広島県立図書館、資料展示「水害や土砂災害に備えよう!」を開催中

広島県立図書館が、2020年6月2日から7月12日まで、資料展示「水害や土砂災害に備えよう!~水防月間と土砂災害防止月間~」を開催中です。

同館の展示は5月の水防月間、6月の土砂災害防止月間に合わせて、広島県道路河川管理課・河川課・砂防課と連携した取り組みとして開催されています。水防や土砂災害防止に対する理解を深め、災害への備えに役立てることを目的として、水防活動や土砂災害への対策などを紹介するパネル掲示やパンフレットの配布、関連する図書館資料の展示・貸出などが実施されています。

広島県では、2014年の大規模な土砂災害・2016年の同県福山市を中心とした広範囲の浸水被害・2018年の平成30年7月豪雨など、近年、水害や土砂災害により大きな被害が発生しています。

資料展示「水害や土砂災害に備えよう!」(広島県立図書館)
http://www2.hplibra.pref.hiroshima.jp/?page_id=3223

参考:
広島県、地域の砂防情報アーカイブに「平成26年8月豪雨災害」に関する資料を追加
Posted 2016年5月31日
https://current.ndl.go.jp/node/31693

広島市立図書館、災害対応に役立つ情報のリンク集「平成30年7月豪雨災害情報」をウェブサイトで公開
Posted 2018年7月18日
https://current.ndl.go.jp/node/36344

E2056 - 平成30年7月豪雨による図書館等への影響
カレントアウェアネス-E No.354 2018.09.13
https://current.ndl.go.jp/e2056