米・電子図書館連合(DLF)によるメタデータの品質に関するアンケート調査の結果を報告したホワイトペーパーが公開される

米・ノーステキサス大学(UNT)の機関リポジトリ“UNT Digital Library”に2020年5月5日付で、ホワイトペーパー“Survey of Benchmarks in Metadata Quality: Initial Findings”が公開されています。

同ホワイトペーパーは、米・電子図書館連合(DLF)において、電子図書館の標準・ツール・実践等の課題に取り組むAssessment Interest Group(DLF AIG)とDLF AIGの下に設置されたメタデータ・ワーキンググループの実施した、メタデータの品質に関するアンケート調査の結果を報告するものです。調査はメタデータの品質を評価するための一般的なガイドライン策定の方法を検討することを目的としています。図書館等の文化遺産機関で実装されているメタデータの要件・これらの機関でメタデータの品質評価に用いられる方法と基準・メタデータの品質に関する知識や実践における課題等について、2019年5月から7月にかけて関係機関コミュニティに配布する形でアンケート調査が行われています。

公開されたホワイトペーパーでは、アンケート調査の回答結果の概要や簡易な分析、回答傾向の解釈等が示されています。

Survey of Benchmarks in Metadata Quality: Initial Findings(UNT Digital Library,2020/5/5)
https://digital.library.unt.edu/ark:/67531/metadc1637685/

Survey of Benchmarks in Metadata Quality: Initial Findings [PDF:39ページ](UNT Digital Library)
https://digital.library.unt.edu/ark:/67531/metadc1637685/m2/1/high_res_d/benchmarks-whitepaper_final-draft-2.pdf

参考:
DLF、メタデータ管理ツールの改善点に関するレポートを刊行
Posted 2009年2月3日
https://current.ndl.go.jp/node/11720

E1688 - Europeanaによるメタデータの品質に関する報告書
カレントアウェアネス-E No.284 2015.07.09
https://current.ndl.go.jp/e1688