米・ジョンズホプキンス大学、ハーバード大学やマサチューセッツ工科大学(MIT)と連携し、助成機関と所属機関のOAポリシーに則った研究成果公開を支援するアプリケーションを開発

2018年11月13日、米国のジョンズホプキンス大学Sheridan図書館は、米・ハーバード大学のOffice for Scholarly Communicationや米・マサチューセッツ工科大学(MIT)図書館と連携し、研究者が助成機関と所属機関の双方のオープンアクセス(OA)ポリシーに準じているかを同時に確認できるウェブアプリケーションPublic Access Submission System(PASS)の開発を行うことを発表しました。

2018年7月、PASSはジョンズホプキンス大学のOAポリシー策定の一環として始まりました。同学のブログでは研究者は助成機関と所属機関内のOAポリシーに従った研究成果公開を、個別に行っている現況を指摘し、PASSを用いるとPubMedCentralと機関リポジトリに論文を同時に登録することが可能であると述べています。PASSは自動的にDOIに基づいてメタデータフィールドを完成させ、助成金の情報を論文に添付し、自由記述欄への入力の支援等を行うとしています。

PASSはオープンソースでGitHubに公開されています。2019年春には試行プログラムを実施する予定で、ハーバード大学は保健科学分野で、MITは生命科学分野でテストを行う予定です。

HOPKINS PARTNERS WITH HARVARD AND MIT TO LAUNCH PUBLIC ACCESS SUBMISSION SYSTEM (PASS) AND SUPPORT OPEN ACCESS(THE SHERIDAN LIBRARIES BLOG,2018/11/13)
http://blogs.library.jhu.edu/2018/11/hopkins-partners-with-harvard-and-m...

Spotlight: MIT Libraries collaborate on new Public Access Submission System(MIT Libraries,2018/11/16)
https://libraries.mit.edu/scholarly/2018/spotlight-mit-libraries-collabo...

OA-PASS(GitHub)
https://github.com/OA-PASS