公益財団法人九州経済調査協会が運営する会員制図書館BIZCOLI、「九州地域経済分析プラットフォーム(DATASALAD)」のβ版をリリース

2019年11月1日、公益財団法人九州経済調査協会が運営する会員制図書館BIZCOLIが、「九州地域経済分析プラットフォーム(DATASALAD:データサラダ)」のβ版(試作版)のリリースを発表しました。

BIZCOLIでレファレンスが多い「地域経済に関する多種多様なデータ」をインターネット経由で利用できるようにしたもので、九州地域(九州・沖縄・山口)をはじめとした日本全国の「最新」の地域経済情勢や地域ポテンシャルを多様な切り口で「見える化」し、地域マーケティングのみならず、スピード感を持った効果的な経営判断・投資判断や、有効な地域政策・産業政策の立案と実行に繋げ、地域経済の活性化に寄与することを目指し、九州経済調査協会創立70周年記念事業として開発されたものです。

BIZCOLIの会員は、ウェブブラウザから「WEB会員登録」することで無料で利用できますが、会員以外でも、β版の公開期間である2020年3月までは、「無料Web会員登録」から登録して利用することができます。

DATASALAD(データサラダ:九州地域経済分析プラットフォーム)β版のサービスを開始します。(BIZCOLI,2019/11/1)
http://www.bizcoli.jp/calendar/20191101/

九州地域経済分析プラットフォーム(DATASALAD:データサラダ)
https://datasalad.jp/

参考:
九州における知の集積・交流・創造拠点を目指す会員制ライブラリー「ビズ・コミュニケーション・ライブラリー」(BIZCOLI)がオープン
Posted 2012年4月4日
https://current.ndl.go.jp/node/20547

地域に関するビッグデータを提供する、地域経済分析システム“RESAS”の提供開始
Posted 2015年4月21日
https://current.ndl.go.jp/node/28357

CA1950 - 研究文献レビュー:公共図書館のビジネス支援サービス / 滑川貴之
カレントアウェアネス No.339 2019年3月20日
https://current.ndl.go.jp/ca1950