LOCKSSに分散型の電子情報保存機能を組み込むプロジェクトが進行中

2017年9月7日、スタンフォード大学図書館は、LOCKSSに分散型の電子情報保存機能を組み込むプロジェクトが進行中であることを発表しました。

これは、アンドリュー・W・メロン財団の支援を受けて実施されているもので、LOCKSSのソフトウェアの機能をウェブサービスとすることで、LOCKSSプログラムの参加館以外のシステムに組み込むことが可能になります。

Stanford University LOCKSS Program to Mainstream Distributed Digital Preservation through New Project(Stanford Libraries, 2017/9/7)
https://library.stanford.edu/node/130509

Lots Of Copies Keep Stuff Safe
https://www.lockss.org/

参考:
電子ジャーナルアーカイビングの“LOCKSS”プログラム、動的でインタラクティブな学術情報の長期保存に向けた研究開発を実施へ
Posted 2012年4月23日
http://current.ndl.go.jp/node/20690

CA1597 - 動向レビュー:電子ジャーナルのアーカイビング−海外の代表的事例から購読契約に与える影響まで− / 後藤敏行
カレントアウェアネス No.288 2006年6月20日
http://current.ndl.go.jp/ca1597