千葉大学附属図書館、千葉大学学術成果リポジトリで公開している「萩庭植物標本画像データ」約5万点にDOIを付与

2019年1月29日、千葉大学附属図書館が、千葉大学学術成果リポジトリCURATORで公開している「萩庭植物標本画像データ」51,819点にDOIを付与したことを発表しています。

国立科学博物館の「標本・資料統合データベース」からのDOIを介してリンクの準備や、IIIFに準拠した画像の「千葉大学学術リソースコレクション c-arc」からの公開予定についても発表されています。

萩庭植物標本画像データ約5万点にDOIを付与しました(千葉大学附属図書館,2019/1/29)
https://www.ll.chiba-u.jp/topics/2018/topics_20190122_curator.html

CURATOR
http://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/
※「萩庭植物標本画像データベースの標本写真51,819点へDOIを付与しました(2019.1.17)」とあります。

標本・資料統合データベース(国立科学博物館)
http://db.kahaku.go.jp/webmuseum/

千葉大学学術リソースコレクション c-arc
https://iiif.ll.chiba-u.jp/main/

参考:
千葉大学学術成果リポジトリ“CURATOR”、5万点の標本画像を含む「萩庭標本データベース」を登録
Posted 2012年3月27日
http://current.ndl.go.jp/node/20471

E2082 - 千葉大学学術リソースコレクションc-arcの公開
カレントアウェアネス-E No.359 2018.12.06
http://current.ndl.go.jp/e2082