東京大学総合図書館、「閲覧席の快適性改善および有効活用のための試行」の結果を公開

2019年9月27日、東京大学総合図書館は、「閲覧席の快適性改善および有効活用のための試行」の結果を公開するとともに、試行結果を反映することを発表しました。

「閲覧席の快適性改善および有効活用のための試行」は、2019年5月24日から8月21日にかけて実施され、快適性の改善を図りつつ多くの利用者が閲覧席を利用できるように、閲覧席の配置変更等が行われました。

公開された試行結果には、試行期間中の使用席数定点調査、設置されたコミュニケーションボードに寄せられた意見、利用者18名へのインタビューが掲載されています。

閲覧席の快適性改善および有効活用のための試行結果の反映について(東京大学附属図書館, 2019/9/27)
https://www.lib.u-tokyo.ac.jp/ja/library/general/news/20190926

閲覧席有効活用の試行結果(データ) [PDF:2ページ]
https://www.lib.u-tokyo.ac.jp/sites/default/files/2019-09/20190926_%E3%80%90%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B%E3%80%91%E9%96%B2%E8%A6%A7%E5%B8%AD%E6%9C%89%E5%8A%B9%E6%B4%BB%E7%94%A8%E3%81%AE%E8%A9%A6%E8%A1%8C%E7%B5%90%E6%9E%9C%EF%BC%88%E3%83%87%E3...

関連:
閲覧席の快適性改善および有効活用のための試行について(東京大学附属図書館, 2019/5/23)
https://www.lib.u-tokyo.ac.jp/ja/library/general/news/20190523
※東京大学総合図書館による試行開始時のお知らせです。

参考:
E1853 - 学生が求める図書館空間に関する調査(米国)<文献紹介>
カレントアウェアネス-E No.313 2016.10.20
https://current.ndl.go.jp/e1853