長野県の北アルプス地域5市町村(大町市・池田町・松川村・白馬村・小谷村)の図書館で、新聞記事データベース「聞蔵IIビジュアル」の共同利用が開始:県立長野図書館が支援

2020年3月31日、長野県が、4月1日から、北アルプス地域5市町村(大町市・池田町・松川村・白馬村・小谷村)の図書館で、新聞記事データベース「聞蔵IIビジュアル」の共同利用を開始すると発表しています。

県立長野図書館が事業者との交渉や市町村図書館間の意思調整等で支援し、小規模図書館では価格的に契約が難しい商用データベースを広域単位で共同契約することにより、導入を可能にしたものです。事業費の一部に「市町村の広域連携推進事業交付金」(県事業)を活用予定としています。

対象館は、市立大町図書館、池田町図書館、松川村図書館、白馬村図書館、小谷村図書館です。

北アルプス地域の市町村図書館で新聞記事データベースの共同利用が始まります(長野県, 2020/3/31)
https://www.pref.nagano.lg.jp/kyoiku/bunsho/happyou/020331datapress.html

参考:
E2050 - 鳥取県内の公共図書館でのデータベース共同利用が始まる
カレントアウェアネス-E No.352 2018.08.09
https://current.ndl.go.jp/e2050

E2199 - 都道府県立図書館サミット2019<報告>
カレントアウェアネス-E No.380 2019.11.21
https://current.ndl.go.jp/e2199

E1828 - 都道府県立図書館サミット2016<報告>
カレントアウェアネス-E No.309 2016.08.18
https://current.ndl.go.jp/e1828

CA1871 - 研究文献レビュー:都道府県立図書館論 / 田村俊作
カレントアウェアネス No.327 2016年3月20日
https://current.ndl.go.jp/ca1871