【イベント】2020年度アート・ドキュメンテーション学会年次大会(6/27-28・オンライン)

2020年6月27日・28日、アート・ドキュメンテーション学会(JADS)の主催により、2020年度アート・ドキュメンテーション学会年次大会がオンライン開催で行われます。

2日目の会員限定の学会総会を除いて、会員・非会員を問わず誰でも参加可能です。参加費・資料代は会員・非会員ともに無料です。また紙媒体の予稿集は発行されません。参加には事前の申し込みが必要で、定員は200人です。定員に達した場合は会員が優先となります。

1日目は、「芸術文化資源デジタル・アーカイブの国際的共同利用―オンライン環境での知的生産システムとそのツール―」をテーマとしたシンポジウム等が開催されます。シンポジウムの内容は以下の通りです。

・開会挨拶 細井浩一氏(立命館大学アート・リサーチセンター・センター長)

・シンポジウム趣旨説明 赤間亮氏(アート・ドキュメンテーション学会・会長)

・講演1
 丸川雄三氏(国立民族学博物館)

・講演2
 内田剛史氏(早稲田システム開発株式会社)
 
・講演3
 津田光弘氏(立命館大学アート・リサーチセンター)

・パネル討議・参加者全体討議 

2日目は公募研究会等が実施されます。内容は以下の通りです。

・発表1 「海外で浮世絵デジタル化の際に直面する挑戦と展望」(仮) 
 グッド長橋広行氏(ピッツバーグ大学図書館)

・発表2 「犬丸秀雄と文化財保護」
 筒井弥生氏(一橋大学大学院言語社会研究科 非常勤講師)

・発表3 「アウトリーチを視野に入れた展示空間のアーカイブ試論」
 鬼頭孝佳氏(名古屋大学文学研究科博士後期課程)
 西田喜一氏(名古屋大学教育発達科学研究科博士後期課程)
 渡地宏文氏(MLA研究所会員)

・発表4 「写真メディアを軸とした沖縄祭祀アーカイブズ――写真家・比嘉康雄資料の目録記述と権利処理」
 高科真紀氏(学習院大学大学院)
 阿久津美紀氏(目白大学)

・発表5 「文化財デジタルアーカイブズの持続可能な発信環境の研究――文化遺産オンライン試験公開版におけるウェブサイト分身の術」
 丸川雄三氏(国立民族学博物館 人類基礎理論研究部)

2020年度アート・ドキュメンテーション学会年次大会 オンライン開催のお知らせ(JADS)
http://www.jads.org/news/2020/20200627-28.html

2020年度アート・ドキュメンテーション学会年次大会 オンライン開催のお知らせ(JADS公式ブログ)
https://jads.hatenablog.com/entry/20200627

参考:
【イベント】2019年度アート・ドキュメンテーション学会年次大会(6/8-9・大津)
Posted 2019年4月25日
https://current.ndl.go.jp/node/38090

【イベント】2018年度アート・ドキュメンテーション学会年次大会/関連企画:国際シンポジウム「アート・歴史分野における国際的な標準語彙(ボキャブラリ)の活用 -- Getty Vocabulary Programの活動と日本」(佐倉・6/16-17)
Posted 2018年4月16日
https://current.ndl.go.jp/node/35846

E2046 - アート・歴史分野における国際的な標準語彙の活用<報告>
カレントアウェアネス-E No.351 2018.07.26
https://current.ndl.go.jp/e2046