株式会社紀伊國屋書店、ProQuest社の電子書籍プラットフォームEbook Centralを通じて出版大手ペンギン・ランダムハウス社の電子書籍を国内の大学図書館向けに販売開始

2020年6月17日、株式会社紀伊國屋書店は、出版大手ペンギン・ランダムハウス社の洋書電子書籍6万点以上について、国内の大学図書館向けに販売を開始することを発表しました。

ペンギン・ランダムハウス社の電子書籍販売は、紀伊國屋書店が2017年4月から販売代理店となっているProQuest社の電子書籍プラットフォームEbook Centralを通じて行われます。未購入タイトルの5分間の試し読みや図書館へ購入リクエストが可能なMediated DDAサービスの対象にもなっています。

紀伊國屋書店は、ペンギン・ランダムハウス社が提供する電子書籍には、“Penguin Classics”等の著名なコレクションや一般読者向けのフィクション・ノンフィクション、日本人作家の著作の英訳タイトル等が含まれており、学生の語学学習教材としての利活用が見込まれる、としています。

紀伊國屋書店、米プロクエスト社の電子書籍プラットフォームを通じて ペンギン・ランダムハウスの電子書籍を大学図書館向けに販売開始(紀伊國屋書店,2020/6/17)
https://www.kinokuniya.co.jp/c/company/pressrelease/20200617155739.html

参考:
CA1777 - 動向レビュー:利用者要求にもとづくコレクション構築:大学図書館における電子書籍を対象としたPDAを中心に / 小山憲司
カレントアウェアネス No.313 2012年9月20日
https://current.ndl.go.jp/ca1777

E1310 - 大学図書館に広がる電子書籍のPatron-Driven Acquisitions
カレントアウェアネス-E No.218 2012.07.12
https://current.ndl.go.jp/e1310

紀伊國屋書店、独・De Gruyter社が取り扱う電子書籍の日本販売総代理店となる:日本の書店が海外の大手学術出版社の電子書籍総代理店となるのは初めて
Posted 2019年10月28日
https://current.ndl.go.jp/node/39364