名古屋大学、『人事興信録』データベースを公開

2018年8月3日、名古屋大学大学院法学研究科の「日本研究のための歴史情報プロジェクト」が、人物情報を収録する『人事興信録』の第4版(1915年)の全文を検索できるデータベースを公開しました。

同プロジェクトは、4年前から『人事興信録』の第1版(1903年)、第4版(1915年)、第8版(1928年)、第10版(1934年)、第14版(1943年)、第15版(1946年)のデータベース化に取り組んできました。

同データベースは、全項目一括検索機能や、職業、生年月日、住所、親族といった個別項目による検索機能のほか、原画像を確認する機能も備えています。

News過去の一覧(日本研究のための歴史情報)
http://jahis.law.nagoya-u.ac.jp/news
※「2018.8.3」欄に、「『人事興信録』(第四版)データベースの公開にあたり、名古屋大学からプレスリリースを行いました。」とあります。

研究教育成果情報(名古屋大学)
http://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/public-relations/researchinfo/index.html
※「プレスリリース」の「2018/08/06」欄に、「大正4年版『人事興信録』(人事興信所刊)データベースを公開」とあります。

大正4年版『人事興信録』(人事興信所刊)データベースを公開[PDF:5ページ]
http://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/public-relations/researchinfo/upload_...

『人事興信録』データベース
http://jahis.law.nagoya-u.ac.jp/who/search/who4