文献紹介)

2017年2月7日発行のJournal of Parkinson’s Desiseas誌第7巻1号に、パーキンソン病研究領域において高いAltmetric Attention Scoreを有する論文の傾向を分析した論文”Top Altmetric Scores in the Parkinson’s Disease Literature”が掲載されています。著者はパーキンソン病研究者のRui Araújo氏、Bastiaan R. Bloem氏と、ÜberResearchのAaron A. Sorensen氏、AltmetricのStacy Konkiel氏です。ÜberResearch、AltmetricはいずれもDigital Science社のグループです。

Digital Science社のプレスリリースによれば、同論文は新たな医学上の発見が、研究者、助成機関、医療従事者、患者等のその病気に関する利害関係者に与える影響について、より緻密な理解を得る目的で、Altmetricのデータを用いた一連の研究の第一弾にあたるとのことです。

Araújo, Rui et al. Top Altmetric Scores in the Parkinson’s Disease Literature. Journal of Parkinson's Disease. 2017, vol.7, no.1, pp.81-87. Doi: 10.3233/JPD-179000.
http://content.iospress.com/articles/journal-of-parkinsons-disease/jpd179000

Parkinson’s Disease Research Papers with the Highest Altmetric Attention Scores(Digital Science News Blog、2017/2/13付け)
https://www.digital-science.com/blog/news/parkinsons-disease-research-papers-highest-altmetric-attention-scores/

参考:
Altmetric社、Altmetricスコアの名称を“Altmetric Attention Score”と改称
Posted 2016年7月4日
http://current.ndl.go.jp/node/31995

Altmetricスコアの“2016年トップ100”論文発表
Posted 2016年12月14日
http://current.ndl.go.jp/node/33107

E1774 - 研究成果の計量的指標に関するガイド<文献紹介> カレントアウェアネス-E No.299 2016.03.03
http://current.ndl.go.jp/e1774

E1745 - 研究評価における評価指標の役割:HEFCEの報告書より カレントアウェアネス-E No.294 2015.12.10
http://current.ndl.go.jp/e1745