Gale社傘下のThorndike Press、米国の学校における大活字本が読書能力と成績に与えた影響調査に関するホワイトペーパーを公開

2019年9月12日、Gale社傘下のThorndike Pressは教育関係の非営利団体Project Tomorrowと提携して実施した、米国の学校における大活字本が読書能力と成績に与えた影響調査をまとめたホワイトペーパーを公開したことを発表しました。

同調査は大活字本の読書が児童生徒の読書能力と成績にどのような影響を及ぼすかを調査することを目的としたものです。2018年度から2019年度に米国の15の小学校・中学校・高等学校において、3年生から12年生の児童・生徒約1,700人と56人の教師、及び図書館員を対象に実施されています。

ホワイトペーパーでは次のようなことが主要な知見として示されています。

・56%の児童・生徒が大活字本を読めればもっと読書が楽しくなると回答するなど、大活字本は児童・生徒の読書意欲を向上させた
・高校生の48%が大活字本の読書を経験した後、学校の外でもより多く読書するようになったと回答するなど、大活字本は読書に対する自信を深め読書習慣をよりよく改善する影響を及ぼした
・中学生の43%が大活字本を読む時には読書に対する不安感が軽減されたことが報告されるなど、大活字本は読書に対する不安やストレスを軽減する影響を及ぼした
・教員の5人に4人が大活字本は読書能力に自信のない児童・生徒に有益であると回答するなど、教員は大活字本が読書能力の向上に寄与すると考えている
・テキサス州都市部の中学校で、大活字本の読書を経験した生徒がリーディング能力を表すレクサイル指数(Lexile Measure)の成績を飛躍的に向上させるなど、大活字本は生徒の読解に関する成績に有益な影響を及ぼした
・教師の95%が来学期に大活字本を使用するつもりであると回答するなど、教師は大活字本を継続して使用し児童・生徒の両親や同僚にも薦めようとしている

ホワイトペーパーはGale社のウェブサイトでメールアドレス等を登録すれば、無料でダウンロードすることができます。

@ThorndikePress(Twitter,2019/9/12)
https://twitter.com/ThorndikePress/status/1172184564166471687

New Study Finds Large Print Books Improve Student Reading Confidence and Comprehension Skills(PR newswire,2019/9/12)
https://www.prnewswire.com/news-releases/new-study-finds-large-print-books-improve-student-reading-confidence-and-comprehension-skills-300916501.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=got181185031

WHITE PAPER: Advancing Literacy With Large Print(Gale)
https://www.gale.com/thorndike-striving-reader/project-tomorrow-study

参考:
E2147 - 米国における子どもと家庭の読書の実態に関する全国調査
カレントアウェアネス-E No.371 2019.06.27
https://current.ndl.go.jp/e2147

CA1765 - 動向レビュー:欧州の図書館におけるディスレクシアの人々を対象にしたサービス / 野村美佐子
カレントアウェアネス No.311 2012年3月20日
https://current.ndl.go.jp/ca1765