米国学校図書館員協会(AASL)、学校図書館基準の効果を評価するためのオンライン調査を開始

2019年4月23日、米国図書館協会(ALA)の米国学校図書館員協会(AASL)が、2017年にAASLが発表した『学習者、学校図書館員、学校図書館のための全国学校図書館基準』(National School Library Standards for Learners, School Librarians and School Libraries)について、学校図書館の職員や関係者の知見を集めるための2種のオンライン調査を開始しています。

これらの調査は、同基準及び関連する実践ツールの効果を評価するために行われるものです。1つ目の調査は、学校図書館員のほか公共・大学図書館員等の学校図書館に関係する専門職にある人、2つ目の調査は、教員や校長、教育委員会の委員等の関係者が対象とされています。両調査とも、2019年5月8日までの予定で行われています。

AASL continues community involvement in National Standards implementation(ALA, 2019/4/23)
http://www.ala.org/news/press-releases/2019/04/aasl-standards-survey

Your Voice, Your Standards(AASL)
https://standards.aasl.org/research/

参考:
E2006 - 米国学校図書館員協会による新学校図書館基準<文献紹介>
カレントアウェアネス-E No.343 2018.03.08
http://current.ndl.go.jp/e2006