コールド・スプリング・ハーバー研究所、bioRxivに投稿されたプレプリントに並べて査読内容を掲載する試行プロジェクト“Transparent Review in Preprints(TRiP)”を開始

2019年9月30日、生命医学分野のプレプリントサーバbioRxivを運営するコールド・スプリング・ハーバー研究所(CSHL)は、投稿されたプレプリントに並べて査読内容を掲載する試行プロジェクトとして、“Transparent Review in Preprints(TRiP)”を開始することを発表しました。

プロジェクトにはウェブアノテーションツールHypothesisが利用され、プロジェクト参加組織は、事前のオプトインにより参加意思を示した著者について、bioRxiv上の関連するプレプリントへピアレビューを投稿することができます。

多くのジャーナルでウェブサイトにピアレビューを表示させることが行われていますが、通常はレビュー対象となったバージョンではなく最終的に出版されたバージョンとともに表示されます。TRiPでは投稿バージョン・レビュー対象となったバージョンとともに表示可能であることが特徴です。

オープンアクセス誌eLife、欧州分子生物学機構(EMBO)、査読サービスPeerage of Science、EMBOとASAPbioプロジェクトにより2019年後半立ち上げ予定の査読サービスReview Commonsがプロジェクトの最初の参加組織となります。また、米国植物生物学会やPLOS等の他団体も参加予定です。

Transparent review in preprints(CSHL,2019/9/30)
https://www.cshl.edu/transparent-review-in-preprints/

参考:
学術雑誌のオープン・ピア・レビュー、共同査読、プレプリント公開に関する方針を確認できるデータベース”Transpose”公開
Posted 2019年6月25日
https://current.ndl.go.jp/node/38446

CA1829 - 査読をめぐる新たな問題 / 佐藤翔
カレントアウェアネス No.321 2014年9月20日
https://current.ndl.go.jp/ca1829

CA1961 - 動向レビュー:岐路に立つ査読と、その変化に踏み込むPublons / 松野 渉
カレントアウェアネス No.341 2019年9月20日
https://current.ndl.go.jp/ca1961